サン・セバスティアン大聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サン・セバスティアン大聖堂
Catedral del Buen Pastor (9225828442).jpg
サン・セバスティアン大聖堂の位置(ドノスティア内)
サン・セバスティアン大聖堂
ドノスティアにおける位置
サン・セバスティアン大聖堂の位置(ギプスコア県内)
サン・セバスティアン大聖堂
ドノスティアにおける位置
サン・セバスティアン大聖堂の位置(スペイン内)
サン・セバスティアン大聖堂
ドノスティアにおける位置
基本情報
所在地 スペインの旗 スペインバスク州ギプスコア県サン・セバスティアン
座標 北緯43度19分0秒 西経1度58分53.4秒 / 北緯43.31667度 西経1.981500度 / 43.31667; -1.981500座標: 北緯43度19分0秒 西経1度58分53.4秒 / 北緯43.31667度 西経1.981500度 / 43.31667; -1.981500
宗教 ローマ・カトリック
奉献年 1897年7月30日
教会的現況 大聖堂
建設
建築家 マヌエル・デ・エチャベ
形式 教会
様式 ゴシック・リヴァイヴァル建築
着工 1888年
完成 1897年
テンプレートを表示

サン・セバスティアン大聖堂スペイン語: Catedral de San Sebastián)は、スペインバスク州ギプスコア県サン・セバスティアンにあるローマ・カトリック大聖堂。正式名称は善き羊飼いの大聖堂バスク語: Artzain Onaren katedrala, スペイン語: Catedral del Buen Pastor de San Sebastián)。サン・セバスティアン司教区座の所在地であり、パンプローナ・トゥデラ大司教区座に属している。19世紀末にゴシック・リヴァイヴァル建築で建設され、1953年に大聖堂司教座聖堂)として宣言された。

歴史[編集]

1881年にはサン・セバスティアン教区が設立された。スペイン王室はサン・セバスティアンを夏の首都としていたが、1888年9月29日にはスペイン王妃マリア・クリスティーナらの列席の元で礎石の敷設が行われた。式典の議事録にはまだ2歳4か月だったアルフォンソ13世の署名がなされたが、これはアルフォンソ13世が公式文書に初めて行った署名である。建設の指揮はホセ・イグナシオ・ムニーリャ・アギーレが執った[1]。大聖堂は9年後の1897年7月30日に奉献され、やはりマリア・クリスティーナやアルフォンソ13世が列席した。尖塔は1899年に完成している。1949年11月2日にはビトリア教区からサン・セバスティアン教区とビルバオ教区が分離し、1953年7月30日には大聖堂司教座聖堂)の地位を得た。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Obispado de San Sebastián. “Obispo” (Spanish). 2010年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月5日閲覧。

関連項目[編集]