サンティアゴ (チリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンティアゴ・デ・チレ
Santiago de Chile
チリの旗
Santiago de chile collage.png
サンティアゴ・デ・チレの市旗 サンティアゴ・デ・チレの市章
市旗 市章
位置
の位置図
位置
サンティアゴの位置(チリ内)
サンティアゴ
サンティアゴ
サンティアゴ (チリ)
サンティアゴの位置(南アメリカ内)
サンティアゴ
サンティアゴ
サンティアゴ (南アメリカ)
サンティアゴの位置(アメリカ州内)
サンティアゴ
サンティアゴ
サンティアゴ (アメリカ州)
座標 : 南緯33度27分0秒 西経70度40分0秒 / 南緯33.45000度 西経70.66667度 / -33.45000; -70.66667
歴史
建設 1541年2月12日
行政
 チリ
  首都州(チリ)の旗 首都州
 県 サンティアゴ県
 市 サンティアゴ・デ・チレ
市長 クラウディオ・オレーゴ
地理
面積  
  市域 641 km2
標高 520 m
人口
人口 (2015年現在)
  市域 615万8080人
    人口密度   8470人/km2
  市街地 510万人
  都市圏 720万人
その他
等時帯 CLT (UTC-3)
夏時間 なし
公式ウェブサイト : www.municipalidaddesantiago.cl/

サンティアゴ・デ・チレSantiago de Chile)、は、チリ首都。中央部の盆地に位置する。一般には単にサンティアゴと呼称する。首都機能を有するが、国会はバルパライソにある。同国最大の都市であると同時に南アメリカ有数の世界都市でもある。

歴史[編集]

植民地時代[編集]

『サンティアゴの建設』 («La fundación de Santiago») 、ペドロ・デ・バルディビアにより、1541年2月12日に市が建設された様子を描いている。ペドロ・リラ画(1858年)
メトロポリタン大聖堂は、植民地時代の建築の中で最も代表的な建物の一つ。
セロサンクリストバルで聖母マリアの像は、街の主要なシンボルの一つである。

サンティアゴは、1541年2月12日にスペイン人征服者ペドロ・デ・バルディビアによりサンティアゴ・デ・ヌエバ・エクストレマドゥーラ (Santiago de Nueva Extremadura) 市として建設された。起工式はウエレン・イル (Huelén Hill) (現サンタ・ルシア・イルスペイン語版で行われた。バルディビアがこの場所に都市を建設した理由は、穏やかな気候と市中央部を横断するマポチョ川がマプーチェ族からの防衛線になるためであったといわれる。

最初の建築物は、チリ中部に居住していたインディオ部族の一つピクンチェ族の人々の協力で作られた。

マポチョ川の南部にある湿地は水が抜かれ、アラメダ (Alameda)(現アベニーダ・アラメダ・リベルタドール・ベルナルド・オイヒンススペイン語版という遊歩道に変えられた。

独立後[編集]

1810年から1818年のチリ独立戦争の結果、1818年ベルナルド・オイギンスホセ・デ・サン・マルティンらの活躍によりチリが解放されると、市南西部であったマイプーの戦いで若干の被害を受けたものの、サンティアゴは正式にチリ共和国の首都に指名された。

太平洋戦争に勝利すると、1880年代はペルー、ボリビアから併合したチリ北部で硝石が産出され、国が繁栄したことにより、首都サンティアゴも発展した。1930年代には、サンティアゴの近代化が始まり、チリ各地から人々が集まり、人口も増加した。1973年9月に起きたクーデターは映画「サンチャゴに雨が降る」 (1975年) でアジェンデ大統領誕生からの顛末が描かれる。1985年に地震が発生し、中心部の歴史的建造物が破壊された。1990年には、国会議事堂が約120km離れたバルパライソに移転している。

2019年10月18日地下鉄料金値上げに抗議する学生らのデモが暴動に発展(チリ暴動 (2019年-2020年))。機動隊らが多数のデモ参加者を拘束したほか、地下鉄施設やスーパーマーケットなどが火炎瓶などで放火され死傷者が発生した[1]

2020年5月、2019新型コロナウイルスの感染が拡大。国内における1日当たりの新規感染者数は2600人を超え、8割近くが首都圏に集中したことから、5月15日、政府はサンティアゴにロックダウンを行い外出を禁止する一方、約2000人分の墓地の設置を進めた[2]

行政区分[編集]

サンティアゴは、以下の32区(首都州と一致[要検証])で構成される。各区には4年おきの選挙で選ばれる区長スペイン語: alcalde)がいる。

気候[編集]

サンティアゴは地中海性気候で、10月から3月)は比較的暖かく乾燥し、最高気温が35度まで上がる日もある。6月から8月)は湿度が高く、普段は最高気温は15度くらいだが、低い日は0度近くまで下がる。年間降水量は約360mm。

降水は冬季に集中し、サンティアゴ市内でも雪が降ることもあり、周辺の山々は豊富な積雪量を誇る南半球最大のスキーリゾートとなっている。

盆地に位置するためスモッグ大気汚染がひどく、冬の数ヶ月間はサンティアゴに溜まることがある。政府は大気汚染を減らすために、重工業工場を盆地から出ていくよう誘導したが、失敗に終わった。

