ザバイカリエ鉄道支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロシア鉄道ザバイカリエ鉄道支社
Филиал ОАО «РЖД» - Забайкальская железная дорога
9703 chita station.jpg
チタII駅
設置 1961年
(ソビエト社会主義共和国連邦運輸通信省)
支社所在地 ロシアの旗ロシア連邦
チタ市
電信コード Заб
路線総延長 3,336.1km

ザバイカリエ鉄道支社ロシア語: Забайкальская железная дорога[1])は、チタに本部を置き、シベリア連邦管区に属するザバイカリエ地方極東連邦管区に属するアムール州を管轄するロシア鉄道の支社である[2]。本線は1895年と1905年の間にシベリア鉄道の一部として建設された。この路線は、西側でバイカル湖岸鉄道と、東側で東清鉄道と接続している。この鉄道は1936年と1943年の間ヴャチェスラフ・モロトフの名前を冠していた。1959年にアムール鉄道がネットワークの一部になった 。2009年時点で、従業員数は46,741名、路線延長は3,336.1 kmである[3]

路線[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]