サンヨネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社サンヨネ
San-yone Co.,Ltd
種類 株式会社
略称 サンヨネ
本社所在地 日本の旗 日本
440-0046
愛知県豊橋市仲ノ町1
設立 1973年(昭和48年)2月
業種 小売業
法人番号 5180301005766
事業内容 食品の販売
代表者 三浦和雄(代表取締役)
資本金 2,940万円
売上高 187億円(2005年3月期)
従業員数 630名
外部リンク http://www.sanyone.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社サンヨネは、愛知県豊橋市を中心に東三河地方に店舗を展開しているスーパーマーケット

2013年10月現在、豊橋市、豊川市蒲郡市に店舗がある。

概要[編集]

東三河地域では、量が多く安いことで、連日たくさんの買い物客がいる。豊川店は月末5%特売、そのほかの5店舗では月初めの1日の5%特売が評判を呼んでいる。  なお、当主は代々「米三郎」を襲名しており、現在は3代目(株式会社三米本店会長)である。

店舗[編集]

魚町本店
  • 魚町本店(豊橋市 魚町)
  • 東店(豊橋市 仲ノ町)
  • 高師店(豊橋市 上野町)
  • 下地センター(豊橋市 下地町)
  • 豊川店(豊川市 金塚町)
  • 蒲郡店(蒲郡市 八百富町)

かつてあった店舗[編集]

  • 弥生店(豊橋市弥生町)
  • 下五井店(豊橋市下五井町)
  • みゆき店(豊橋市 東幸町)

沿革[編集]

  • 1892年(明治25年) - 三浦米三郎(初代)が現在の豊橋市魚町で商売を始める
  • 1921年(大正10年) - 海産物問屋を開業
  • 1934年(昭和9年) - 合資会社 三米本店を設立する
  • 1937年(昭和12年) - 本店に大型冷蔵設備を建設。この頃から全国の産地直接取引を強化する
  • 1945年(昭和20年) - 空襲により店舗一部損壊。終戦後商売を再開し、小売業をはじめる
  • 1970年(昭和45年5月) - 卸部門を豊橋魚市場前に移転、魚町本店を食品スーパーに改装
  • 1973年(昭和48年2月) - 株式会社サンヨネを設立。小売部門初の店舗である弥生店を開店する
  • 1975年(昭和50年4月) - 東店開店
  • 1978年(昭和53年8月) - 豊川店開店
  • 1984年(昭和59年5月) - みゆき店開店
  • 1995年(平成7年1月) - 高師店開店
  • 1996年(平成8年4月) - 弥生店閉店
  • 2001年(平成13年10月) - サンヨネ社員持ち株会が発足する。また、同時期に全国的に珍しいサンヨネ賞与制度の「粗利益の半分を従業員に還元する」ボーナス預金制度が始まる。
  • 2004年(平成16年10月) - 蒲郡店開店
  • 2011年(平成23年3月) - 魚町本店リニューアル開店
  • 2012年(平成24年10月) - みゆき店閉店

その他[編集]

  • サンヨネの経営方針では、折り込みチラシを発行していないのが特徴であり、それ故宣伝の広告を出す金が省かれており、その分客に安く提供をしている。また、ポイントカード制度も存在しない[1]

出典[編集]

  1. ^ 午後7時閉店でも店長年収1000万円超え! 愛知県「地元密着スーパー」絶好調の秘密