ザッツお台場エンターテイメント!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザッツお台場エンターテイメント!
(第1 - 7夜 ○○○の38年)
ジャンル 特別番組
放送時間 19:00 - 21:24(各144分、7日間延べ1008分)
放送期間 1997年3月31日 - 4月6日(7回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
プロデューサー 渡邉光男
ほか
出演者 各番組を参照
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

ザッツお台場エンターテイメント!』(ザッツおだいばエンターテイメント)は、フジテレビ系列1997年3月31日から同年4月6日までの7日間にわたってゴールデンタイムプライムタイムJST)で生放送された特別番組

番組概要[編集]

1997年3月10日にフジテレビが本社を開局以来38年間拠点にしてきた新宿区河田町から港区台場へ移転、且つFNS28局ネットが完成したのに伴い、河田町本社から放送してきた番組を7日間、各ジャンルテーマに分けて一挙に紹介する特別番組を生放送。フジテレビの開局から移転までの約38年間の名物番組を振り返るとともに、新しい歴史の幕開けにふさわしい番組となった。

各回とも、タイトルは「○○○の38年」(○○○にはジャンルが入る)で、それぞれサブタイトルが付いていた。

編成[編集]

プログラム[編集]

第1夜・歌番組の38年[編集]

「'97夜のヒットスタジオから、HEY!HEY!HEY!まで」

フジテレビの看板歌番組だった『夜のヒットスタジオ』をベースに、新旧人気歌手の競演の他、『夜ヒット』をはじめ、現在も続く『シオノギ ミュージックフェア』から当時の人気番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』まで各種歌番組を紹介した。

司会
出演

(ロサンゼルス)

(V4スタジオ)

(大阪から生中継)

新社屋V4スタジオロサンゼルスの衛星生中継を結んで放送。V4スタジオは河田町旧本社の第6スタジオで放送したものと同じセットを再現、ロサンゼルスからは松田聖子中森明菜ら大物女性アイドルが登場。お台場からは安室奈美恵シャ乱Qらが最新曲を熱唱。KinKi Kidsも大阪からの中継で登場した。『夜ヒット』の膨大なVTRの他、かつてフジテレビで放送した音楽番組も一挙紹介された[2]

オープニング映像は『DELUXE』時代(1985年1989年)のものが使用された。また、『夜ヒット』のメインセットを使って放送した特番はこれが最後となった[3]

かつて、さんま・中井は『夜ヒット』の一夜復活スペシャル、露木は『FNS歌謡祭』の司会を務めていた[4]

第2夜・アニメの38年[編集]

「ダウンタウンの今夜は150分アニメデモミー賞」

日本初の30分テレビアニメシリーズ[5]鉄腕アトム』に始まり、現在でも続く『サザエさん』『ちびまる子ちゃん』や、『マジンガーZ』『科学忍者隊ガッチャマンシリーズ』『タイムボカンシリーズ』『ドカベン』『世界名作劇場』などのフジテレビで放送された人気アニメを一挙に紹介。

アニメデモミー賞と題し、いくつかの部門(ドッキリ賞(キャラクターが悪戯などで脅かす)、ニヒル賞、なにわ賞(関西人のキャラクター)、ラブラブ賞など)にノミネートされたアニメのシーンの中からダウンタウンが受賞作品を決めていった。よくある感動的なシーンを集めたものではなくアニメでしかありえないシーンや面白おかしいシーンばかりを集めて放送した。フジテレビでは上記のような有名なアニメがたくさんあるのだが何故かマイナーな作品ばかりノミネートされていた。そのなかでも『さすらいの太陽』は4つもの部門にノミネートされていた。時間が押した為放送されなかった部門もあった。

また、『ダウンタウンのごっつええ感じ』内で放送されたダウンタウン物語[6]というダウンタウン結成エピソードを『ゲゲゲの鬼太郎』『北斗の拳』制作チーム(東映アニメーション)がアニメの世界観に合わせてアニメ化するコーナー、様々な社長にアニメの主人公を描いてもらうコーナーがあった。

第3夜・ドラマの38年[編集]

