サークルケイ・ノースジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社サークルケイ・ノースジャパン[1]
種類 株式会社[1]
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
124-0024[1]
青森県青森市卸町2-17[1]
設立 1986年昭和61年)4月11日[1]
業種 小売業
事業内容 コンビニエンスストアのエリア・フランチャイズ
代表者 南善六(代表取締役社長[1]
資本金 3005万円[1]
売上高 50億円
従業員数 28名
テンプレートを表示

株式会社サークルケイ・ノースジャパンは、かつて青森県岩手県秋田県の3県で店舗を展開していた、コンビニエンスストアサークルKのエリア・フランチャイズ会社[1]。親会社の経営破綻によって連鎖倒産した。

概要[編集]

亀屋みなみチェーンのグループ会社として1986年昭和61年)4月11日に設立された[1]。 他チェーンよりも早くに出店開始した事もあり、青森県内ではサークルKが一時コンビニの最大勢力となっていたが、ローソン進出の頃から県内の店舗数は減少傾向となった。2001年に亀屋みなみチェーンが破綻した後も営業を継続していたが、2003年3月1日、経営不振によりコンビニ経営より撤退した。全従業員と共に営業業務はシーケー東北株式会社に引き継がれた。

その後、サークルケイ・ノースジャパンは社名をケーエヌジェーと変更、本社所在地を青森市から東京都内に移転していたが、亀屋みなみチェーンの破綻によって債権の回収が不可能になったことから、2003年7月31日東京地方裁判所破産を申し立て、同年8月6日に破算宣告を受けた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 流通会社年鑑 1997年版, 日本経済新聞社, (1996-12-04), pp. 468