サンティアゴ (1971–2000年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 36
(97)
37
(99)
34
(93)
31
(88)
31
(88)
27
(81)
27
(81)
29
(84)
31
(88)
33
(91)
36
(97)
37
(99)
37
(99)
平均最高気温 °C (°F) 29.7
(85.5)
29.1
(84.4)
26.9
(80.4)
23.3
(73.9)
18.7
(65.7)
15.2
(59.4)
14.9
(58.8)
16.7
(62.1)
19.0
(66.2)
22.3
(72.1)
25.4
(77.7)
28.4
(83.1)
22.47
(72.44)
平均最低気温 °C (°F) 13.0
(55.4)
12.4
(54.3)
10.7
(51.3)
8.0
(46.4)
6.3
(43.3)
4.3
(39.7)
3.9
(39)
4.8
(40.6)
6.1
(43)
8.2
(46.8)
10.1
(50.2)
12.0
(53.6)
8.32
(46.97)
最低気温記録 °C (°F) 6
(43)
6
(43)
3
(37)
1
(34)
−3
(27)
−5
(23)
−7
(19)
−6
(21)
−2
(28)
−1
(30)
2
(36)
2
(36)
−7
(19)
降水量 mm (inch) 0.4
(0.016)
0.8
(0.031)
3.2
(0.126)
10.4
(0.409)
42.2
(1.661)
70.4
(2.772)
86.6
(3.409)
51.8
(2.039)
22.0
(0.866)
13.4
(0.528)
9.2
(0.362)
2.1
(0.083)
312.5
(12.302)
平均降雨日数 1 1 2 2 6 7 8 6 4 2 2 1 42
湿度 54 59 63 68 75 79 76 75 72 67 58 53 66.6
平均月間日照時間 322.4 279.7 263.5 186.0 117.8 90.0 108.5 139.5 159.0 207.7 267.0 322.4 2,463.5
出典 1: World Meteorological Organization[3]
出典 2: BBC Weather[4] for record highs, lows and humidity

交通[編集]

サンティアゴの地下鉄

空港[編集]

サンティアゴの表玄関となる空港アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港で、南米では設備の整った空港である。

鉄道[編集]

サンティアゴの鉄道は、中央(アラメダ)駅 (Estación Central)をターミナルに、チリ国鉄によって近郊電車と中長距離列車が走っている。かつてはチリ北部の各地やアンデス山脈を越えたアルゼンチンのメンドーサへ向かう長距離列車(途中での乗り換えを含む)や中部バルパライソやロスアンデスへ向かう中距離電車も発着していたが、現在は中南部や南部への列車や近郊電車が中心となっている。

サンティアゴ中央駅に停車する近郊電車のメトロトレン
  • メリトレン - 近郊電車。建設中。メリピージャまで運行予定。
  • テラスール - 中・南部各都市へ向かう中・長距離電車(多客機にはテムコ行きで使用の客車も使用)。チリ中部のタルカを経由し約400km南のチジャンを結ぶ。車両は長らく"Salon"と呼ばれた日本製のAEZが使用されていたが、現在はスペインの元国有鉄道レンフェから購入した電車をリニューアルしたUTS-444を使用している。最高時速は150km/h。
チリ国鉄・サンティアゴとタルカ・チジャンを結ぶテラスールの電車"UTS-444"


地下鉄[編集]

サンティアゴには、フランスの協力で建設された5路線の地下鉄(メトロ)があり、数年以内に新たに2路線の開通が予定されている。比較的安全な交通機関として信頼されている。

トラム[編集]

トラム路線のラス・コデス・トラムが建設中である。

タクシー[編集]

サンティアゴのタクシーは、通りで拾って乗ることができ、普通は黒いボディーに黄色い屋根をしている。他にコレクティーボ (Colectivos) と呼ばれる乗り合いタクシーがあり、固定料金で決められた道を走る。

高速道路[編集]

サンティアゴ市内と空港を結ぶ大規模な有料高速道路が2005年に開通した。

文化[編集]

遺産やモニュメント[編集]

サンティアゴの首都圏には、歴史的・考古学的建造物やなどが多数位置している。エルプローモ (El Plomo)、教会、サンフランシスコの修道院、ラ·モネダ宮殿のインカの聖域、サンティグイノモニュメントはユネスコ世界遺産候補として提案されている。

スポーツ[編集]

市内から30~50km程度の場所のアンデス山脈中にバジェ・ネバドパルバファレジュネス等の中南米最大級のスキーリゾートがあり、標高3000m~5000m地点に滑走コースが作られている。これらのスキーリゾートでは国際大会が開かれており、サンティアゴは冬季オリンピックの招致活動の動きもある。

ATPツアーのベルサウス・オープンが1993年から2000年まで、モビスター・オープン2010年から同地で新たに開催されている。

ギャラリー[編集]

景観[編集]

サンティアゴのパノラマ
サンティアゴの夜景

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

脚註[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ チリ、暴動による死者11人に 地下鉄運賃値上げめぐり”. CNN (2019年10月22日). 2019年11月3日閲覧。
  2. ^ 「ピーク越え」一転、チリでコロナ感染急拡大 首都圏を完全封鎖”. AFP (2020年5月15日). 2020年5月14日閲覧。
  3. ^ Weather Information for Santiago”. 2010年2月閲覧。
  4. ^ “BBC Weather – Santiago”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/weather/forecast/110 2011年7月23日閲覧。 

座標: 南緯33度27分0秒 西経70度40分0秒 / 南緯33.45000度 西経70.66667度 / -33.45000; -70.66667 (サンティアゴ)