ザルネシュティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ザルネシュティ
—    —

紋章
ザルネシュティの位置(ルーマニア内)
ザルネシュティ
ザルネシュティ
ザルネシュティの位置図
座標: 北緯45度34分 東経25度20分 / 北緯45.567度 東経25.333度 / 45.567; 25.333
ルーマニアの旗 ルーマニア
ブラショヴ県
区分
行政
 - 町長 ドレル・ヴァレリウ・ブルラデアヌ (社会民主党)
面積
 - 計 204.75km2 (79.1mi2)
人口 (2002年)
 - 計 26,520人
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
 - 夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
ウェブサイト www.zarnesti.net/

ザルネシュティルーマニア語: Zărnești)は、ルーマニアブラショヴ県にある町。人口2万6520人。ドイツ語モルケンドルフ (Molkendorf)、ハンガリー語ゼルネシュト (Zernest)。トハヌ・ノウ (Tohanu Nou) の一村の行政もカバーする。

トランシルヴァニアアルプス山脈の一部、ピアトラ・クライウルイ山地のふもとに位置する。ピアトラ・クライウルイ国立公園の玄関口として、多くの観光客やハイカーが訪れる。

歴史[編集]

古代ローマ時代、現在のザルネシュティには第13軍団ゲミナの兵士が葬られた。1373年に Zârna として初めて記録上に現れ、1395年の文献には possessio regalis Zerne とある。1437年以降には ZernaVilla CzerneZernyest といった表記もみられる。

現在のザルネシュティは、旧市街と同じ場所に発達した。町内のトハンはルーマニアで最も歴史ある村落のひとつで、名前も古来より変わっていない。

1951年にザルネシュティが町制施行されると、トハヌル・ヴェキ(旧トハン)はそれに編入された。1968年にはトハヌル・ノウ(新トハン)のコミュニティがザルネシュティの中心部に含まれた。

その地形の多様性から、住民は古来より農業で生計を立ててきた。産業化は1800年代にはじまり、1852年に製紙工場が、1936年に工廠が建てられた。これらの計画で、ザルネシュティは田園地帯から都市に変ぼうを遂げた。

ソビエト連邦の支配下で町は大いに発展し、人口は2万5000人に到達、近隣の村々のそれも同様に増加した。しかし1989年のルーマニア革命後に工場は閉鎖され、民間に払い下げられた。

近年、ザルネシュティは観光客の急増に沸いており、高どまりする失業率の緩和にも一役買っている。観光業は町にとって将来有望なセクターになっている。

出身有名人[編集]

  • ラレシュ・マネア - スキー登山家
  • ディミトル・フルンク - スキー登山家
  • イオヌツ・ガリツェアヌ - スキー登山家
  • トライアン・モショイウ - 軍人

ギャラリー[編集]