ザ・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ヒル
The Hill logo.jpeg
種別 日刊新聞(議会開会期間中)
判型 タブロイド
所有者 キャピトル・ヒル・パブリシング・コーポレーション(ニュース・コミュニケーションズ子会社)
発行者 アダム・プレイサー
編集者 ボブ・キューザック[1]
編集主幹 イアン・スワンソン[1]
画像編集者 グレグ・ナッシュ
設立 1994年 (1994)
本社所在地 ワシントンD.C, U.S.
発行数 24,000部 (2012年12月)[2]
ISSN 1521-1568
ウェブサイト thehill.com

ザ・ヒル英語: The Hill)はワシントンD.C.で1994年から発刊しているアメリカ合衆国の政治専門紙[3][4][5]。ニュース・コミュニケーションズ子会社のキャピトル・ヒル・パブリシングが発刊している。

政治、政策、ビジネス、国際関係を横断的に取り上げており、アメリカ合衆国議会ホワイトハウス、連邦選挙を取材している。サイバーセキュリティ、国防、エネルギー・環境、金融、医療、国家安全保障、技術、通信において一貫した方針を持っている。

歴史[編集]

ザ・ヒルの最初の編集長はニューヨーク・タイムズで長年ワシントン特派員を務めたマーティン・トルチン[5]

2003年、ニューヨーク市香港東京都、ワシントンで外国特派員、デイリー・テレグラフロンドン)で産業面編集主任を歴任し、トロントナショナル・ポストの創立に携わり、編集長を務めたユーゴ・ガードン[4]が編集主幹となった。ガードンはザ・ヒルを議会開会中の日刊紙から週刊紙に転換した。2014年、ガードンはワシントン・エグザミナー英語版に転籍し、後任の編集主幹はボブ・キューザックが就任した[1]

発行部数は24,000部でキャピトル・ヒル・パブリシングの出版物の中では最多の発行部数を誇る[4]。ニュースサイトも運営しており、政治政策について6つのブロックに分けて詳報している。

現在のコラムニスト[編集]

  • A. B. ストダード
  • ブレント・ブドゥスティ
  • ラニー・デイビス
  • ジョン・フィエリー
  • ジャド・アラン・グレッグ
  • マーク・メルマン
  • ディック・モリス
  • マルコス・モーリサス
  • ケイティ・パブリック
  • ビル・プレス
  • デイビッド・ウェブ
  • ジャン・ウィリアムズ

過去のコラムニスト[編集]

  • ジェームズ・カービル
  • ロン・クリスティ
  • デイビッド・キーン
  • ジョシュ・マーシャル
  • バイロン・ヨーク

脚註[編集]

  1. ^ a b c Yingling, Jennifer (2014年7月28日). “The Hill names Bob Cusack Editor in Chief”. The Hill. http://thehill.com/homenews/news/213489-the-hill-names-bob-cusack-editor-in-chief 2014年8月7日閲覧。 
  2. ^ The Hill: ‘An investment in the arts is an investment in economic growth’”. Americans for the Arts Action Fund (2015年2月). 2015年6月20日閲覧。
  3. ^ Contact Us”. The Hills. 1994年5月25日閲覧。
  4. ^ a b c Who we are”. The Hills. 1994年5月25日閲覧。
  5. ^ a b “New paper to vie for readers on Capitol Hill”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1994/05/25/us/new-paper-to-vie-for-readers-on-capitol-hill.html 1994年5月25日閲覧。