サーティース・TS7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
サーティース・TS7
SurteesTS7BarryBoor.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター サーティース
デザイナー ジョン・サーティース
シャハブ・アーメド
ピーター・コンニュー
後継 サーティース・TS9
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン フォード-コスワースDFV 2993cc V8 自然吸気 ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド DG300 5速 マニュアル
燃料 BP
タイヤ ファイアストン
主要成績
チーム チーム・サーティース
ドライバー イギリスの旗 ジョン・サーティース
イギリスの旗 デレック・ベル
イギリスの旗 ブライアン・レッドマン
ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン
初戦 1970年イギリスグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
9 0 0 0
テンプレートを表示

サーティース・TS7 (Surtees TS7) は、サーティース1970年および1971年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カージョン・サーティース、シャハブ・アーメド、ピーター・コンニューによって設計された[1][2]

レース戦績[編集]

1970-1971: サーティース[編集]

サーティースジョン・サーティースBRMを離脱した後に設立した彼自身のチームである。彼はマクラーレン・M7Cを購入し、TS7が完成するまでそれを使用した。TS7は1970年イギリスグランプリで、サーティース自身のドライブでデビューした。予選は19位で通過したが、決勝は油圧のトラブルでリタイアとなる[3]。ドイツグランプリでは予選を15位で通過、決勝はエンジントラブルで終了したが、9位完走という記録である[4]。オーストリアグランプリでは予選12位、決勝はエンジンブローでリタイアとなった[5]。イタリアでは予選10位、決勝はスタート直後に電気系のトラブルでストール、リタイアとなった[6]。カナダでは予選5位、決勝も5位に入る[7]。アメリカグランプリではデレック・ベルがセカンドドライバーとして加わり、サーティースは予選8位、ベルは13位となる。決勝ではサーティースがエンジンブローでリタイア、ベルは6位で完走した[8]。メキシコではサーティース1台体制に戻り、予選15位、決勝8位となった[9]

チーム・サーティースはコンストラクターズチャンピオンシップで3ポイントを獲得し、ランキング8位となった。

1971年南アフリカグランプリでチーム・サーティースはTS9をサーティースに与え、ブライアン・レッドマンロルフ・シュトメレンにTS7を与えた。シュトメレンは予選15位、レッドマンは17位となった。決勝はシュトメレンが12位、レッドマンは7位となった[10]。次戦スペインからチームはすべてのマシンをTS9に切り替えた。

チーム・サーティースはコンストラクターズチャンピオンシップで8ポイントを獲得し、2年目のシーズンもランキング8位となった。

1971: スティヒティング・オートレーシズ・ネーダーラント[編集]

スティヒティング・オートレーシズ・ネーダーラントはサーティースからTS7を購入し、地元ドライバーであるジィズ・ヴァン・レネップを起用して1971年オランダグランプリに参戦した。ヴァン・レネップは予選21位、決勝8位を記録した[11]


F1における全成績[編集]

(key) (斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ポイント 順位
1970年 チーム・サーティース フォード コスワースDFV 3.0 V8 F RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
MEX
メキシコの旗
3 8位
ジョン・サーティース Ret 9 Ret Ret 5 Ret 8
デレック・ベル 6
1971年 アウト・モトール・ウント・シュポルト チーム・サーティース フォード コスワースDFV 3.0 V8 F RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
8* 8位
ロルフ・シュトメレン 12
チーム・サーティース ブライアン・レッドマン 7
スティヒティング・オートレーシズ・ネーダーラント フォード コスワースDFV 3.0 V8 F ジィズ・ヴァン・レネップ 8
Source:[12]

* すべてのポイントをサーティース・TS9が獲得した。

ノンタイトル戦における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション) (斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8
1970年 チーム・サーティース フォード コスワースDFV 3.0 V8 F ROC INT OUL
ジョン・サーティース 1
1971年 アウト・モトール・ウント・シュポルト チーム・サーティース フォード コスワースDFV 3.0 V8 F ARG ROC QUE SPR INT RIN OUL VIC
ロルフ・シュトメレン 12

参照[編集]

  1. ^ Surtees TS7”. Stats F1. 2016年7月9日閲覧。
  2. ^ Surtees Ford”. Jonathan Davies. 2016年7月9日閲覧。
  3. ^ Grand Prix results, British GP 1970”. 2016年7月7日閲覧。
  4. ^ Grand Prix results, German GP 1970”. 2016年7月7日閲覧。
  5. ^ Grand Prix results, Austrian GP 1970”. 2016年7月7日閲覧。
  6. ^ Grand Prix results, Italian GP 1970”. 2016年7月7日閲覧。
  7. ^ Grand Prix results, Canadian GP 1970”. 2016年7月7日閲覧。
  8. ^ Grand Prix results, United States GP 1970”. 2016年7月7日閲覧。
  9. ^ Grand Prix results, Mexican GP 1970”. 2016年7月7日閲覧。
  10. ^ Grand Prix results, South African GP 1971”. 2016年7月7日閲覧。
  11. ^ Grand Prix results, Dutch GP 1970”. 2016年7月7日閲覧。
  12. ^ Small, Steve (1994). The Guinness Complete Grand Prix Who's Who. Guinness. pp. 52, 309, 227, 363 and 371. ISBN 0851127029.