サーラール・ジャング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サーラール・ジャング(Salar Jung)は、ニザーム藩王国に有能な宰相として仕えた一族。アラビアメディナが出自のシャイク・オバーセ・カラーニーが、その始祖といわれている。もともと一族は17世紀中頃に、メディナからビジャープル王国に移住し、王国の貴族と婚姻関係を持った。ビジャープル王国の滅亡後、一族はムガル帝国に、さらに転じてニザーム王国 で、大いなる栄誉を与えられた。

 特にサー・サラール・ジャング (Mir Turab Ali Khan, Salar Jung I, 1829-1883)は最も著名な政治家であり、有能な宰相として藩王国の発展に大いに貢献し、英国王室よりサーの称号を授与された最初のインド人となった。

 芸術愛好家としても知られ、現在も彼のコレクションをもとにした「サラールジャング美術館」がハイデラバードにある。

関連項目[編集]