サン・フランシスコ (ガレオン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サン・フランシスコスペイン語: San Francisco)は、大航海時代スペインガレオン船

歴史[編集]

サン・フランシスコ号は大航海時代に太平洋陶磁器蜜蝋など交易を行っていたスペインのガレオン船である[1]

1609年(慶長14年)9月、サン・フランシスコ号はスペイン領フィリピン臨時総督の任務を終えたロドリゴ・デ・ビベロ(ドン・ロドリゴ)ら373名を乗せてノビスパン(ヌエバ・エスパーニャ、スペイン領メキシコ)に向け出航[2]。しかし9月30日に上総国夷隅郡岩和田村(現在の千葉県御宿町岩和田)沖で嵐に遭遇して座礁・沈没して岩和田海岸に漂着[2][3][4]。この遭難により56名が死亡したが、残り317名は御宿の人々から衣服や食糧の提供を受けるなど手厚い保護を受けた[2][3]

数日後、大多喜城本多忠朝はロドリゴらを城に招いて大いに歓待した[2]。さらに忠朝の紹介で将軍職の徳川秀忠や駿府の徳川家康とも会見して歓迎を受けた[2]1610年(慶長15年)8月、ロドリゴ一行は家康の計らいによりウィリアム・アダムス(三浦按針)が建造した洋式帆船サン・ブエナ・ベントゥーラ田中勝助ら23名の日本人を随伴しノビスパンに帰航した[2][3]

1611年(慶長16年)、ドン・ロドリゴの遭難救助及び乗組員への厚遇への答礼と日本近海にあると伝えられていた金銀島の探検を目的に、セバスティアン・ビスカイノを代表とするスペイン国王フェリペ3世の答礼のため二代目サン・フランシスコ号が日本に来航した[2]。このときにスペイン国王フェリペ3世から家康に贈呈された時計は久能山東照宮に収蔵されている[1]。しかし大航海時代のスペインとオランダは競い合う関係にあり、幕府はオランダ人からスペインは日本侵略のための測量と金銀島の探索を目的にしているとの進言を受けていたため、警戒を受けることとなった[2]。結局、セバスティアン・ビスカイノの一行は二代目サン・フランシスコ号が嵐で破損したために伊達政宗からの援助を受けて支倉常長らの慶長遣欧使節団とともにサン・ファン・バウティスタ号で本国に帰国した[2]

国際交流・自治体間交流[編集]

サン・フランシスコの遭難事故での救出活動は日本とメキシコの交流の端緒にもなった[2][3]

1978年8月、大多喜町クエルナバカ市、御宿町とアカプルコ市が姉妹都市となった[2]2013年10月には、御宿町とテカマチャルコスペイン語版市が姉妹都市となった[2]

静岡商工会議所などは家康が贈られた時計の復刻品を、2014年7月に千葉県御宿町に、2016年1月にスペイン大使に贈呈している[3]

船体の捜索と調査[編集]

2016年夏には遭難地点の浅海域での音波探査や潜水調査が行われたが船体の手掛かりは発見されなかった[1]2017年からは下田市の海洋調査会社と東海大学の共同調査が行われる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 400年前に沈没のスペイン船 サンフランシスコ号は今どこに?(1) 静岡新聞、2017年1月12日。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l メキシコとの交流 千葉県
  3. ^ a b c d e 400年前に沈没のスペイン船 サンフランシスコ号は今どこに?(2) 静岡新聞、2017年1月12日。
  4. ^ 井上たかひこ 『水中考古学 クレオパトラ宮殿から元寇船、タイタニックまで』 中央公論新社2015年、128頁。ISBN 978-4-12-102344-5。

関連項目[編集]