サンデースコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
サンデースコープ
ジャンル 報道番組
放送時間 毎週日曜日 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2010年3月28日 - 2011年3月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 BS-TBSJNN
出演者 杉尾秀哉
岡村仁美
石塚元章
伊東真理 ほか
外部リンク サンデースコープ
テンプレートを表示

サンデースコープは、BS-TBS2010年3月28日から2011年3月27日まで放送されていた生放送の報道番組。開始時の番組名称は「NEWS サンデー・スコープ JNN」

概要[編集]

2010年に開局10周年を迎えたBS-TBSが、民放のBSの放送局として、日本BS放送に次いで2局目の報道部を立ち上げるとともに、4月期改編で新設した番組である。番組の源流は「報道のTBS」の名を不動のものとした「JNNニュースコープ」から。ただ、番組開始当初のサブキャスターだった小島慶子がわずか3ヶ月で降板し(2010年6月をもってTBSを退社)、後任に岡村仁美が就任した。それに伴い番組が若干リニューアルされ、タイトルが「NEWSサンデー・スコープ JNN」から「NEWS」「JNN」そして中点が取れた「サンデースコープ」となった。

番組は「原点回帰」をコンセプトに「次世代にメディアは何を伝えるべきか」を主眼に置いていると言われる。各界の著名人に聞く「忘れられないひと言」(詳細はコーナー参照)は、その主眼を取り込んだ企画と言える。

初回のトップニュースは、中国湖北省の農村で、貧しさから自らの血液を売って現金収入を得、生活している実態を伝えた独自ネタであった。

2010年7月11日は、杉尾がTBSの24時間ニュース専門チャンネル「TBSニュースバード」の第22回参議院選挙開票特番に出演するため、BS-TBSでも本来、この番組を放送している時間帯のみ「ニュースバード」の開票特番がサイマル放送された。

なお、生放送ではあるものの、スポーツに関する話題は一切報じられなかった。

番組内で使用される見出し・項目用テロップは、かつて放送されていた『総力報道!THE NEWS』を彷彿とさせるデザイン・配色となっている。ただし、ストレートニュースでは『JNNニュース』に準拠したテロップがそのまま使われている。

発展的解消へ[編集]

2011年4月2日より番組を21:00開始に移動すると共に、土曜日にも進出。
土曜版は事実上「旧」サンデースコープを移譲したもので、『NEWS21 サタデースコープ』と称して杉尾がメインキャスターを務める。日曜版は経済情報を主体とした『NEWS21 サンデースコープ経済版』にリニューアルし、石塚がメインキャスターを務める。岡村は両番組のサブキャスターとして出演する。

出演者[編集]

メインキャスター
サブキャスター
  • 小島慶子(当時・TBSアナウンサー、2010年3月28日 - 2010年6月27日)
  • 岡村仁美(TBSアナウンサー、2010年7月4日 - )
番組ご意見番(メインコメンテーター)
記者(リポーター)
  • 伊東真理 (元OBSアナウンサー・記者、ナレーター兼任)

コーナー[編集]

コーナーは変動することもある。
  • お天気カメラの映像をバックにオープニングCG→挨拶「今晩は『サンデースコープ』です。きょうの特集は~~についてお伝えします。午後8時○○分ごろです。ではきょう日曜日に入ってきた(あるいは「日曜日の」)ニュースからお伝えします。」と言って最初のニュースを伝える。
  • ストレートニュース
ニュースによっては解説などが盛り込まれることもある。
  • 経済リポート
石塚が経済に関する話題を解説する。
  • 列島3000キロ
JNNに加盟している地方局の取材によるニュースコーナー。基本的にJNN加盟局からのレポートになるが、一部JNN加盟局からのレポートであってもBS-TBSが受け持つこともある。なお、JNNの加盟局がない地域(基本的に広域放送に該当する地域を除く)はBS-TBSが受け持つ。画面右上のテロップには、見出しと地域、受け持った放送局のロゴが表示されている。
  • 天気予報
  • 特集
不定期に2本立て(社会問題と時事問題)で行われることがある。テーマによっては専門家・政治家・企業の代表者などをゲストに招き討論を行うこともある。
  • 企画(リポート)
サブキャスターの岡村と記者の伊東が自ら取材し伝えるもの。
  • 忘れられない一言
各界の著名人が生きてきた半生において、喜怒哀楽などその人の節目で言われた「ひと言」を本人が視聴者に向けてメッセージとして送る。次世代を担う若者達へのメッセージでもあるといわれる。主に50代以上の人が送っているが、まれに若年層(最年少は当時19歳の浅田真央)からのメッセージが放送されることもある。
  • 今週の予定
  • 「では、きょうの『サンデースコープ』この辺で失礼します。また来週お目にかかります。失礼します」(若干ニュアンスが変わる場合もある)と言ったあと、お天気カメラの映像をバックに、エンドクレジット→提供クレジットで番組終了。

スタッフ[編集]

  • 制作協力
TBSテレビ、中部日本放送、JNN系列各社、エフエフ東放(初回の放送では合併前のため旧社名の「エフ・アンド・エフ」と表示された)
  • 製作著作
BS-TBS

使用楽曲[編集]

  • オープニング
『ある夕食のテーブル』(サウンドトラック、2010年3月28日 - 6月27日)
『Blue Water』(アイソトニック・サウンド・シリーズ「Water ~水~」収録曲、2010年7月4日 - )
  • 天気予報
ザ・ビートルズヘイ・ジュード』(ピアノによるインストゥルメンタル)
なお、『ヘイ・ジュード』は、週末深夜の「JNNニュース」(第2期最末期)内で全国天気のBGMにも使用されていた。
  • エンディング
今井美樹『陽のあたる場所から』(アルバム「corridor」収録曲)

備考[編集]

  • 杉尾のメインキャスター就任は『JNNニュースの森』に出演していた2004年9月以来、およそ5年半ぶりのことである。その当時、石塚は『ニュースの森』を内包したCBCのローカルワイド番組『ユーガッタ!CBC』のメインキャスターを担当していた。
  • 野球やサッカー、ゴルフなどスポーツ中継(録画も含む)が番組の放送時間帯に行われる際、放送時間が21:00ないしは22:00に変更される。
  • 番組はTBS社屋内にあるEスタジオから放送している。

関連項目[編集]

BS-TBS 日曜日20時枠
前番組 番組名 次番組
榊原・嶌のグローバルナビ
(前日放送分の再放送)
サンデースコープ
特別番組放送枠