サンデー・ラバーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
サンデー・ラバーズ
I seduttori della domenica
監督 ブライアン・フォーブス英語版
エドゥアール・モリナロ
ジーン・ワイルダー
ディーノ・リージ
脚本 レスリー・ブリカッセ
フランシス・ヴェベール
ジーン・ワイルダー
アージェ=スカルペッリ
製作 レオ・L・フックス
出演者 ロジャー・ムーア
リノ・ヴァンチュラ
ジーン・ワイルダー
ウーゴ・トニャッツィ
音楽 マヌエル・デ・シーカイタリア語版
撮影 クロード・ルコント
クロード・アゴスティーニ
ジェラルド・ハーシュフェルド
トニーノ・デリ・コリ
編集 クリス・グリーンバリー
モニーク・イスナルドン
ロベール・イスナルドン
フィリップ・ショウ
アルベルト・ガッリッティ
製作会社 イタリアの旗 メドゥーザ・プロドゥツィオーネ
フランスの旗 ヴィアデュック・プロデュクシオン
配給 日本の旗 東宝東和
公開 イタリアの旗 1980年10月31日
フランスの旗 1980年12月17日
日本の旗 1985年11月2日
上映時間 125分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
フランス語
英語
テンプレートを表示

サンデー・ラバーズ』(イタリア語: I seduttori della domenica, 「日曜日の誘惑」の意)は、1980年(昭和55年)製作・公開、イタリアフランス合作のオムニバス映画である[1][2][3]。英語題 Sunday Lovers (「日曜日の恋人たち」の意)、フランス語題 Les Seducteurs (「誘惑者たち」の意)[1]。なお、ビデオ(VHS)発売時にはサンデー・ラバーズ/…というわけで恋の策略おしえます!!というタイトルで出ていた。

構成[編集]

  1. 第一話『ロンドン』 - イタリア語: Londra / 英語: An Englishman's Home : 監督ブライアン・フォーブス
  2. 第二話『パリ』 - イタリア語: Parigi / 英語: The French Method : 監督エドゥアール・モリナロ
  3. 第三話『ロス』 - イタリア語: Los Angeles / 英語: Skippy : 監督ジーン・ワイルダー
  4. 第四話『ローマ』 - イタリア語: Roma / 英語: Armando's Notebook : 監督ディーノ・リージ

略歴・概要[編集]

本作は、1980年、イタリアの製作会社メドゥーザ・プロドゥツィオーネと、フランスの製作会社ヴィアデュック・プロデュクシオンが製作、ロンドンパリロサンゼルスローマの4か国4都市でロケーション撮影を行って完成、同年10月31日にイタリア国内、同年12月17日にフランス国内でそれぞれ公開された[1]

日本では、東宝東和が輸入し、1985年(昭和60年)11月2日に劇場公開された[2][3]。日本でのビデオグラムは、1988年(昭和63年)8月10日にVHSセル・レンタル、2000年(平成12年)10月25日にはアイ・ヴィ・シーからDVDがリリースされている[3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

クレジットされた俳優のみ[1]

クレジット順
  • ジーン・ワイルダー - Skippy (第三話)

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d Sunday Lovers, Internet Movie Database (英語), 2010年9月7日閲覧。
  2. ^ a b サンデー・ラバーズ、キネマ旬報映画データベース、2010年9月7日閲覧。
  3. ^ a b c サンデー・ラバーズ、allcinema ONLINE, 2010年9月7日閲覧。