ザ・バロン (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ザ・バロン』(: The Baron)は、1966年から1967年までイギリスで放送されていたインコーポレイテッド・テレヴィジョン・カンパニー英語版配給のテレビドラマシリーズである。

概要[編集]

1937年にイギリスで発表されたアンソニー・モートン(本名:ジョン・クリーシー)の作品『Meet the Baron』をベースに、1966年から30本制作された一話完結型のスパイドラマ。この原作は、戦前にも日本で雑誌『新青年』特別増刊号で『暗闇男爵』として紹介されている。

日本では、1966年5月4日から同年8月3日までフジテレビで放送されていた。放送時間は毎週水曜 22:00 - 23:00 (日本標準時)。

ストーリー[編集]

アメリカテキサス出身のジョン・マネリングは、ロンドンパリワシントンD.C.の三大都市を股にかけて国際的に活躍する美術骨董品商。そのエレガントな物腰からバロン(男爵)と呼ばれている。その裏の顔は、イギリスの国際諜報部のよき協力者であり、助手のデビッド、やり手の諜報員インテリのジョン・アレクサンダーと女スパイのコーデリア等3人であらゆる国際問題を解決している。

キャスト[編集]

ジョン・マネリング(通称バロン)
演:スティーヴ・フォレスト / 日本語吹き替え:小林修
コーデリア・ウィンフィールド
演:スー・ロイド英語版 / 日本語吹き替え:森ひろ子
ジョン・アレクサンダー・テンプルトン=グリーン
演:コリン・ゴードン英語版 / 日本語吹き替え:不明
デビッド・マーロウ
演:ポール・フェリス英語版 / 日本語吹き替え:城達也

スタッフ[編集]

  • 制作指揮プロデューサー:モンティ・バーマン英語版
  • 音楽:エドウィン・アストリー英語版

エピソード[編集]

日本での
放送順
エピソード 制作順 エピソード原題
01 ファバジェの宝石 04 Diplomatic Immunity
02 勇者に捧ぐる詩 01 Epitaph for a Hero
03 黄金の脱出 02 Red Horse, Red Rider
04 悪魔の遺産 13 A Memory of Evil
05 10万ポンドの脅迫 07 The Persuaders
06 祖国の敵 10 Enemy of the State
07 俺がバロンだ 14 Masquerade
08 王冠を狙う男 15 The Killing
09 死を売る女 12 And Suddenly You're Dead
10 出獄者を追え
以降は、フジテレビでの初回放送時にタイトルとして「バロン登場」とされた[要説明]
11 黒真珠の影
12 脅迫者は誰だ
13 狂気の執念
14 ローマの女
15 証人を消せ
16 コーデリア行方不明
17 わな
18 賭け
19 死神に憑かれた女
20 呪いの館
21 謎の微笑
22 呪いの宝石
23 緑の迷路 23 The Maze
24 大統領夫人の悩み
25 嵐の前夜(前編) 25 Storm Warning
26 謎の島(後編) 26 The Island
27 美女と麻薬
28 悪霊は招く 29 The Man Outside
29 600万ポンドの偽札 30 Countdown
30 コレリーの剣 05 Farewell to Yesterday

備考[編集]

  • モートンの原作ではバロンは生粋のイギリス人であり、既婚者である。
  • CSチャンネルのスーパー!ドラマTVで全話が繰り返し再放送されている。
フジテレビ 水曜22:00枠
前番組 番組名 次番組
信託水曜劇場
(1965年10月6日 - 1966年4月6日)
※22:00 - 22:45
ニッポン特派員
(1965年10月6日 - 1966年4月27日)
※22:45 - 23:00、月曜22:45枠へ移動
ザ・バロン
(1966年5月4日 - 1966年8月3日)
高倉健シリーズ
(1966年8月10日 - 1966年9月28日)