サンドロ・ロポポロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンドロ・ロポポロ
Sandro Lopopolo 1960.jpg
基本情報
通称 Alessandro
階級 ジュニアフェザー級
国籍 イタリアの旗 イタリア
誕生日 (1939-12-18) 1939年12月18日(78歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア
ロンバルディア州ミラノ
死没日 2014年4月26日
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 77
勝ち 59
KO勝ち 21
敗け 10
引き分け 7
無効試合 1
テンプレートを表示

サンドロ・ロポポロSandro Lopopolo、男性、1939年12月18日 - 2014年4月26日)は、イタリアプロボクサーロンバルディア州ミラノ出身。身長167cm。元WBAWBC世界ジュニアウェルター級王者。

来歴[編集]

1960年イタリア代表としてローマオリンピックボクシングライト級に出場し、銀メダルを獲得した。

1961年1月21日、プロデビュー。

1963年11月29日、16戦目でイタリアジュニアウェルター級王座を獲得した。同王座は2度の防衛に成功した。

1964年9月24日、3度目の防衛戦でピエロ・ブランディと対戦し、12回判定負けで王座から陥落するとともに36戦目での初黒星となった。同王座は1965年3月13日に奪回した。

1965年7月17日、EBUヨーロッパジュニアウェルター級王座決定戦でファン・ソンブリタ・アルボロスと対戦し、15回判定負けで王座獲得ならず。

1966年4月29日、44戦目で世界王座初挑戦。世界ジュニアウェルター級王者カルロス・エルナンデス英語版に挑戦し、15回判定勝ちで世界王座を獲得した。同王座は1度の防衛に成功した。

1966年9月10日、ノンタイトルマッチでニコリノ・ローチェと対戦し、10回判定負け。

1967年4月30日、2度目の防衛戦で藤猛と対戦し、2回TKO負けで王座から陥落した。

1973年3月30日の試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

前王者
カルロス・エルナンデス (ベネズエラのボクサー)
WBA世界ジュニアウェルター級王者

1966年4月29日 - 1967年4月30日

次王者
藤猛
前王者
カルロス・エルナンデス (ベネズエラのボクサー)
WBC世界ジュニアウェルター級王者

1966年4月29日 - 1967年4月30日

次王者
藤猛