ザ・ストリーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・ストリーツ
The Streets
Mike Skinner of The Streets live at Parklife, Sydney 2011 02.jpg
The Streets 2011年
基本情報
出生名 Jermaine Lamarr Cole
出身地 イギリスの旗 イギリス, バーミンガム
ジャンル UKガラージ
ヒップホップ
エレクトロニカ
職業 ラッパー, 音楽プロデューサー
活動期間 1994年 - 2011年
2017年 -
レーベル Locked On、679 Recordings、Vice、AtlanticWarner MusicIsland Records
共同作業者 the-streets.co.uk
メンバー マイク・スキナー

ザ・ストリーツ (The Streets) は、イギリスバーミンガム出身のラッパーマイク・スキナーMike Skinner)によるヒップホップ・プロジェクトである。

来歴[編集]

ザ・ストリーツことマイク・スキナー(2006年)

2002年、アルバム『オリジナル・パイレート・マテリアル』(Original Pirate Material)でデビュー。当時、アメリカを中心に世界的に全盛を迎えていたヒップホップシーンにおいて、アメリカ勢とは違った「英国のヒップホップ」を体現する存在としてストリーツの登場は大きな称賛をもって迎えられた[1]

2004年に発表した2ndアルバム『ア・グランド・ドント・カム・フォー・フリー』(A Grand Don't Come for Free)では、1枚のアルバムを通して、様々なキャラクターの青春群像劇を綴ったその高いストーリー性、文学性が絶賛され、全英1位を獲得[2]。全世界で300万枚のプラチナム・セールスを記録する大ヒットとなった。

この際、世界ツアーの一環で来日。フジロック・フェスティバルへも出演している。

その後、スターダムにのし上がった自らの悲哀やセレブリティへの風刺をテーマとした3rdアルバム『ザ・ハーディスト・ウェイ・トゥ・メイク・アン・イージー・リヴィング』(The Hardest Way to Make an Easy Living)を2006年にリリース。全英1位を記録した[3]

2008年、4作目のアルバム『エヴリシング・イズ・ ボロウド』(Everything Is Borrowed)をリリース[4]

2011年初旬、ミックステープ『Cyberspace and Reds』と5作目のアルバム『コンピューターズ・アンド・ブルース』(Computers and Blues)を立て続けにリリースする[5]

その後ザ・ストリーツの活動を休止し、マイク・スキナーはザ・ミュージックのRob Harveyと新プロジェクトThe D.O.T.を結成。2012年にアルバム『And That 』、2013年に2作目『Diary』を発表する。2013年にはTHE D.O.T.として来日公演も行なっている[6]

2017年、ザ・ストリーツとして久々の新曲を発表。2018年に7年ぶりにツアーを再開し復活を果たす[7]

2020年7月、9年ぶりの新作となるミックステープ『None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive』をIsland Recordsからリリースする[8]

評価と影響[編集]

機知に富んだ歌詞とバラエティ豊かなトラック・メイクは高い評価を得ており、デビュー当時は「英国のエミネム」とも形容された[9]。デビュー以降、英国を代表するラッパーへと成長すると同時に、後続のミュージシャン達を自身のレーベルに迎え入れたり、プロデュースを担当するなど英国ストリート界をリードする存在としても認知されている。

