ザ・サウンズ・オブ・ザ・ワールズ・ラングウィッジーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
The Sounds of the World's Languages
著者
言語 英語
題材 音声学
出版社 ワイリー-ブラックウェル
出版日 1996年2月
ページ数 407
ISBN 0-631-19814-8

The Sounds of the World's Languages』(世界の言語の音)は、ピーター・ラディフォギッドイアン・マディソンによる1996年の書籍である。SOWLと略されることがある[1]。本書は、自然言語の音のパターンの世界的な調査を記録したものである[2][3][4]。著者ら自身のフィールドワークと実験、および既存の文献をもとに、300以上の言語母音子音調音英語版音響を記述している[5]音声学の分野では著名な参考文献である[6][7][8]

本書の目的と基礎となる枠組みの議論に続いて、音の記述は、閉鎖音鼻音および鼻音化された子音、摩擦音側面音R音吸着音母音、ならびに複合的な調音動作英語版の章に分けられ、その後、データの音韻論的な意味合いについての議論が続く。

出典[編集]

  1. ^ Kaye, Alan S. (2006). “An interview with Peter Ladefoged”. Journal of the International Phonetic Association 36 (2): 137–144. doi:10.1017/S0025100306002519. 
  2. ^ Nathan, Geoffrey S. (1998). “The sounds of the world's languages. By Peter Ladefoged and Ian Maddieson.”. Language 74 (2): 374–376. doi:10.1353/lan.1998.0168. JSTOR 417875. 
  3. ^ Rischel, Jørgen (1998). “Review: The Sounds of the World’s Languages – Peter Ladefoged and Ian Maddieson”. Journal of Phonetics 26 (4): 411–421. doi:10.1006/jpho.1998.0083. 
  4. ^ Davis, Katherine (1998). “Peter Ladefoged & Ian Maddieson, The sounds of the world's languages”. Journal of Linguistics 34 (1): 261–264. doi:10.1017/S0022226797276899. 
  5. ^ Maddieson, Ian (2007). “Peter Ladefoged”. Language 83 (1): 181–188. doi:10.1353/lan.2007.0030. JSTOR 4490341. 
  6. ^ Fox, Margalit (2006年2月8日). “Peter Ladefoged, 80, Linguist Who Was Immersed in Speech, Is Dead”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2006/02/08/arts/peter-ladefoged-80-linguist-who-was-immersed-in-speech-is-dead.html 2020年7月6日閲覧。 
  7. ^ Nelson, Valerie J. (2006年1月28日). “Peter Ladefoged, 80; Documented Endangered Languages”. Los Angeles Times. https://www.latimes.com/archives/la-xpm-2006-jan-28-me-ladefoged28-story.html 2020年7月6日閲覧。 
  8. ^ Keating, Patricia A. (5 November 2012). “Ladefoged, Peter”. In Chapelle, Carol A.. The Encyclopedia of Applied Linguistics. Wiley. doi:10.1002/9781405198431.wbeal0594