ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years
The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years
監督 ロン・ハワード
脚本 マーク・モンロー
製作
出演者
音楽 ビートルズ
編集 ポール・クローダー英語版
製作会社
配給
公開 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 2016年9月15日
日本の旗 2016年9月22日[1]
上映時間 97分[2]
製作国
言語 英語
製作費 $5,000,000[3]
興行収入 世界の旗 $12,300,000[2]
テンプレートを表示

ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years』(ザ・ビートルズ〜エイト・デイズ・ア・ウィーク - ザ・ツーリング イヤーズ、原題:The Beatles: Eight Days a Week – The Touring Years)は、2016年イギリスアメリカで制作されたドキュメンタリー映画である。1962年キャヴァーン・クラブ公演から1966年のバンド最後のライブとなったサンフランシスコでの公演までのツアー期のビートルズの様子を描いた内容となっている。監督はロン・ハワード

アップル・コア公式作品としては、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』以来約21年ぶりの作品で、当時はモノクロとなっていた映像がカラー化したほか、ポール・マッカートニーリンゴ・スターらのインタビュー映像[注 1]が含まれている[4]

映画は、イギリスとアメリカで2016年9月15日、日本では9月22日に公開され、9月17日よりHuluでのストリーミング配信が開始された。

制作[編集]

映画は、ポール・マッカートニーリンゴ・スター、さらにジョン・レノンジョージ・ハリスンの未亡人であるオノ・ヨーコとオリヴィア・ハリスンの協力のもとで制作された[5][6]。本作の監督であるロン・ハワードは、ブライアン・グレイザー、スコット・パスクチ、ナイジェル・シンクレアらと共にプロデューサーを務めている[7]。脚本はマーク・モンロー、編集はポール・クローダーが担当[7]

映画公開前に、1965年8月15日シェイ・スタジアムでのライブ映像が同時上映されることが発表された。このライブ映像は、当時の音楽映像では最高の技術となる14台の35mmカメラを使用して撮影されており、映像にはこれまで未公開とされていたファンによって撮影された16mmカラー映像も含まれている[4]。映画内では、4Kリマスターで編集され、本編に合わせて2Kで公開された[4]。サウンドは、ジェイルズ・マーティンによってリマスターが施されている[8]

本作の公式ポスターに使用された写真は、1964年8月22日ワシントン州シアトル・タコマ国際空港からカナダバンクーバへ向かう航空機のタラップで撮影されたもので、本作と同時期にリリースされたライブ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』のジャケットにも使用された。日本限定デザインのティザーポスターに使用された写真は、オフィシャルカメラマンとして日本武道館公演に同行していたボブ・ウィテカーが撮影したモノクロ写真で、メンバー4人が武道館のステージに上がる後ろ姿が写っている[9]

リリース[編集]

2016年5月4日に、Huluが新設したドキュメンタリー映画部門「Huluドキュメンタリーフィルムズ」の第1弾作品として北米における配給権と配信権を獲得したことが発表された[10]。映画は9月15日に劇場公開されたのち、17日よりストリーミング配信が開始された[7]

本作の公開に合わせて、1977年5月に発売されたライブ・アルバム『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』のリミックス・リマスター盤が、アナログ盤では未収録となっていた4曲を追加収録して「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」というタイトルで再発売された[11][12]

12月21日に本作のDVDBlu-rayがリリースされた。

興行収入[編集]

本作は、全世界で1230万ドル[注 2]の興行成績となっている[2]

北米では、映画公開の初週で、85箇所の劇場で78万5336ドル、平均して9239ドルを記録した[13]

評価[編集]

本作は、映画評価サイト「Rotten Tomatoes」において99件のレビューを元に96%の支持率、平均評点7.89/10を記録。Metacriticでは、22人の批評家に基づいて、レビューの加重平均値72/100を獲得している[14]

受賞[編集]

カテゴリ ノミネート対象 結果 参照
2017 第59回グラミー賞 最優秀ミュージック・フィルム ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK – Touring Years 受賞 [15]
第70回英国アカデミー賞 最優秀ドキュメンタリー賞 ノミネート [16]
第21回サテライト賞 最優秀ドキュメンタリー・フィルム ノミネート [17]
オーストラリア映画批評家協会賞 最優秀ドキュメンタリー・フィルム
(Local or International)
ノミネート [18]
第69回エミー賞技術部門 クリエイティブ・アーツ・エミー賞 プライムタイム・エミー賞 作品賞 ドキュメンタリー/ノンフィクション特別番組部門 ノミネート
プライムタイム・エミー賞 脚本賞 ノンフィクション番組部門 マーク・モンロー ノミネート
プライムタイム・エミー賞 映画編集賞 ノンフィクション番組部門 ポール・クローダー ノミネート
プライムタイム・エミー賞 音響編集賞 ノンフィクション番組部門
(Single or Multi-Camera)
ジョン・マイケルズ
ハリソン・メイル
ダン・ケニオン
ウィル・ディグビー
メリッサ・マック
受賞
プライムタイム・エミー賞 音響賞 ノンフィクション番組部門
(Single or Multi-Camera)>
クリス・ジェンキンス
キャメロン・フランクリー
ネイサン・エバンス
サム・オケル
受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ジョン・レノンジョージ・ハリスンのインタビュー映像はライブラリ。
  2. ^ アメリカとカナダで290万ドル、イギリスで140万ドル、その他の国で940万ドル

