ザ・ファイブ・ブラッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ザ・ファイブ・ブラッズ
Da 5 Bloods
監督 スパイク・リー
脚本 スパイク・リー
ダニー・ビルソン英語版
ポール・デ・メオ英語版
ケヴィン・ウィルモット
製作 スパイク・リー
ジョン・キリク
ベアトリス・レヴィン
ロイド・レヴィン
製作総指揮 マイク・バンドリー
バリー・レヴィン
ジョナサン・フィレイ
出演者 デルロイ・リンドー
ジョナサン・メイジャーズ英語版
クラーク・ピーターズ英語版
ノーム・ルイス
イザイア・ウィットロック・Jr
チャドウィック・ボーズマン
音楽 テレンス・ブランチャード
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル
編集 アダム・ガフ
製作会社 40エーカーズ・アンド・ア・ミュール・フィルムワークス英語版
配給 世界の旗 Netflix
公開 世界の旗 2020年6月12日
上映時間 154分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ザ・ファイブ・ブラッズ』(原題:Da 5 Bloods)は2020年に配信されたアメリカ合衆国戦争映画。監督はスパイク・リー、出演はデルロイ・リンドーノーム・ルイスなど。埋蔵金と戦死した隊長の亡骸を探しにベトナムを再び訪れた4人の元軍人を描いている[1]

ストーリー[編集]

ベトナム帰還兵の4人(ポール、エディ、オーティス、メルヴィン)はノーマン隊長の遺骨と埋蔵金を回収するべく、意を決して再度ベトナムを訪れることにした。ポールの息子、デヴィッドも父親を心配して旅に付いてきた。戦場での過酷な体験がフラッシュバックしたり、過酷なジャングルに分け入ったりすることは覚悟の上だったが、4人がベトナムで目の当たりしたのは想像以上のものであった。ベトナム戦争がもたらした災禍は今もなお現地の人々を苦しめていたのである。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

プリ・プロダクション[編集]

ダニー・ビルソンとポール・デ・メオは2013年に『The Last Tour』と題した脚本を書き上げた。この段階では、本作の主人公は白人のベトナム帰還兵という設定になっていた。2014年オリバー・ストーン監督が映画化に乗り出したが、撮影に漕ぎつけることができなかった[2]

2017年、映画プロデューサーのロイド・レヴィンが『ブラック・クランズマン』の製作準備をしていたスパイク・リー監督の元を訪れ、2人の脚本を読むように薦めた[2]。リーは脚本の出来映えに感心したが、「多くの黒人がベトナム戦争に従軍していたにも拘わらず、彼らに焦点を当てた作品がほとんどないのは何故か」という問題意識を持っていたため、主人公を黒人のベトナム帰還兵に変更することにした[2]。また、回想シーンを多く挿入し、ノーマンが劇中で果たす役割を大きくするなどの変更も行われた。リライトに当たって、リーは1984年に出版された書籍『Bloods: An Oral History of the Vietnam War by Black Veterans』に大いに触発され、出演者にも一読するよう求めた。同書は黒人のベトナム帰還兵のオーラルヒストリーをまとめたものである[2]

キャスティング[編集]

当初、リー監督はデンゼル・ワシントンサミュエル・L・ジャクソンジャンカルロ・エスポジートを起用する意向を示していたが、撮影スケジュールの都合で断念せざるを得なくなった[3]

2019年2月12日、スパイク・リー監督の新作映画にチャドウィック・ボーズマン、デルロイ・リンドー、ジャン・レノが出演する予定だとの報道があった[4]。19日、ジョナサン・メイジャーズが本作の出演交渉に臨んでいると報じられた[5]。3月、ポール・ウォルター・ハウザー、クラーク・ピーターズ、イザイア・ウィットロック・Jr、ヤスペル・ペーコネン、ノーム・ルイス、メラニー・ティエリーらの出演が決まった[6][7]

撮影・音楽[編集]

2019年3月、本作の主要撮影がベトナムで始まった[8]。回想シーンの撮影に際しては、1960年代や1970年代の映像の質感を再現すべく16mmフィルムが使用された[2]。また、リー監督は登場人物の若い頃をもリンドーやルイスに演じさせた。リー監督が若い俳優の起用に積極的ではなく、かと言って、CGによる若返り処理を施すには予算が不足していたためである[2]

11月12日、テレンス・ブランチャードが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた[9]。2020年5月29日、ミラン・レコーズが本作のサウンドトラックを発売した[10]

