ザ・トランスポーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・トランスポーター
El Niño
監督 ダニエル・モンソン英語版
脚本 ダニエル・モンソン英語版
ホルヘ・ゲリカエチェバリア英語版
製作 アルバロ・アグスティン
ジスラン・バロワ
ボルハ・ペナ
エドモン・ロシュ
ハビエル・ウガルテ
出演者 ルイス・トサール
ヘスース・カストロ
エドゥアルド・フェルナンデス
セルジ・ロペス
バルバラ・レニー
音楽 ロケ・バニョス
撮影 カルラス・グシ
製作会社 Ikiru Films
La Ferme! Productions
Maestranza Films
Telecinco Cinema
StudioCanal
公開 スペインの旗 2014年8月29日
上映時間 136分
製作国 スペインの旗 スペイン
フランスの旗 フランス
言語 スペイン語
テンプレートを表示

ザ・トランスポーター』(スペイン語: El Niño)は、2014年に公開されたスペインスリラー映画

プロット[編集]

舞台はイベリア半島アフリカ大陸を隔てるジブラルタル海峡である。エル・ニーニョは親友のコンピとともに麻薬の運び屋をしていたが、一帯を牛耳る麻薬組織にコンピが監禁される。この組織を長年調査している麻薬捜査官のヘスース刑事らも絡み、ニーニョとコンピは絶体絶命の窮地に陥る。[1]

キャスト[編集]

製作・公開[編集]

監督は『プリズン211』でゴヤ賞作品賞を受賞したダニエル・モンソン英語版。脚本はモンソンに加えて、『スガラムルディの魔女』などを担当したホルヘ・ゲリカエチェバリア英語版。主演はヘスース・カストロと、『プリズン211』でもモンソン監督と組んだルイス・トサールジブラルタル海峡アルヘシラス、モロッコ・タンジェなどで撮影が行われた。撮影には本物の特殊部隊用ヘリコプターや治安警察官を用いている[1]

スペインでは2014年8月29日に封切られ、2週連続興行収入1位[1]、2014年のオープニング興行収入第1位[2]となった。2014年10月には日本のラテンビート映画祭で『エル・ニーニョ』というタイトルで公開された。日本での一般劇場公開はなく、2015年5月にトランスフォーマーが『ザ・トランスポーター』というタイトルでDVDを制作した。

評価[編集]

第2回フェロス賞では3部門にノミネートされたが無冠に終わった。2014年度(2015年2月)の第29回ゴヤ賞では、作品賞・監督賞・脚本賞を含む16部門にノミネートされた。プロダクション賞、音響賞、特殊効果賞、音楽賞の4部門で受賞した。この年のゴヤ賞は『マーシュランド』が作品賞・監督賞・脚本賞を含む10部門で受賞している。

受賞とノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果
第2回フェロス賞[3] 助演男優賞 ヘスース・カロサ ノミネート
エドゥアルド・フェルナンデス ノミネート
サウンドトラック賞 ロケ・バニョス英語版 ノミネート
第29回ゴヤ賞[4] 作品賞 ノミネート
監督賞 ダニエル・モンソン英語版 ノミネート
脚本賞 ダニエル・モンソン英語版
ホルヘ・ゲリカエチェバリア英語版
ノミネート
助演男優賞 エドゥアルド・フェルナンデス ノミネート
助演女優賞 バルバラ・レニー ノミネート
新人男優賞 ヘスース・カストロ ノミネート
撮影賞 カルラス・グシ ノミネート
編集賞 マパ・パストール ノミネート
美術賞 アントン・ラグーナ ノミネート
プロダクション賞 エドモン・ロッチ
トニ・ノベーリャ
受賞
音響賞 セルジオ・ブルマン
マルク・オルツ
ウルオール・タラゴー
受賞
特殊効果賞 ラウール・ロマニーリョス
ギリェルモ・オルベ
受賞
衣装デザイン賞 タティアナ・エルナンデス ノミネート
メイキャップ&ヘアメイク賞 ラケル・フィダゴ
ダビド・マルティ
ノエ・モンテス
ノミネート
作曲賞 ロケ・バニョス英語版 ノミネート
歌曲賞 インディア・マルティネス英語版
リキ・リベラ
ダビド・サンティステバン
受賞

脚注[編集]

  1. ^ a b c ザ・トランスポーター”. トランスフォーマー. 2016年3月11日閲覧。
  2. ^ ザ・トランスポーター”. WOWOW. 2016年3月11日閲覧。
  3. ^ Lista de nominados a los Premios Feroz 2015” (Spanish). フェロス賞 (2014年12月17日). 2014年1月8日閲覧。
  4. ^ Candidaturas - El Niño” (Spanish). ゴヤ賞. 2014年1月8日閲覧。