サンマリーンながの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンマリーンながの(2代目)
Sun Marine Nagano
サンマリーンながの
施設情報
正式名称 長野市営健康レクリエーションセンター
用途 プール
設計者 石本KRC設計企業体
施工 北野・守谷・北信建設共同企業体
建築主 長野市
事業主体 長野市
管理運営 日本水泳振興会・NTTファシリティーズ共同事業体
構造形式 鉄筋コンクリート造
敷地面積 24,400m²
建築面積 9,200m²(建蔽率38%)
延床面積 10,110m²(容積率41%)
階数 地上3階・地下1階
着工 2016年平成28年)3月22日
竣工 2017年平成29年)12月15日
所在地 381-0026
長野県長野市松岡二丁目26番7号
位置 北緯36度37分21.4秒 東経138度13分9.3秒 / 北緯36.622611度 東経138.219250度 / 36.622611; 138.219250座標: 北緯36度37分21.4秒 東経138度13分9.3秒 / 北緯36.622611度 東経138.219250度 / 36.622611; 138.219250

サンマリーンながの(Sun Marine Nagano)は、長野県長野市にある、屋内温水プールを主とした総合レクリエーション施設。

概要[編集]

写真奥が現在稼働中の長野市清掃センターで、その手前の旧サンマリーンながの跡地に新清掃センターを建設中(2018年3月現在)

犀川左岸に立地する長野市清掃センターに隣接しており、その焼却施設の排熱を熱源にしている。なお、同センター焼却施設の熱は他にも大豆島老人憩いの家などに送られている。

愛称の『サンマリーン』は、「海を持たない長野に太陽の輝く海を」という願いによるもの[1]。施設中央には造波プールが広がり、多くの子供たちが海の雰囲気を楽しんでいる。

現在の施設は長野市清掃センターの建て替えにあわせて新築された2代目で、2018年平成30年)から供用されている[2]。なお、建て替えにあわせて命名権募集がされたが[3]、結果的に以前と同じ愛称のまま再開館している。

沿革[編集]

サンマリーンながの(初代)
Sunmarine Nagano
施設情報
正式名称 長野市総合レクリエーションセンター
用途 プール
事業主体 長野市
管理運営 社団法人長野市開発公社
構造形式 プール棟: 鉄骨造
管理棟: 鉄筋コンクリート造
敷地面積 17,928m²
建築面積 6,358m²(建蔽率35%)
延床面積 8,695m²(容積率48%)
階数 プール棟: 地上3階
管理棟: 地上2階・地下1階
竣工 1985年昭和60年)10月
所在地 381-0026
長野県長野市松岡二丁目27番19号
  • 1985年昭和60年)10月 - 長野市総合レクリエーションセンター開館。愛称を「サンマリーンながの」とする。
  • 2006年平成18年)4月1日 - 社団法人長野市開発公社が指定管理者となる。
  • 2014年(平成26年)3月31日 - 建て替えのため閉館。
  • 2018年(平成30年)1月1日 - 日本水泳振興会・NTTファシリティーズ共同事業体が指定管理者となる[4]
  • 2018年(平成30年)3月1日 - 隣接地に新築し、長野市営健康レクリエーションセンターとして再開館。愛称は変わらず「サンマリーンながの」とする。

施設[編集]

プール[編集]

  • 流水プール(全長181.5m)
  • スライダープール
    • 浮き輪スライダー(80.3m)
    • ボディスライダー(42.5m)
  • 造波プール・入り江のエリア
  • 幼児プール
  • 競泳プール(25m 6コース)
  • ウォーキングプール
  • 展望ジャグジー

健康施設[編集]

休憩施設[編集]

  • 食堂・大広間
  • 和室(4室)

営業内容[編集]

  • 開館時間
    • 7月〜9月 - 9:00〜20:45
    • 10月〜6月
      平日 - 13:00〜20:45
      土休日 - 9:00〜20:45
  • 休館日 - なし

アクセス[編集]

  • JR長野電鉄長野駅よりアルピコ交通川中島バス21系統「サンマリーン」下車
    • 停留所は構内に設けられている。早朝・夜間はこの構内停留所を経由しないが、「松岡南」で下車しても徒歩2分ほどである。
  • 駐車場 328台

脚注[編集]

[ヘルプ]