ザ・ヒロサワ・シティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ザ・ヒロサワ・シティは、茨城県筑西市にあるテーマパーク鉄道車両の保存を行っていることで知られる。

概要[編集]

所有・運営は、金属プレス加工や精密金型の製作会社「広沢製作所」(現:廣澤精機製作所)を母体とした、総合企業グループ「広沢グループ」。

広沢グループの代表である廣澤清が50代から構想し、100万平方メートルの敷地に拡張を続けている[1]

2020年には隈研吾設計の広沢新美術館が開館する予定。横山大観板谷波山らの美術品約2500点を収蔵する。

2021年には前年に国立科学博物館収蔵品YS-11を移設したことから発展し、国立科学博物館と共に一般財団法人科博広沢航空博物館の設立を発表した[2]

施設[編集]

展示物[編集]

鉄道車両[編集]

レールパークでは11両の車両が各方面から譲渡され、展示されている[3]

科博広沢航空博物館[編集]

2021年3月、航空関係展示物を扱う博物館として、国立科学博物館と共同設立[2]。前年に移設されたYS-11[7]から発展し、国立科学博物館の航空関係収蔵品を移設展示することとなった[8]

展示予定物 [8][編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯36度17分37秒 東経140度01分10秒 / 北緯36.293541度 東経140.019566度 / 36.293541; 140.019566