サン・ブエナ・ベントゥーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サン・ブエナ・ベントゥーラ
基本情報
船種 ガレオン
所有者 徳川家康
経歴
竣工 1607年
要目
総トン数 120
テンプレートを表示

サン・ブエナ・ベントゥーラスペイン語: San Buena Ventura)は、日本ガレオン船ウィリアム・アダムス(三浦按針)により建造された120tの船で、ガレオン船サン・フランシスコの難破により漂着したロドリゴ・デ・ビベロ一行の帰国に用いられた[1]

1610年8月1日、浦賀を発ちアカプルコへ向かった[2]。10月27日にアカプルコ近くのマタンチェンに到着したが、この時23人の日本人が同乗しており、その中には田中勝介が含まれていた[3][4][2][5]

到着後は、マニラとアカプルコを結ぶ航路に投入された[5]

出典[編集]

  1. ^ 三浦按針と横須賀 (PDF)”. 横須賀市市政策推進部文化振興課. 2017年1月14日閲覧。
  2. ^ a b 柳沼孝一郎 (2014-05). “Trasfondo histórico del envío del embajador Hasekura a España y la Nueva España en 1614” (PDF). México y la Cuenca del Pacífico (グアダラハラ大学) 17 (50): 19-20. 
  3. ^ The Friendship that Plowed through the Pacific”. PRO MEXICO (2014年1月14日). 2017年1月14日閲覧。
  4. ^ 田中勝介”. コトバンク. 2017年1月14日閲覧。
  5. ^ a b C R Boxer (2010-10-18). The Affair of the Madre de Deus: A Chapter in the History of the Portuguese in Japan. p. 49. ISBN 9781136907272. 

関連項目[編集]