サントリーミステリー大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サントリーミステリー大賞(サントリーミステリーたいしょう)はサントリー文藝春秋朝日放送が主催した公募のミステリーの新人賞である。1983年から2003年の休止まで、全20回実施された。大賞受賞者には正賞としてサントリー特製ウイスキー、副賞として1200万円が贈呈された。

最終選考を公開で行うこと、読者賞を別に設けること、受賞作はテレビドラマ化することなどの特徴があった。また、一時期海外作品の応募を認めていた。第7回〜第9回は海外作品が大賞を受賞し、日本語に翻訳して刊行された。

大賞作(第11回を除く)はテレビ朝日系列(朝日放送制作)にてサントリー一社提供の年1回の特別枠「サントリーミステリースペシャル」(1983年 - 1997年)、「サントリーミステリー大賞スペシャル」(1998年 - 2003年)としてドラマ化、全国放送された。1985年 - 1986年は金曜日21:00 - 22:48(JST)で放送されていたが、その後、『素敵にドキュメント』のスタートや『ニュースステーション』の金曜日夜10時スタート編成に伴い、1987年 - 2003年は『土曜ワイド劇場』を1週分休止して、土曜日21:00 - 22:51に放送された。なお、1983年、1984年の放送時間はそれぞれ月曜日21:00 - 23:33、21:00 - 22:51であった。

受賞者一覧[編集]

第1回-第10回[編集]

  • 第1回(1983年
    • 大賞 鷹羽十九哉『虹へ、アヴァンチュール』
    • 読者賞 麗羅『桜子は帰ってきたか』
    • 佳作賞 黒川博行『二度のお別れ』
  • 第2回(1984年
    • 大賞 由良三郎『運命交響曲殺人事件』
    • 読者賞 井上淳『懐かしき友へ―オールド・フレンズ―』
    • 佳作賞 黒川博行『雨に殺せば』
  • 第3回(1985年
    • 大賞 土井行夫『名なし鳥飛んだ』
    • 読者賞 保田良雄『カフカズに星墜ちて』
    • 佳作賞 深谷忠記『一万分の一ミリの殺人』
  • 第4回(1986年
    • 大賞 黒川博行『キャッツアイころがった』
    • 読者賞 長尾誠夫『源氏物語人殺し絵巻』
    • 佳作賞 ラルフ・ヤング『クロスファイア』
  • 第5回(1987年)この年以降は「土曜ワイド劇場」枠での放送になる。
    • 大賞・読者賞 典厩五郎『土壇場でハリー・ライム』
  • 第6回(1988年
  • 第7回(1989年
  • 第8回(1990年
    • 大賞 モリー・マキタリック『TVレポーター殺人事件』
    • 読者賞 関口ふさえ(関口芙沙恵)『蜂の殺意』
    • 佳作賞 ふゆきたかし『暗示の壁』
  • 第9回(1991年
  • 第10回(1992年
    • 大賞・読者賞 花木深『B29の行方』
    • 特別佳作賞 マーガレット・パーク・ブリッジズ『わが愛しのワトスン』
    • 佳作賞 山卓雄『天明殺人草紙―源内狂乱』(未刊行)
    • 佳作賞 舞岡淳『バブル』(未刊行)

第11回-第20回[編集]

  • 第11回(1993年)大賞作品が映像化不可能だったため、代わりに読者賞作品が映像化。
    • 大賞 熊谷独『最後の逃亡者』
    • 読者賞 祐未みらの『緋の風』
    • 佳作賞 秋川陽二『殺人フォーサム』
  • 第12回(1995年
    • 大賞・読者賞 丹羽昌一『天皇(エンペラドール)の密使』
    • 佳作賞 高橋俊『シャドーランサーの男』(未刊行)
    • 佳作賞 桝田武宗『黄色い流砂』(未刊行)
  • 第13回(1996年
  • 第14回(1997年
  • 第15回(1998年
  • 第16回(1999年
  • 第17回(2000年
    • 大賞・読者賞 垣根涼介『午前三時のルースター』
    • 優秀作品賞 新井政彦『ネバーランドの柩』(未刊行)
    • 優秀作品賞 結城辰二『暴走ラボ(研究所)』(未刊行)
  • 第18回(2001年
  • 第19回(2002年
    • 大賞・読者賞 海月ルイ『子盗り』
    • 優秀作品賞 義則喬『静かなる叫び』(未刊行)
    • 優秀作品賞 藤村いずみ『孤独の陰翳』(未刊行)
  • 第20回(2003年
    • 大賞 中野順一『セカンド・サイト』
    • 読者賞 鈴木凛太朗『視えない大きな鳥』(未刊行)
    • 優秀作品賞 藤森益弘『春の砦』

第20回をもって終了となった。

歴代選考委員[編集]