東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』など大ヒット作を生み、現在も続くフジテレビドラマ枠の金字塔月9の名作や、『北の国から』『古畑任三郎』などといった名作・ヒット作を振り返った。

木村が警備員に扮して「壮語敬美」(そうごけいび)の名で登場し、田村正和のものまねを、当日ゲスト出演していた田村本人の前で披露したり、田中邦衛のものまねをする小堺一機と即興でコントを繰り広げた(小堺は『北の国から』で田中が演じている黒板五郎の恰好をしていた)。なお、田村は1997年4月期の火9新ドラマ『総理と呼ばないで』主演のため、その番宣を兼ねて出演した。

この日の目玉企画としてSMAPミニドラマが予定されていたが、プロデュースを担当した塩沢浩二(フジテレビプロデューサー、当時)が不祥事を起こしたため企画中止となった。

第4夜・バラエティーの38年[編集]

火曜ワイドスペシャル』で放送された人気作品などを中心に38年を回顧するほか、フジテレビ人気番組に関するクイズなどのコーナーもあった。

※出演者の中には当時15歳以下の者が何名かおり、其の者は労働基準法により途中(21:00頃)退席していった[7]

放送当日、東京ではが降っていたが、オープニングでは雨の中、新社屋を前にチアリーダーがSMAPの「SHAKE」に乗せて踊りを披露した。

西川きよしが、亡き相方の横山やすし[8]に扮装した太平サブローと組んで、懐かしの「やすきよ漫才」を披露した。

第5夜・主題歌の38年[編集]

「ナイナイの歌う新社屋」

フジテレビで放送されたドラマアニメ時代劇などの主題歌を特集。

疑問のコーナーでは、「ドリフ大爆笑』のドリフはなぜ年を取らない?[9]の疑問に対し、加藤茶らが説明。さらに同番組のオープニング・エンディングに登場するスクールメイツメンバー2〜3人が子供連れで出演、撮影当時を振り返った。

銭形平次』の主題歌「銭形平次」を歌った舟木一夫が、平次親分に扮装して熱唱。

また、おニャン子クラブ元メンバーのインタビュー中にとんねるずが乱入するハプニングがあった(とんねるずはかつて『夕やけニャンニャン』の司会を務めていた)。

アニメソングコーナーでは、出演者がメドレー形式で歌ったが、『あしたのジョー』のみ、本家版の尾藤イサオが登場して歌った。

第6夜・お笑いの38年![編集]

オレたちひょうきん族』『欽ドン!』『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』などといった、フジテレビのお家芸ともいえるお笑い番組を一挙紹介。

萩本がゲストで登場し、『欽ドン!良い子悪い子普通の子』のホームコントを再現。また半年前に開始し2018年3月まで21年半続く土曜夜8時枠の人気番組『めちゃ×2イケてるッ!』のメンバー(ナインティナイン、よゐこ極楽とんぼ光浦靖子ほか[10])もゲストで登場。

第7夜・特番の38年[編集]

「特番の特番 スペシャル」

FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島』(『FNSの日(FNS27時間テレビ)』、以後毎年継続)や『新春かくし芸大会』など、フジテレビの年間恒例特別番組の38年を回顧した。

オープニングはタモリ、久本が屋形船からの中継で登場。スクールメイツに出迎えられ登場した後本来はこの場所にオーケストラによる歓迎の音楽演奏を行う予定だったが、当日雨が降ったためにスタジオで行われた。放送期間中、第4夜・第7夜と2度も屋外中継が雨の影響を受ける結果となった[12]

フジテレビ開局初日(1959年3月1日)に放送された開局記念番組の映像も放送。また、タモリがスクールメイツと共に踊る映像や、かつての持ち芸である「四ヶ国語麻雀」を披露するレアな映像も紹介された。

7日間の締めとして、フジテレビ新社屋がロボットに変形し、花火が打ち上がるCGアニメ演出があった。

最終日では第1夜〜第7夜を見ていないとわからない視聴者参加クイズを出題し、7問全問正解した人から1名に「世界一周旅行」をプレゼントした。

『FNSの日』名場面集ではこの日に出演したアナウンサーを紹介した。なお「FNS27時間テレビ」開始以前に入社した山中秀樹川端健嗣も出演しており、「27時間テレビ」以前は朝の看板ワイドショー番組『小川宏ショー[13]で新人アナウンサーの紹介をしたことを語った。