公開・マーケティング[編集]

2020年1月23日、撮影現場で撮られた写真が公開された[11]。5月7日、本作のティーザー・ポスターが公開された[12]。18日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[13]

評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには199件のレビューがあり、批評家支持率は92%、平均点は10点満点で7.92点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ザ・ファイブ・ブラッズ』はスパイク・リー監督作品の中でも最も切迫感がありかつ衝撃を与える作品の一つである。全編を通して凄まじいエネルギーが漲っていると共に、野心的な作りになっている。その2つの強みが一体となることで、同作が観客に与えるインパクトはさらに増幅されている。」となっている[14]。また、Metacriticには47件のレビューがあり、加重平均値は82/100となっている[15]

出典[編集]

  1. ^ a b ザ・ファイブ・ブラッズ”. Netflix. 2020年5月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Spike Lee’s Forever War How the Vietnam War epic Da 5 Bloods became one of the most ambitious films of his career.”. Vulture (2020年6月9日). 2020年6月10日閲覧。
  3. ^ スパイク・リー最新作『ザ・ファイブ・ブラッズ』サミュエル・L・ジャクソン、デンゼル・ワシントンら出演の計画あった”. THE RIVER (2020年6月23日). 2020年6月23日閲覧。
  4. ^ Steve Greene (2019年2月12日). “Spike Lee Teams with Netflix, Chadwick Boseman for Next Film Project” (英語). IndieWire. https://www.indiewire.com/2019/02/spike-lee-netflix-chadwick-boseman-next-movie-da-5-bloods-1202043715/ 2020年5月8日閲覧。 
  5. ^ Anthony D'Alessandro (2019年2月19日). “Jonathan Majors In Talks For Spike Lee’s ‘Da 5 Bloods’ At Netflix” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/02/spike-lee-netflix-movie-da-5-bloods-adds-jonathan-majors-1202560490/ 2020年5月8日閲覧。 
  6. ^ Dino-Ray Ramos (2019年3月5日). “‘BlacKkKlansman’ Actor Paul Walter Hauser To Reunite With Spike Lee For ‘Da 5 Bloods’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/03/paul-walter-hauser-spike-lee-for-da-5-bloods-netflix-blackkklansman-1202570022/ 2020年5月8日閲覧。 
  7. ^ Andreas Wiseman (2019年3月12日). “Spike Lee & Netflix’s Vietnam Pic ‘Da 5 Bloods’ Adds Cast Including Clarke Peters, Isiah Whitlock Jr & Mélanie Thierry” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/03/netflix-spike-lee-chadwick-boseman-da-5-bloods-adds-clarke-peters-isiah-whitlockjr-melanie-thierry-1202574535/ 2020年5月8日閲覧。 
  8. ^ Chadwick Boseman to Star in Spike Lee's New Movie, Vietnam Veteran Drama Da 5 Bloods”. Paste Magazine (2020年2月13日). 2020年6月11日閲覧。
  9. ^ “Terence Blanchard Scoring Spike Lee’s ‘Da 5 Bloods’” (英語). Film Music Reporter. (2019年11月12日). https://filmmusicreporter.com/2019/11/12/terence-blanchard-scoring-spike-lees-da-5-bloods/ 2020年5月8日閲覧。 
  10. ^ ‘Da 5 Bloods’ Soundtrack Details”. Film Music Reporter (2020年5月27日). 2020年6月14日閲覧。
  11. ^ Chris Agar (2020年1月23日). “Da 5 Bloods Set Photo Reveals First Look At Spike Lee’s New Movie” (英語). Screen Rant. https://screenrant.com/spike-lee-da-5-bloods-movie-cast-image/ 2020年5月8日閲覧。 
  12. ^ Zack Sharf (2020年5月7日). “Spike Lee’s ‘Da 5 Bloods’ to Stream on Netflix in June, but It’s Still Eligible for Oscars” (英語). IndieWire. https://www.indiewire.com/2020/05/netflix-spike-lee-da-5-bloods-release-date-1202229868/ 2020年5月8日閲覧。 
  13. ^ Da 5 Bloods Official Trailer Netflix”. YouTube (2020年5月18日). 2020年6月14日閲覧。
  14. ^ Da 5 Bloods”. Rotten Tomatoes. 2020年6月19日閲覧。
  15. ^ Da 5 Bloods (2020)”. Metacritic. 2020年6月19日閲覧。