ザッツザプレンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザッツザプレンティ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2000年5月26日
ダンスインザダーク
バブルプロスペクター
母の父 Miswaki
生国 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 (有)社台レースホース
調教師 橋口弘次郎栗東
厩務員 池平勉
競走成績
生涯成績 16戦3勝
獲得賞金 4億836万円
勝ち鞍 GI菊花賞(2003年)
GIIIラジオたんぱ杯2歳ステークス(2002年)
テンプレートを表示

ザッツザプレンティ (英語: That's The Plenty) とは日本競走馬2003年の第64回菊花賞優勝馬である。父ダンスインザダークの3年目の産駒で、菊花賞の親子制覇を成し遂げた。馬名は「こいつは最高だ」という意味で、ダンスインザダークの最高傑作になることを期待して命名された。

戦績[編集]

デビューは2歳の2002年11月京都競馬場の芝2000メートルでデビュー勝ち。以降2000メートル以上のレースのみを使われる。2戦目の京都2歳ステークスで2着に入ると、出世競走として知られるラジオたんぱ杯2歳ステークスに勝利する。同競走は1990年の第7回から2002年の第19回まで隔年ごとにGI優勝馬を輩出しており、ザッツザプレンティの勝利はその該当年だった。

2003年の初戦は武豊を迎えて弥生賞に出走。単勝1.5倍の1番人気に支持されるが、レース中に落鉄し0.3秒差の6着に敗退。次走の皐月賞から、同年3月中央競馬へ移籍してきた安藤勝己を鞍上に迎えるも、いいところがなく8着に敗れる。東京優駿(日本ダービー)は7番人気ながら3着に食い込む。

3歳の秋、神戸新聞杯は5着に敗退。三冠最後の菊花賞は東京優駿(日本ダービー)2着で神戸新聞杯を圧勝したゼンノロブロイ、皐月賞2着のサクラプレジデント、春の二冠馬ネオユニヴァースら神戸新聞杯の上位3頭が人気を集めたが、4コーナーで先頭に立つと、リンカーン、ネオユニヴァースの追い込みを封じて勝利した。なお、この勝利はサンデーサイレンス孫世代で初のGI勝利である。重馬場となったジャパンカップでは、タップダンスシチーに9馬身離された2着に敗れるが、再度ネオユニヴァースに先着する。有馬記念引っ掛かって先頭に立つなど調子を発揮できなかったため12頭立ての11着に敗れる。

2004年の初戦は阪神大賞典に出走し、リンカーンの2着。天皇賞(春)では3番人気の自身を始め、ネオユニヴァース、リンカーン、ゼンノロブロイの4歳馬4頭が上位人気に推されるが、イングランディーレの大逃げの前に16着に敗れる。金鯱賞で3着、宝塚記念で5着となった後、右前屈腱炎を発症し戦線を離れる。2005年大阪-ハンブルクカップで復帰し4着。天皇賞(春)は岩田康誠騎乗で7番人気だったが10着に敗れた。レース後屈腱炎を再発し、引退が決まった。

引退後[編集]

2006年度より社台スタリオンステーションで供用され、2007年よりレックススタッドに移動した。産駒は2009年にデビューを迎え、2009年8月9日にシーズバレンタインが新潟競馬で優勝しJRA初勝利。しかし、2008年には早くも種付け頭数が一桁になるなど人気が出ず、これといった有力な産駒も現れていなかった。そのため、2010年の種付けシーズン終了後に種牡馬を引退。ノーザンホースパークで乗馬となる。その際、去勢手術を施され、せん馬になった[1]。現在は南幌ライディングパークで繋養されている。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2002. 11. 2 京都 2歳新馬 10 8 10 17.3(4人) 1着 河内洋 54 芝2000m(良) 2:01.8 (35.1) -0.6 (スズカドリーム)
11. 23 京都 京都2歳S OP 10 1 1 3.3(2人) 2着 後藤浩輝 55 芝2000m(良) 2:01.2 (35.4) 0.1 エイシンチャンプ
12. 21 阪神 ラジオたんぱ杯2歳S GIII 14 5 9 5.2(2人) 1着 河内洋 55 芝2000m(不) 2:04.5 (36.7) -0.7 (チキリテイオー)
2003. 3. 9 中山 弥生賞 GII 11 2 2 1.5(1人) 6着 武豊 56 芝2200m(良) 2:02.6 (35.6) 0.3 エイシンチャンプ
4. 20 中山 皐月賞 GI 18 6 11 6.6(5人) 8着 安藤勝己 57 芝2000m(良) 2:02.2 (35.5) 1.0 ネオユニヴァース
6. 1 東京 東京優駿 GI 18 8 18 25.4(7人) 3着 安藤勝己 57 芝2400m(重) 2:28.7 (35.7) 0.2 ネオユニヴァース
9. 28 阪神 神戸新聞杯 GII 13 4 5 10.0(4人) 5着 安藤勝己 56 芝2000m(良) 2:00.4 (35.5) 0.9 ゼンノロブロイ
10. 26 京都 菊花賞 GI 18 4 8 20.5(5人) 1着 安藤勝己 57 芝3000m(良) 3:04.8(35.8) -0.1 リンカーン
11. 30 東京 ジャパンC GI 18 2 4 14.0(5人) 2着 安藤勝己 55 芝2400m(重) 2.30.2 (33.9) 1.5 タップダンスシチー
12. 28 中山 有馬記念 GI 12 6 8 8.7(5人) 11着 安藤勝己 55 芝2500m(良) 2.34.2 (39.3) 3.7 シンボリクリスエス
2004. 3. 21 阪神 阪神大賞典 GII 9 5 5 3.0(2人) 2着 安藤勝己 58 芝3000m(良) 3:08.6 (34.9) 0.2 リンカーン
5. 2 京都 天皇賞(春) GI 18 1 1 5.0(3人) 16着 安藤勝己 58 芝3200m(良) 3:20.8 (36.2) 2.4 イングランディーレ
5. 29 中京 金鯱賞 GII 12 6 8 4.3(2人) 3着 安藤勝己 59 芝2000m(良) 1:57.9 (35.1) 0.4 タップダンスシチー
6. 27 阪神 宝塚記念 GI 15 3 5 10.8(5人) 5着 M.デムーロ 58 芝2200m(良) 2:12.0 (35.8) 0.9 タップダンスシチー
2005. 4. 9 京都 大阪-ハンブルクC OP 12 5 6 3.6(1人) 2着 M.デムーロ 59 芝2500m(良) 2:32.7 (34.8) 0.2 ビックゴールド
5. 1 京都 天皇賞(春) GI 18 1 1 11.8(7人) 10着 岩田康誠 58 芝3200m(良) 3.17.3 (35.3) 0.8 スズカマンボ

血統表[編集]

ザッツザプレンティ血統(サンデーサイレンス系) / (Northern Dancer4×4=12.5%) (血統表の出典)

ダンスインザダーク
1993 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ダンシングキイ
Dancing Key
1983 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Key Partner Key to the Mint
Native Partner

*バブルプロスペクター
Bubble Prospector
1984 栗毛
Miswaki
1978 栗毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Hopespringseternal Buckpasser
Rose Bower
母の母
*バブルカンパニー
Bubble Company
1977 栗毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Prodice Prominer
Euridice F-No.1-b


脚注[編集]