スタッフ[編集]

本番組ではスタッフを制作委員会方式とし「ザッツお台場エンターテイメント!制作委員会」と銘打った[14]

  • プロジェクトプロデューサー:渡邉光男
  • 制作著作:フジテレビ

備考[編集]

  • フジテレビ系列及び日本テレビ系列とのクロスネット局テレビ宮崎テレビ朝日系列とのトリプルネット)のうち、テレビ大分では第2夜、第4夜、第5夜を、テレビ宮崎では第1夜、第5夜、第7夜以外をそれぞれ同時ネットした。両局で同時ネットされなかった回についても深夜もしくは後日遅れネット(録画)で放送されたほか、該当日に近県のフジテレビ系列局を通して視聴できた[15]
  • 東海テレビでは、第5夜、第6夜はプロ野球中日ドラゴンズ中継のため、後日遅れネット(録画)で放送された。
  • 第1夜と第6夜の司会をした明石家さんまは、7日間すべてを通して唯一2回以上司会をした。
  • 7日間とも番組の最後に、お台場新社屋PRのために作った5秒CM「♪お台場チャンネル、フジテレビ」が流された。

関連項目[編集]

主な関連番組[編集]

第1夜
第2夜
第3夜
第4夜
第5夜
第6夜
第7夜

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山形県では山形テレビテレビ朝日系列ネットチェンジして以来4年ぶりのフジテレビ系列局開局。
  2. ^ ただし、『ビッグベストテン』など一部紹介されていない番組もあった。
  3. ^ その後、CS放送(フジテレビ721TWOONE)で過去の夜ヒットの傑作選が放送されたほか、2018年現在は『Love music』などでも夜ヒットのVTRが放送されることがある。
  4. ^ 露木はこの他、古舘伊知郎司会時代の『夜ヒット(DELUXE・SUPER)』においても、古舘不在時(F1実況など)の際に代理司会を務めたことがある。
  5. ^ テレビアニメとしてはそれ以前に『もぐらのアバンチュール』『新しい動画 3つのはなし』『インスタントヒストリー』『おとぎマンガカレンダー』などが放映されている。
  6. ^ 本番組から10年前の1987年毎日放送TBS系関西ローカル)で放送された同名のドラマがあるが、それとは無関係。
  7. ^ 野村佑香前田愛浜丘麻矢ら、当時放映されていたドラマ『木曜の怪談・怪奇倶楽部』のメンバーがそれにあたる。
  8. ^ 本番組放送の前年(1996年1月)、51歳で逝去した。
  9. ^ この時点では、1983年2月15日放送分から使用した第6期バージョンを使用し、既に14年も経っていた。なおこの放送から6年後の2003年12月23日放送の『40年だよ! ドリフ大爆笑』で、第6期開始から20年10ヶ月振りに第7期バージョンを放送したが、これが全員揃ったドリフターズの最後の放送となった(放送から3か月後の2004年3月20日いかりや長介が74歳で逝去)。
  10. ^ 大半は『とぶくすり』時代からのメンバー。
  11. ^ 当時、タモリ司会の昼の長寿番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』で共演、久本は火曜レギュラーだった。
  12. ^ かつては『夜のヒットスタジオ』が屋外公開生放送を実施した際に(1975年の沖縄海洋博覧会、1979年の西武ライオンズ球場(現・メットライフドーム)など)度々悪天候の影響を受けることが多かった。また、この年の『27時間テレビ』も台風の影響を受けた。
  13. ^ 後の『おはよう!ナイスデイ』、現在の『情報プレゼンター とくダネ!』枠。
  14. ^ この手法は、毎年FNS27時間テレビにおける「FNSの日実行委員会」と同様。
  15. ^ 大分県テレビ西日本テレビ新広島テレビ愛媛(当時:愛媛放送)のいずれか、宮崎県テレビ熊本鹿児島テレビが視聴できればすべての回を視聴できた。