出典[編集]

  1. ^ “ビートルズの初期ライブ映像を含む、ロン・ハワード監督ドキュメンタリーの公開が決定”. Rolling Stone Japan (CCCミュージックラボ株式会社). (2016年7月1日). https://rollingstonejapan.com/articles/detail/26165 2019年9月8日閲覧。 
  2. ^ a b c 'The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years”. Box Office Mojo. 2019年9月8日閲覧。
  3. ^ The Beatles: Eight Days a Week – The Touring Years – PowerGrind”. The Wrap. TheWrap News, Inc. 2017年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月8日閲覧。
  4. ^ a b c “『ザ・ビートルズ』、同時上映の“シェイ・スタジアム”ライブより場面写真公開”. リアルサウンド 映画部 (リアルサウンド). (2016年8月24日). https://realsound.jp/movie/2016/08/post-2560.html 2019年9月8日閲覧。 
  5. ^ HULU announces exclusive US streaming partnership for forthcoming Ron Howard documentary about the The Beatles' touring years”. The Beatles. 2019年9月8日閲覧。
  6. ^ Kastrenakes, Jacob (2016年5月4日). “Hulu is getting into documentaries, starting with Ron Howard's Beatles film”. The Verge. https://www.theverge.com/2016/5/4/11589950/hulu-documentaries-ron-howard-the-beatles-eight-days-a-week 2019年9月8日閲覧。 
  7. ^ a b c Watch the Trailer for The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years”. The Beatles. 2019年9月8日閲覧。
  8. ^ Lewis, Randy (2016年7月29日). “The Beatles' 1965 Shea Stadium film due in theaters in September”. Los Angeles Times. 2019年9月8日閲覧。
  9. ^ “ザ・ビートルズ、ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』が9月に全国公開決定”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2016年6月21日). https://rockinon.com/news/detail/144706 2019年9月10日閲覧。 
  10. ^ “ロン・ハワード監督「ビートルズ」ドキュメンタリー、米Huluが配給&独占配信へ”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年5月15日). https://eiga.com/news/20160515/13/ 2019年9月8日閲覧。 
  11. ^ “ザ・ビートルズ『ライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』9月9日世界同時発売決定!” (プレスリリース), ユニバーサルミュージック合同会社, (2016年7月20日), http://www.universal-music.co.jp/the-beatles/news/2016/07/20_release/ 2019年9月8日閲覧。 
  12. ^ “ビートルズ、ハリウッド・ボウルでのライヴ・アルバムを公式作品として9/9に発売することを発表”. NME Japan (ニュー・ミュージカル・エクスプレス). (2016年7月20日). https://nme-jp.com/news/23509/ 2019年9月8日閲覧。 
  13. ^ ‘Sully’ Burns ‘Blair Witch’, ‘Bridget Jones’ & ‘Snowden’ At The Box Office Stake – Friday Evening Update”. Deadline Hollywood (2018年9月18日). 2019年9月8日閲覧。
  14. ^ The Beatles: Eight Days A Week - The Touring Years reviews”. Metacritic. 2019年9月8日閲覧。
  15. ^ “'The Beatles: Eight Days a Week' Producer Nigel Sinclair 'Honored' by Best Music Film Grammy Nomination”. Billboard. (2016年12月6日). http://www.billboard.com/articles/news/grammys/7603856/beatles-eight-days-a-week-producer-nigel-sinclair-grammys-2017-nomination 2019年9月8日閲覧。 
  16. ^ Bafta winners 2017, full list: victory for La La Land and I, Daniel Blake”. The Telegraph. Telegraph Media Group (2017年2月12日). 2019年9月8日閲覧。
  17. ^ The International Press Academy Announces Winners for the 21 Annual Satellite Awards”. International Press Academy (2016年12月18日). 2019年9月8日閲覧。
  18. ^ The 2017 AFCA Awards”. Australian Film Critics Association. 2018年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月8日閲覧。