サーカスチャーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サーカスチャーリー
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 アーケード (AC)
開発元 コナミ開発1課
発売元 アメリカ合衆国 Centuri
日本 コナミ
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(120.53キロバイト
稼働時期 アメリカ合衆国 1984021984年2月
日本 1984041984年4月
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス 2方向レバー
1ボタン
CPU MC6809 (@ 2.048 MHz)
サウンド Z80 (@ 3.580 MHz)
SN76496 (@ 1.790 MHz)×2
DAC
RC (@ 1.789772 Mhz)×3
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット32色
その他 型式:GX380
テンプレートを表示

サーカスチャーリー』 (CIRCUS CHARLIE) は、1984年コナミから稼働されたアーケードゲーム横スクロールアクションゲームである。

開発はコナミ開発1課が行い、音楽はフランク・D・コーフィールドの「トロンボナンザ」が使用されている。ゲーム内容はサーカスを舞台とした右スクロールアクションゲームで、プレイヤーはピエロのチャーリーを操作し複数用意された演目をこなしていく。チャーリーの動作は左右への移動とジャンプのみとごく単純だが、このゲームではジャンプのタイミングに重点が置かれており難易度はやや高い。演目に失敗すると解雇される(=ゲームオーバー)こととなる。

家庭用ゲーム機へも移植され日本国内では1984年7月にコナミよりMSX版が、1986年3月4日にはソフトプロよりファミリーコンピュータ版が発売された。また1999年5月13日には『コナミ80'sアーケードギャラリー』に、2007年3月15日には『コナミ アーケード コレクション』にそれぞれアーケード版が収録された(後者はステージ選択不可)。また、2002年に携帯電話アプリゲーム用サイト「コナミネットDX」にて、「火の輪くぐり」「ブランコ」「トランポリン」のステージが独立したアプリとして配信された。2015年6月24日より、MSX版がWii Uバーチャルコンソールにて配信された。

家庭用ゲーム機版の音楽は、前述の「トロンボナンザ」ではなくフランク・W・ミーチャムの「アメリカン・パトロール」(1967年)が一部使用されている。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

全面クリア後の選択ゲーム画面
  • アーケード版の場合、最初から六場面のいずれかを選択できるバージョンと、選択できないバージョンとに分かれている。ただし、選択出来ないバージョンでも、空中ブランコをクリアすると、好きな場面を選択可能になり、プレイヤーが得意とする場面を選択して得点を稼ぐことが可能となる。
  • 各画面とも、繰り返し選択してプレイするごとに、難易度が上がるが、同一場面を選択可能な回数は、六回に限られている。それもクリアすると、その画面は、「NO MORE」と表示されるようになり、他の場面を選択しなければならない。最後は、トランポリンのみがプレイ可能の状態のまま、延々続く事になる。

隠しフィーチャー[編集]

火の輪くぐり
  • スタート時点でレバーを左に入れたまま3回ジャンプしてから進むと、チャーリーがぶら下がって出現する。それを取ると1人増える。
  • ノーミスでドル袋を全て取ってゴールするとスペシャルボーナス。
  • 火壺の中の1つを後ろジャンプで飛び越すと、壺からボーナスコインが飛び出る。
  • 火の輪のドル袋を取った後に後退し、その火の輪を画面右外に出すと取ったはずのドル袋が復活する。これを繰り返して少しだけ5,000点稼ぎが可能。
綱渡り
  • ゴール真下から歩いて前進すると隠れドル袋が出て、取ると5,000点。
  • ジャンプが全て垂直だとクリア時に1人増える。(前章の2匹以上同時飛び越えとは両立しえないボーナスである)
トランポリン
  • ドル袋を全て取ってゴールするとスペシャルボーナス。(何度ミスしても良い)但し、イルカ面はスペシャルボーナス無し。
曲乗り
  • 2枚組の板のどちらか片方に1回だけ乗り、それを繰り返しゴールすると1人増える。

設定[編集]

ストーリー[編集]

「Ladies and Gentlemen, this is the biggest entertainment tonight....」司会者の声が会場に響いた。いよいよ幕が開く。ああ、神様、どうか僕を助けて--君は思わず心の中で叫んだ。もう高いところが苦手とか、ライオンが恐いなんて言ってられない。もしこのショーで失敗したら、愛しのジェニーを憎きライバルに奪われてしまうんだ。ドリームサーカスの団長は、一人娘のジェニーを一番うまい奴と結婚させようとしていた。それは当然君であるはずだったのに・・・ところがどこからかキザなアイツが流れてきて、しかも空中ブランコが特別うまいときている!君は再び心の中で神様にお祈りをした。さあ行くぞ、一生一度の名人技のご披露だ!

ステージ構成[編集]

全6ステージ+おまけステージ(家庭用版はおまけステージなしの全5ステージ)。演目はゲームスタート時に水上トランポリン以外の面を自由に選択する事ができる(FC版は不可、アーケード版も出来ないバージョンがある)。  

