サンドイッチ (歌手グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンドイッチは、テレビ朝日系のバラエティ番組欽ちゃんのどこまでやるの!?』から誕生した3人組の企画ユニットである。

登場背景・メンバー・命名[編集]

サンドイッチの結成前、メイン司会の萩本欽一は、充電期間として半年間、真屋順子と共に番組を一時降板していた。萩本と真屋が復帰した1985年10月、『欽ちゃんのどこまでやるの!?』のリニューアルで、3人の子供たちを新キャストとした。

サンドイッチは、その新キャストで「かなえ」の夫役になった小堺一機、4代目の「かなえ」となった女優の鳥居かほり、そして「ほんとのアナウンサー」のテレビ朝日のアナウンサーの藤井暁の3人で結成された。

サンドイッチのグループ名は、男性2人の小堺と藤井をパンにたとえ、紅一点の鳥居を具に例える事で、サンドイッチとなった。

歴史[編集]

想い出して下さい[編集]

1985年11月に最初のシングル『想い出して下さい』がリリースされた。わらべの楽曲に続き、番組のエンディングで使われた。番組内でメンバーが手を組んで廻った。

販売されたレコードは、A面とB面で回転速度が異なり、A面が45rpm、B面が33rpmとなっている。B面は「みんなで歌おう欽どこ カラオケ集」として、「想い出して下さい」「もしも明日が…。」「めだかの兄妹」のカラオケが収録されている。またA面の最後には、応募特典の抽選を発表する声が入っていて、「あたり」が出ると、レコードジャケットの裏に付いている応募券を葉書に貼って応募できるというものだった。

そのグループで番組共演したことが縁となり、1988年に鳥居と藤井は結婚している(1999年に離婚)。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • 『サンドイッチのどこまでやるの』

その後に与えている影響[編集]

1990年度以降発売された、教育出版から出版された中学3年生向けの音楽の教科書に「想い出して下さい」は掲載された。

関連項目[編集]