ザ・会議室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ザ・会議室(ざ かいぎしつ)は、2000年4月から、2001年3月にフジテレビで放送されていた深夜番組「CX NUDE DV」の1コーナー。「CX NUDE DV」の番組終了直前の2001年2月に、これまでの内容を収録した同名の番組本が発行されている。深夜4:00近い放送時間であったものの、視聴率は5%ほどあった。特に20代から30代の男性に人気のある番組であった。

伊集院光山田五郎みうらじゅんの日本を代表する(?)3人のブレーンが、頼まれもしないのに日本の未来を明るくするために毎回「新しい○○を考える」という議題をときに真剣に、主にくだらなく話し合う。伊集院の巧みな話芸・みうらの時に的を射たとんち・山田の幅広い知性という3名の個性がぶつかる実に生き生きとしたフリートークには、進行役の佐野瑞樹も度々脱線してトークに加わっていた。

出演者[編集]

  • 伊集院光
  • 山田五郎
  • みうらじゅん - 時折自論をイラストで紹介
  • 佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー・司会進行)
    • 佐野アナが進行役として議題を進めていくが、「新しい家電製品を考える」では代理として、「CX NUDE DV」で伊集院・佐野アナと共に出演した内田恭子フジテレビアナウンサー(当時)が進行役を勤めた。しかし、3人の下ネタトークに音を上げ、半ば放心状態になり小声で「最悪…」と呟いた。
    • 新しい海の家を考える というテーマで話し合われたコンセプトを基に、2000年夏に江ノ島ボサノバ.comという海の家をプロデュースし、天狗ラーメンなどの珍メニューを提供していた。

過去に取り上げられたテーマ[編集]

テーマは1999年から2000年の世相に合ったものが取り上げられることが多かった 順不同。

  • 新しい都税を考える(1998年度、18年ぶりに都税が赤字になっている)
  • 新しいキティちゃんグッズを考える
  • プロ野球改革を考える (当時、サッカー人気に押されプロ野球人気が下火になっていた)
  • 新しいコンビニを考える
  • 新しいテーマパークを考える
  • 新しいトレカを考える
  • 新しい家電製品を考える
  • 新しい外食産業を考える
  • 新しい公共ギャンブルを考える
  • 新しい雑誌を考える (雑誌の売り上げ伸び悩み、休刊が続いたため)
  • 新しい修学旅行を考える
  • 新しい大学を考える (少子化により大学入学・卒業が以前より安易になったため)
  • 新しい「ザ・会議室」を考える
  • 新しい大相撲を考える (若貴ブームが去り、相撲人気が下火になっていた)
  • 新しいJ-POPを考える
  • 新しい正月を考える
  • 新しい公営ギャンブルを考える
  • 伝統芸能を考える
  • ドラえもんの新道具を考える
  • 警察のイメージアップを考える (この頃から警察の不祥事が続いた)
  • 少子化対策を考える
  • 新・禁煙を考える
  • 新しい結婚式を考える(当時、佐野アナは最初の妻との結婚間近であったため企画された)
  • 新しい保険を考える
  • 新しい資格を考える 

など

スタッフ[編集]

  • 企画 瑞光玲子(フジテレビ)、福本洋(フジテレビ)、石井智士(フジテレビ)
  • プロデューサー 板野正
  • ディレクター 花立慎一、川田昌弘
  • 構成 柴田たかし、内堀隆志

書籍[編集]

  • 『ザ・会議室』(共著) 光進社、2001年2月。ISBN 4877610561