サーム (シャー・ナーメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サーム (Sām [sɑːm]、سام、またはSaamとも綴られる)は、古代のペルシア神話に登場する英雄で、長編詩『シャー・ナーメ(王書)』においては重要な登場人物の一人である。ザールの父、そしてロスタムの祖父となる。

『アヴェスター』[編集]

サームの名は『アヴェスター』に見られ、英雄クルサースパ(ガルシャースプ)英語版[注釈 1]は彼の家族だとされている[1]

後に成立する『シャー・ナーメ』にもサームが登場するが、そこでのサームと『アヴェスター』でのこのサームとには明確な関係性が認められないという[2]。また、『アヴェスター』にはザールもロスタムも登場しないことから、『シャー・ナーメ』においては作者があえてサームをザール・ロスタムの父・祖父の位置に据えたとも考えられている[3]

『シャー・ナーメ』[編集]

『シャー・ナーメ』において、サームはナリーマン英語版(ナリーマーン)の息子である[4]。ナリーマン家の一族の勇敢さと思慮深さは広く知られており、人々の尊敬を集め、王家の信任も厚かった[5]。過去にを牛頭の鎚矛の一撃で倒していることから、「必殺のサーム」[6]「一撃のサーム」[7][8]の異名を取っている。

武勲誉れ高き英雄に与えられる「パフラヴァーン」の称号を得ていた[9]サームは、イランフェリドゥーンマヌーチェフル英語版(マヌーチフル)そしてナウザル英語版の各王に仕えた。王子だったマヌーチェフルがフェリドゥーンの息子を成敗する戦いにも付き従い[10][11]、フェリドゥーンの死後はマヌーチェフルの後見を務めた[10][12]

マヌーチェフルの逝去後、ナウザルの王座は腐敗し堕落したため、イランの戦士達はサームにイランの統治を頼んだ。しかしサームは応じず、あくまでもナウザルを支持し、ナウザルにフェリドゥーンとマヌーチェフルの後を継ぐように勧めた。

サームが息子を得た時、赤ん坊の髪も体毛も真っ白であったことから、サームは息子を遠方に捨ててしまった。しかしその息子は、霊鳥スィーモルグによって育てられ、力強い青年となった。息子と再会したサームは自分の過ちを詫び、息子にザールと名付け、自分の支配するザーブリスターン英語版を譲った[13][14][15]。そしてザールがザッハークの子孫にあたる女性との結婚を望んだ際は、この結婚を認めようとしないマヌーチェフル王へ手紙を送り、この取りなしもあって王はザールの結婚を許した[16][17][18]

やがてザールの息子ロスタムが生まれると、サームの元にはロスタムを象った人形が送られ、サームを非常に喜ばせた[19][20][21]。そののち、ロスタムの成長を祝う宴にてザールやロスタムらと楽しく過ごした後、サームは間もなくその生涯を終えた[22]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ガルシャースプ(Garshāsp)は、イラン神話において怪物を倒した英雄の名前である。彼の名前のアヴェスター語形は「クルサースパ (Kərəsāspa)」、そして中世ペルシア語では彼の名前は「Kirsāsp」となる。

出典[編集]

参考文献[編集]

原典資料[編集]

  • フェルドウスィーシャー・ナーメ
    • フィルドゥスィー『王書(シャー・ナーメ) - ペルシア英雄叙事詩』黒柳恒男訳、平凡社東洋文庫 150〉、1969年11月。ISBN 978-4-582-80150-7。
    • フェルドウスィー『王書 - 古代ペルシャの神話・伝説』岡田恵美子訳、岩波書店岩波文庫 赤 786-1〉、1999年4月。ISBN 978-4-00-327861-1。

二次資料[編集]

  • 岡田恵美子『ペルシアの神話 - 光と闇のたたかい』筑摩書房〈世界の神話 5〉、1982年8月。ISBN 978-4-480-32905-9。
  • カーティス, ヴェスタ・サーコーシュ『ペルシャの神話』薩摩竜郎訳、丸善〈丸善ブックス 096〉、2002年2月。ISBN 978-4-621-06096-4。

関連項目[編集]

  • カシャフ川の竜 - サームが過去に戦って倒した竜。マヌーチェフル王宛の手紙の中で自身で言及している
  • 王達の王書 : シャー・ナーメ(英語) - メトロポリタン美術館発行の展示カタログ(PDFとしてオンラインで全体を閲覧できる)。サームに関する資料が掲載されている