畑こそ違えど、ハード・ファイジ・オーディナリー・ボーイズアークティック・モンキーズなどの気鋭のバンドで活況を呈した2000年代中盤のUKインディー・ロック・シーンへ与えた影響も大きいと指摘されている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK
[10]
AUS
[11]
BEL
[12]
FRA
[13]
GER
[14]
IRE
[15]
NOR
[16]
NZ
[17]
SWI
[18]
US
[19]
2002 Original Pirate Material
  • 発売日: 2002年5月25日
  • レーベル: Locked On, 679
  • フォーマット: CD, LP, digital download
10 57 97 6 10 36
2004 A Grand Don't Come for Free
  • 発売日: 2004年5月18日
  • レーベル: Locked On, 679
  • フォーマット: CD, LP, digital download
1 11 22 38 25 1 5 7 34 82
2006 The Hardest Way to Make an Easy Living
  • 発売日: 2006年4月10日
  • レーベル: Locked On
  • フォーマット: CD, LP, digital download
1 16 19 122 25 3 10 21 19 68
  • UK: ゴールド[20]
  • IRE: ゴールド[23]
2008 Everything Is Borrowed
  • 発売日: 2008年9月15日
  • レーベル: 679, Vice
  • フォーマット: CD, LP, digital download
7 55 28 99 58 19 19 154
  • UK: シルバー[20]
2011 Computers and Blues
  • 発売日: 2011年2月7日
  • レーベル: 679, Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, digital download
8 49 59 138 45 22 37 32 18
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

日本公演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Saguy, Abigail C. (2020-02-20). Come Out, Come Out, Whoever You Are. Oxford University Press. pp. 10-29. ISBN 978-0-19-093165-0. https://doi.org/10.1093/oso/9780190931650.003.0002 
  2. ^ a grand don't come for free | full Official Chart History | Official Charts Company” (英語). www.officialcharts.com. 2020年4月14日閲覧。
  3. ^ the hardest way to make an easy living | full Official Chart History | Official Charts Company” (英語). www.officialcharts.com. 2020年4月14日閲覧。
  4. ^ Music - News - The Streets to split after fifth album - Digital Spy”. web.archive.org (2009年1月7日). 2020年4月14日閲覧。
  5. ^ ***cyberspace and reds*** | The Streets”. web.archive.org (2010年12月2日). 2020年4月14日閲覧。
  6. ^ ザ・ミュージック+ザ・ストリーツのTHE D.O.T、6月に来日公演を開催” (日本語). amass. 2020年4月14日閲覧。
  7. ^ ザ・ストリーツ、再始動が決定。2018年のツアー日程を発表 | NME Japan” (jp). nme-jp.com. 2020年4月14日閲覧。
  8. ^ The Streets、Tame Impala など豪華ゲストを迎えたミックステープを 7/10 リリース! | indienative” (日本語). 2020年4月14日閲覧。
  9. ^ Kenneth Partridge "Americans were bound to hate The Streets' Original Pirate Material" 2015/2/17
  10. ^ Streets (select "Albums" tab)”. Official Charts Company. 2013年5月31日閲覧。
  11. ^ Peak chart positions for albums in Australia:
  12. ^ Discografie The Streets” (Dutch). 'ultratop.be'. Hung Medien. 2013年5月31日閲覧。
  13. ^ Discographie The Streets” (French). 'lescharts.com'. Hung Medien. 2013年5月31日閲覧。
  14. ^ Chartverfolgung / The Streets / Longplay” (German). 'musicline.de'. Media Control Charts. 2013年5月31日閲覧。
  15. ^ Discography The Streets”. 'irish-charts.com'. Hung Medien. 2013年5月31日閲覧。
  16. ^ Discography The Streets”. 'norwegiancharts.com'. Hung Medien. 2013年5月31日閲覧。
  17. ^ Discography The Streets”. 'charts.org.nz'. Hung Medien. 2013年5月31日閲覧。
  18. ^ Discography The Streets”. 'swisscharts.com'. Hung Medien. 2013年5月31日閲覧。
  19. ^ The Streets - Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年5月31日閲覧。
  20. ^ a b c d Certified Awards (enter "The Streets" into the "Keywords" box, then select "Search")”. British Phonographic Industry. 2013年5月31日閲覧。
  21. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2004 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2013年5月31日閲覧。
  22. ^ Top 40 Albums Chart: Chart #1423 (Monday 30 August 2004)”. Recording Industry Association of New Zealand. 2013年5月31日閲覧。
  23. ^ 2006 Certification Awards - Gold”. Irish Recorded Music Association. 2013年5月31日閲覧。