サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サヴォイアの旗

サヴォイアイタリア語:Savoia)またはサヴォワフランス語:Savoie(サヴワ)アルピタン語:Savouè(サヴウェ))は、南ヨーロッパの歴史的地域名。おおよそ現在のフランス南東部、ローヌ=アルプ地域圏サヴォワ県オート=サヴォワ県にあたるが、歴史的領域としては現在のイタリア領にも一部がまたがっている。

歴史

11世紀初頭、神聖ローマ皇帝コンラート2世がこの地方を征服した際、この地方はサヴォイア家の始祖となるウンベルト1世ビアンカマーノの所領となった。以来サヴォイア家のサヴォイア伯領として発展し、1416年にはサヴォイア公国となるが、1563年には宮廷がシャンベリからトリノに遷都される。

1720年にサヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世サルデーニャ島と王位を手に入れサルデーニャ王国が成立すると、サヴォイアは実質的には王家ゆかりの地と言う一地方となった。1792年から1815年まで、サヴォイアはフランス革命軍の支配下にあったが、1793年にはフランスの支配を排除するために戦争を起こした(メリベル戦争)。1860年にサルデーニャ王国はヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の下でイタリア統一を果たしたが、フランスにイタリア王国を承認させるため、ニース地方(イタリア語ではニッツァ)と共にサヴォイアをフランス帝国に割譲した(なお、サヴォイア公の称号はこの時まで用いられていた)。

関連項目

今日は何の日(12月12日

もっと見る

「サヴォイア」のQ&A