ザ・ベースボールクイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ザ・ベースボールクイズThe Baseball Quiz)は、1991年1995年にかけて、ニッポン放送ラジオ番組伊集院光のOh!デカナイト』(放送時間は平日〔後に月曜〜木曜〕22時〜25時)内で放送していたクイズコーナーである。コーナーの放送時間は23時から約10〜15分間。

ルール・概要[編集]

  • ハガキで応募したリスナーの中から選ばれた2人(主に関東地方の中高生)が挑戦。
  • 一問一答形式で、口頭で解答。正解なら進塁、間違えたらアウト。
  • 獲得点数1点につき賞金5000円が贈られる(最高は45000円)。
  • 3アウト(3問不正解)になるか、正解・不正解に関係なく9問目を終えたらゲームセット。月間で最高得点を取った人には、賞金とは別に豪華賞品も贈られた。

備考[編集]

  • 序盤は簡単なヒット・ツーベース問題で走者を溜め、最後の9問目でホームラン問題を選びそれらを一掃するのがセオリーだが、解答者の中には1問目から全部ホームラン問題を選び続ける良く言えば勇敢、悪く言えば無謀な挑戦をした解答者もいた。また4問目以降は問題の難易度が上がる傾向があり、最初の3問でヒット問題を正解し続けて満塁にしたが、4問目から3連続ヒット問題で間違えてゲームセットの憂き目に遭う解答者もいた。
  • 一度、単発番組としてテレビ番組化された事もあった。この時は、審判役に森脇健児を据えて、伊集院光は実況役を担当した。また、一問一答クイズではなく相手チームとの早押しクイズとなっており、選んだ塁打の問題に応じて人数が2~6人と変わる守備側に勝てば進塁というルールで行われた。
  • 後に同局で同時間帯(月曜〜木曜22時〜24時)に放送していた「東貴博のヤンピース」内で、リメイク版『ベースボールクイズBaseball Quiz)』として放送していた。