サンデーお笑い生中継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
サンデーお笑い生中継
MBS Senrioka Broadcasting Center.JPG
番組の生放送が行われていた毎日放送千里丘放送センター
ジャンル 演芸番組
放送時間 日曜 12:00 - 12:45(45分)
放送期間 1978年8月6日 - 1979年3月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
TBS
出演者 斎藤努
横山やすし
タモリ
桂朝丸
テンプレートを表示

サンデーお笑い生中継』(サンデーおわらいなまちゅうけい)は、1978年8月6日から1979年3月25日までTBS系列局で放送されていた演芸番組である。毎日放送 (MBS) とTBSの共同製作。放送時間は毎週日曜 12:00 - 12:45 (日本標準時)。

概要[編集]

東西のお笑い芸人たちが数々の演芸を披露していた番組で、当時梅田にあったうめだ花月劇場浅草にあった浅草松竹演芸場、それに千里丘にあった毎日放送千里丘放送センター第1スタジオの3か所を結んでの生放送を実施していた。

オーソドックスな演芸番組の面を出しつつも、生放送である利点を生かし、演芸のほかにも桂朝丸(現・桂ざこば)が千里丘から系列局各局(主に毎日放送・TBS・北海道放送東北放送中部日本放送中国放送RKB毎日放送)のお天気カメラの生映像を背景に、当時彼がレギュラー出演していた日本テレビテレビ三面記事 ウィークエンダー』での口調で当日の気象情報を伝えるコーナーも実施するなど、斬新な企画を目玉にしていた。

日曜正午の寄席番組としては、番組がスタートした年の6月25日に終了した『大正テレビ寄席』(テレビ朝日)以来1か月のブランクを経ての復活となったが、毎日放送は腸捻転時代に「東京の笑いは関西では受けない」という理由で『テレビ寄席』のネットを打ち切って自社製作の『サモン日曜お笑い劇場』に差し替えた経緯があり(このため、同局は永六輔から絶縁されている)、東西折衷ではあったが、同局にとっては東京の芸人が出演する日曜昼の寄席番組が事実上復活することになった。

司会[編集]

  • 斎藤努(当時毎日放送アナウンサー) - 総合司会を担当。
  • 横山やすし - 大阪方の司会を担当。
  • タモリ - 東京方の司会を担当。
  • 桂朝丸(後の桂ざこば) - 千里丘からの気象情報コーナーを担当。

放送局[編集]

備考[編集]

本番組の終了後、タモリはしばらく毎日放送製作番組への出演が無かったが、1994年4月放送開始の『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』で再出演を果たした。

TBS系列 日曜12:00枠
前番組 番組名 次番組
爆笑!!ナンチャッテ横丁
(1978年4月2日 - 1978年7月30日)
サンデーお笑い生中継
(1978年8月6日 - 1979年3月25日)
婚約診断スイッチON
(1979年4月1日 - 1979年9月30日)