サンドロ・ビアナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はロドリゲス第二姓(父方の)はビアナです。
サンドロ・ビアナ Portal:陸上競技
Sandro Viana, Basílio de Moraes, 2007.jpg
選手情報
フルネーム サンドロ・リカルド・ロドリゲス・ビアナ
ラテン文字 Sandro Ricardo Rodrigues Viana
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
生年月日 (1977-03-26) 1977年3月26日(41歳)
出身地 ブラジルの旗 アマゾナス州マナウス
身長 188cm
体重 77kg
成績
オリンピック 100m 1次予選8組6着 (2008年)
200m 2次予選3組7着 (2008年)
4x100mR 4位 (2008年)
世界選手権 100m 1次予選2組5着 (2007年)
200m 準決勝失格 (2011年)
4x100mR 4位 (2007年)
地域大会決勝 パンアメリカン競技大会
200m 7位 (2011年)
4x100mR 優勝 (2007, 2011年)
自己ベスト
100m 10秒11 (2009年)
200m 20秒32 (2008年)
400m 46秒19 (2012年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

サンドロ・リカルド・ロドリゲス・ビアナSandro Ricardo Rodrigues Viana1977年3月26日 ‐ )は、ブラジルマナウス出身で短距離走が専門の陸上競技選手。100mの自己ベストはブラジル歴代3位の10秒11。32歳の時に10秒11をマーク、2012年ロンドンオリンピックには35歳で出場するなど、30歳を超えても国際大会で活躍した。

経歴[編集]

2007年8-9月、大阪で開催された世界選手権に初出場を果たした。男子4×100mリレーではアンカービセンチ・デ・リマラファエル・リベイロ英語版バジーリオ・デ・モラエス英語版、ビアナ)を務めると、予選を38秒27の好タイムで突破。決勝ではブラジル記録(37秒90)に迫る37秒99をマークしたが、アメリカ(37秒78)、ジャマイカ(37秒89)、イギリス(37秒90)に次ぐ4位に終わり、惜しくもメダルを逃した[1]

2008年3月26日、100mで10秒19(+2.0)の自己ベスト(当時)をマークし、31歳で10秒1台に突入した。

2008年8月、北京で開催されたオリンピックに初出場を果たした。男子4×100mリレーでは決勝で2走(ビセンチ・デ・リマ、ビアナ、ブルーノ・デ・バロスジョゼ・カルロス・モレイラ)を務めると、38秒24をマークしての4着に貢献[2]。その後、このレースで金メダルを獲得していたジャマイカチームのネスタ・カーターのドーピング検体の再検査で禁止薬物の陽性反応を示したため、国際オリンピック委員会2017年1月25日にジャマイカチームを失格処分にしたと発表した[3]。ネスタ・カーターがスポーツ仲裁裁判所に提訴したため処分確定はまだ先になるが[4]、確定すればブラジルの順位は3位に繰り上がり銅メダル獲得となる。

2009年7月24日、100mで10秒11(+1.3)の自己ベストをマーク。標高2000mを超えるボゴタでマークした高地記録ながら、ブラジル歴代3位に名を連ねた。

2012年8月、ロンドンで開催されたオリンピックに35歳で出場した。

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒11A (+1.3) 2009年7月24日 コロンビアの旗 ボゴタ ブラジル歴代3位
高地記録
200m 20秒32 (0.0) 2008年5月22日 ブラジルの旗 サンパウロ
400m 46秒19 2012年6月2日 ブラジルの旗 サンパウロ

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2005 ユニバーシアード (en トルコの旗 イズミル 100m 3位 10秒49 (+0.7)
200m 8位 21秒43 (+1.1)
2007 南アメリカ選手権 (en ブラジルの旗 サンパウロ 200m 優勝 20秒54 (+0.4)
4x100mR 優勝 38秒77 (1走)
パンアメリカン競技大会 (en ブラジルの旗 リオデジャネイロ 200m 決勝 DQ 準決勝20秒82 (+0.7)
4x100mR 優勝 38秒81 (4走)
世界選手権 日本の旗 大阪 100m 1次予選 10秒46 (+1.0)
200m 2次予選 20秒68 (+0.9)
4x100mR 4位 37秒99 (4走)
2008 イベロアメリカ選手権 (en チリの旗 イキケ 100m 決勝 DQ 予選10秒71 (-1.6)
200m 優勝 20秒87
4x100mR 優勝 38秒96 (2走)
オリンピック 中華人民共和国の旗 北京 100m 1次予選 10秒60 (-0.1)
200m 2次予選 21秒07 (+0.4)
4x100mR 4位 38秒24 (2走)
2009 世界選手権 ドイツの旗 ベルリン 200m 1次予選 21秒18 (-0.2)
4x100mR 7位 38秒56 (2走)
2010 イベロアメリカ選手権 (en スペインの旗 サン・フェルナンド 100m 予選 10秒55 (-0.8)
200m 決勝 DQ 予選21秒13 (-0.6)
4x100mR 決勝 DQ (4走)
2011 南アメリカ選手権 (en アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス 100m 3位 10秒44 (0.0)
200m 決勝 DQ 予選21秒07
4x100mR 優勝 39秒87 (2走)
世界選手権 大韓民国の旗 大邱 200m 準決勝 DQ 予選20秒62 (-0.8)
4x100mR 予選 DQ (2走)
パンアメリカン競技大会 (en メキシコの旗 グアダラハラ 100m 準決勝 10秒49 (-1.9)
200m 7位 20秒94 (-1.0)
4x100mR 優勝 38秒18 (2走) 大会記録
2012 イベロアメリカ選手権 (en ベネズエラの旗 バルキシメト 100m 2位 10秒42 (-0.2)
200m 3位 20秒69 (-0.9)
4x100mR 優勝 38秒95 (2走)
オリンピック イギリスの旗 ロンドン 200m 予選 21秒05 (+0.7)
4x100mR 予選 38秒35 (2走)

脚注[編集]

  1. ^ 第11回世界選手権男子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月23日閲覧。
  2. ^ 第29回オリンピック男子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月23日閲覧。
  3. ^ “男子400リレーのジャマイカ失格=日本は銀に繰り上がり-北京五輪ドーピング再検”. 時事通信. (2017年1月26日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012600009&g=spo 2017年1月26日閲覧。 
  4. ^ 北京五輪400mリレー金のカーターがCASに提訴”. 日刊スポーツ (2017年2月16日). 2017年3月18日閲覧。