ドラマ化作品[編集]

原作は第11回を除きいずれも上記の大賞を受賞した作品である。なお、第11回は読者賞受賞作が原作となっている。

サントリーミステリースペシャル
放送日 タイトル 脚本 監督 出演者
1 1983年
11月28日
虹へ、アヴァンチュール 安倍徹郎 工藤栄一 中村雅俊緒形拳山田五十鈴佐藤慶
池上季実子有島一郎金沢碧
岩井半四郎レオナルド熊梨元勝
2 1984年
11月26日
運命交響曲殺人事件 永野靖忠 若山富三郎山本陽子田原俊彦丘みつ子
北詰友樹日下武史宮尾すすむ
山本圭横山ノック
3 1985年
12月6日
澪つくし高校連続殺人事件 ジェームス三木 降旗康男 竹下景子古尾谷雅人甲斐智枝美香山美子
山城新伍森本レオ木原光知子園佳也子
藤岡琢也芦田伸介
4 1986年
11月28日
猫目石ころがった 安倍徹郎 永野靖忠 古谷一行真野響子松本伊代笑福亭鶴瓶
芦屋雁之助戸川純利重剛近藤正臣
5 1987年
11月21日
どたん場で第3の男 中村敦夫 長谷和夫 いしだあゆみ岩城滉一坂口良子高峰三枝子
斉藤慶子中尾彬長門裕之橋爪功
6 1989年
1月28日
漂流裁判 高橋玄洋
宇山圭子
瀬木宏康 藤竜也田中美佐子工藤夕貴火野正平
新藤栄作中村れい子宇梶剛士中村玉緒
あべ静江高岡建治稲川淳二
賀原夏子名取裕子
7 1990年
3月3日
死がお待ちかね 岸田理生 神代辰巳 市原悦子酒井和歌子岡田眞澄荻島眞一
汀夏子金沢碧菅井きん野村昭子余貴美子
8 1991年
3月2日
女性TVリポーター殺人事件 中村敦夫 林隆三岸田今日子杉田かおる中尾彬
ラサール石井井森美幸市毛良枝
9 1992年
2月29日
京都に死す 竹山洋 瀬木宏康 藤竜也、檀ふみ由紀さおり生稲晃子
10 1993年
2月27日
秩父夜祭り殺人事件 野上龍雄 蔵原惟繕 植木等、佐藤慶、井川比佐志田村亮
友里千賀子山口果林吉行和子藤田まこと
11 1994年
12月3日
緋の風〜スカーレット・ウィンド〜 賀来千香子樋口可南子
植木等、羽場裕一中野誠也
12 1995年
11月25日
密使 古田求 長尾啓司 筒井道隆風吹ジュン内藤剛志松村雄基
小橋めぐみ丹波哲郎北村総一朗
13 1996年
11月30日
あなたに10億円さしあげます!連続殺人 金子成人 松尾昭典 小林稔侍有森也実矢崎滋山本耕史
建みさと犬塚弘笹野高史石井苗子
山口美也子柴田理恵及川以造
螢雪次朗根津甚八小林桂樹
14 1997年
12月6日
風よ、撃て 矢島正雄 小沢啓一 赤井英和高嶋政伸中村あずさ夏八木勲
浅田美代子田中律子井上晴美細川直美
橋本さとし松澤一之山本陽一六平直政浜田晃
サントリーミステリー大賞スペシャル
15 1998年
11月14日
心室細動 田子明弘 小田切正明 村上弘明 ほか
16 1999年
12月4日
イントゥルーダー 森下直 陣内孝則 ほか
17 2000年
11月25日
午前三時のルースター 奥寺佐渡子 渡邊孝好 高橋克典永作博美生田斗真真行寺君枝
生瀬勝久あいはら友子松重豊
森下能幸西村雅彦津川雅彦
18 2001年
12月1日
時の渚〜衝撃の運命  土屋保文 松本明 渡辺徹、有森也実、京本政樹、六平直政、
山崎邦正香坂みゆき伊藤敏八水木薫
あいはら友子、芦屋雁之助、山城新伍、
名取裕子、藤田まこと
19 2002年
11月30日
子盗り 金子成人 三村晴彦 片平なぎさ東ちづる村田雄浩新山千春
鶴田忍山田辰夫加茂さくら宇津宮雅代
神山繁西村和彦藤村志保
20 2003年
11月15日
運命が見える手 いとう斗士八 松田秀知 小西真奈美柏原崇、田山涼成、佐々木蔵之介
深浦加奈子矢島健一宮本大誠山口紗弥加
田村高廣大杉漣真矢みき南田洋子

参考文献[編集]

権田萬治新保博久監修『日本ミステリー事典』新潮社、2000年(第16回までの結果について参照)

関連項目[編集]