ザクマシンガン山田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザクマシンガン山田
本名 山田祐樹
生年月日 (1979-04-28) 1979年4月28日(38歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県豊川市
血液型 A型
身長 171cm
言語 日本語
方言 共通語
最終学歴 名城大学
コンビ名 ニュータイプ
ザクマシンガン
(※いずれも解散)
事務所 プライム
活動時期 2010年 - (ピンとして)
公式サイト オフィシャルブログ

ザクマシンガン山田(ザクマシンガンやまだ、本名:山田祐樹(やまだ ゆうき)、1979年4月28日 - )は、プライムに所属するピン芸人愛知県豊川市出身[1]。身長171cm、体重65kg。

経歴[編集]

名城大学卒業[1]。かつては、よしもとクリエイティブ・エージェンシー東海支社(名古屋吉本)に所属。学生時代の1999年にデビュー[1]。名古屋吉本時代は、コンビ『ニュータイプ』として活動していた。その後、石川勇樹(いしかわ ゆうき、 (1982-11-22) 1982年11月22日(35歳) - 、名古屋吉本時代はトリオ『777』で活動)と共に『ザクマシンガン』を結成。これらのコンビ名は、山田がアニメ好きであることから、『機動戦士ガンダム』に出て来るもの、言葉から名付けた[1]。ザクマシンガン時代では2009年、「アキバのお笑い2009 アキバ笑い王決定戦」で優勝。トゥインクルコーポレーション所属のゴールドラッシュと共に「ココだけの話」というオタクトークライブを開催していた。この当時のネタは主に漫才で、様々なタイトルに適当に「の」を入れていくものなどがあり、他に「ハイソックス選手権」「著作権コント」などのネタがあった。

ザクマシンガンは2010年に解散。山田はピン芸人『ザクマシンガン山田』として活動[2]

2012年、第3回お笑いハーベスト大賞本選進出[3]

お笑いを本格的に目指そうとしたきっかけは、失恋したショックの中で泣きながら偶然視たテレビのネタ番組で思わず笑い、とても勇気付けられたことからだったと言う[1]

同じ事務所所属の竹岡和範「ふぇありーきっす。」というユニットを組んでの活動も行っている[1]

出演[編集]

テレビ[編集]

以下はコンビ「ザクマシンガン」時代の出演

劇場版アニメ[編集]

ライブ[編集]

  • プライムライブ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(127)】ガンダム大好きピン芸人、ザクマシンガン山田(1/2)”. サンケイスポーツ (2016年9月13日). 2016年9月15日閲覧。
  2. ^ 一方、その後の石川は元フィフティーカーニバルの五十嵐翔とコンビ「フライングマン」で活動していた(『ザクマシンガン石川の日記』2010年8月26日
  3. ^ 優勝は三拍子「第3回お笑いハーベスト大賞」”. お笑いナタリー (2012年7月15日). 2018年3月9日閲覧。