火の輪くぐり
スタート地点でバックジャンプを3回すると1UPアイテム出現(1回のみ)。大きい火の輪をバックジャンプすると、1UPアイテム出現(1回のみ)。ノーミスで小さい火の輪の$袋を全回収でクリア時ボーナス。火の置物をバックジャンプすると1度だけコイン出現。
綱渡り
猿を2匹同時に飛び越えると+1000pts。3匹同時に飛び越えると+2000pts。
トランポリン
ノーミスで$袋を全回収でクリア時ボーナス。家庭用版ではこのステージはカットされている。
玉乗り
玉を1つ飛ばして飛び越えると500pts。2つ飛ばして飛び越えると700pts。
曲乗り
連続して跳び続けると点数は倍々になっていく。小さい、あるいは高いジャンプ台は点数が高い。速度が通常のときと比べて、低速走行時は点数が半分、高速走行時は2倍となる。
空中ブランコ
一往復するごとに、ブランコを支えるヒモの部分が一つずつ上から色が変わっていき、一番下まで色か変わるとプレイヤーは下に落とされてミスになってしまう為、往復しているうちに飛び移らなければならない。ブランコに乗っていられる回数はヒモの長さによる。(アーケード版以外にブランコのぶら下がり回数はない。)一往復目に飛び移る事が出来れば高得点だが、往復回数が増えるごとに得点は減って行く。トランポリンを使用して移動するとボーナス。ブランコを1つ飛ばすと5000ptsが得られるが非常に危険。ブランコの振れと同期する様にレバーを入れれば振れは大きくなり、飛び移りに有利になるが、振れとは逆にレバーを入れ続けるとブランコの振れはだんだん小さくなり、最終的に振れは止まってしまう。
水上トランポリン
トランポリンと似ているが、行く手をさえぎるのが人ではなく、イルカとなり、水上から飛び出してプレイヤーの進路を妨害するようになる。ノーミスでクリアしても、ボーナスポイントは入らない。
2周目以降トランポリンを偶数回選ぶと出現。イルカが飛び回る水上トランポリンのステージが強制で出現する。家庭用版ではこのステージはカットされている。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 サーカスチャーリー 日本 1984071984年7月
ヨーロッパ 1984年
MSX コナミ開発3課 コナミ ロムカセット 日本 RC712
2 サーカス・チャーリー 日本 198603041986年3月4日
ファミリーコンピュータ コナミ ソフトプロ ロムカセット 日本 SFC-CC
3 Circus Charlie アメリカ合衆国 1987年
ヨーロッパ 1987年
コモドール64 パーカー・ブラザーズ コナミ フロッピーディスク -
4 日本 コナミ80'sアーケードギャラリー
アメリカ合衆国 Konami 80's AC Special
ヨーロッパ Konami 80's AC Special
INT 1998111998年11月
アーケード コナミ コナミ 業務用基板
(512.54キロバイト)
GC826
5 日本 コナミ80'sアーケードギャラリー
アメリカ合衆国 Konami Arcade Classics
日本 199905131999年5月13日
アメリカ合衆国 199911301999年11月30日
PlayStation KCE札幌 コナミ CD-ROM 日本 SLPM-86228
アメリカ合衆国 SLUS-00945
アーケード版の移植
6 サーカス/空中ブランコ 日本 2002年3月13日[1]
iアプリ
Jアプリ
コナミ コナミ ダウンロード
(コナミネットDX)
- 空中ブランコのみのアレンジ版
7 サーカス/火の輪くぐり 日本 2002年3月27日[1]
iアプリ コナミ コナミ ダウンロード
(コナミネットDX)
- 火の輪くぐりのみのアレンジ版
8 日本 コナミ アーケード コレクション
アメリカ合衆国 Konami Arcade Classics
ヨーロッパ Konami Arcade Classics
日本 200703152007年3月15日
アメリカ合衆国 200703272007年3月27日
ヨーロッパ 200710262007年10月26日
ニンテンドーDS M2 KDE 128メガビットDSカード 日本 NTR-A5KJ-JPN
アメリカ合衆国 NTR-ACXE-USA
ヨーロッパ NTR-ACXP-EUR
アーケード版の移植
9 サーカスチャーリー 日本 2015年6月24日[2]
Wii U KDE KDE ダウンロード
バーチャルコンソール
- MSX版の移植
MSX版
  • トランポリン、水上トランポリンのステージが削除されている。
ファミリーコンピュータ版
  • MSX版と同様に、トランポリン、水上トランポリンのステージが削除されている。
携帯アプリ版
  • 「火の輪くぐり」、「空中ブランコ」のみが単体で配信された。

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame3/5stars (AC)[3]
ファミリーコンピュータMagazine16.39/30点 (FC)[4]
謎のゲーム魔境365/100点 (MSX)[5]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、16.39点(満30点)となっている[4]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「技のタイミングをとるのが難しい」と難易度に関して否定的なコメントで紹介されている[4]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.09 2.74 2.65 2.45 2.33 3.13 16.39
MSX版

ゲーム本『美食倶楽部バカゲー専科外伝 謎のゲーム魔境3』では個人的評価を65点(満100点)とした上で、背景が1ドットスクロールでスプライトの併用によりゲーム性が再現されている事やグラフィック面に関して肯定的に評価しており、「ソフトプロから出たファミコン版よりいいかも」とコメントしているが、難易度に関しては否定的に評価している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b iモードに“クォース”“ぱずるだま”が追加” (日本語). SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (2002年3月6日). 2018年12月31日閲覧。
  2. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2015年6月17日). “Wii Uバーチャルコンソール6月24日配信タイトル ― 『ライブ・ア・ライブ』『イメージファイト』『サーカスチャーリー』”. iNSIDE. イード. 2019年7月27日閲覧。
  3. ^ Circus Charlie for Arcade (1984)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年3月12日閲覧。
  4. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 71頁。
  5. ^ a b ゾルゲ市蔵「コナミMSX全リスト」『美食倶楽部バカゲー専科外伝 謎のゲーム魔境3』キルタイムコミュニケーション、2002年5月10日、158 - 179頁。ISBN 9784860320218。

関連項目[編集]

ときめきメモリアル2 ミュージックビデオクリップ サーカスで逢いましょう』
  • 2002年4月18日にコナミより発売されたPlayStation 2用ソフト。サーカスを題材としたアクションゲーム集であったため、『サーカスチャーリー』との関連性が指摘された。