シアトル (高速戦闘支援艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USS Seattle AOE-3
艦歴
発注
起工 1965年10月1日
進水 1968年3月1日
就役 1969年4月5日
退役 2005年3月15日
除籍
その後 処分待機状態
母港 ノーフォーク
性能諸元
排水量 軽荷排水量:18,900t
満載排水量:50,000t
全長 796 ft (243 m)
全幅 107 ft (33 m)
吃水 38 ft (11.6 m)
機関 蒸気タービン2基
2軸, 100,000 shp(75MW)
最大速度 26ノット
乗員 600人
兵装 20mmファランクスCIWS 2基
NATOシー・スパロー Mark 29艦対空ミサイル8連装発射機 1基
12.7mm機銃六基
モットー

シアトル(USS Seattle, AOE-3)は、アメリカ海軍の補給艦。サクラメント級高速戦闘支援艦の3番艦。艦名はワシントン州シアトルに因む。その名を持つ艦としては2隻目である。

艦歴[ソースを編集]

シアトルは1965年10月1日にワシントン州ブレマートンピュージェット・サウンド海軍工廠で起工する。1968年3月2日にウィリアム・M・アラン夫人(シアトルの幼児整形外科病院協会の会長)によって命名、進水する。1969年4月5日、ブルース・キーナー三世艦長の指揮下就役した。

整調航海の後、シアトルは1969年9月24日にピュージェット・サウンド海軍工廠を出港、ノーフォークへ向かう。途中ロングビーチサンディエゴアカプルコパナマ運河およびニューオーリンズを訪れ母港のノーフォークには11月22日に到着した。

シアトルはグアンタナモ湾で整調訓練を行うため1970年1月2日にノーフォークを出港し、1月13日に空母アメリカ(USS America, CVA-66)と併走、給油を行っている。1月19日にグアンタナモを出港、再び訓練を行った後ハイチポルトープランスを訪れ、1月26日にグアンタナモに帰還した。

演習及び戦闘訓練の後、シアトルはフロリダ州メイポートからノーフォークに向けて出港、2月12日に到着した。

2月26日にシアトルはタグボートと衝突し燃料タンクを損傷、2時間に渡って油を流出させた。油はすぐに除去作業が行われ、損傷は軽微な物であった。

シアトルはノーフォークを8月27日に出港、初の海外任務を行う。9月6日にポルトガルリスボンに入港、8日にはスペインロタに停泊する。翌日ジブラルタル海峡を通り抜けて、シアトルはコンコード(USS Concord, AFS-5)に貨物を積み込み、シチリア島アウグスタ経由で東地中海へ向かった。ヨルダン内戦により地中海の緊張が高まり、シアトルは空母サラトガ(USS Saratoga, CVA-60)の補給支援および護衛を行った。同月末にはリチャード・ニクソン大統領から僚艦11隻と共に観閲を受ける。

シアトルは地中海東部でサラトガの支援を続け、10月20日にはギリシャアテネに入港した。

10月29日にアテネを出港し、11月9日には再びシチリア島アウグスタに入港、補給と給油を行った後11月12日にイタリア海軍最大の基地タラントに入港した。

11月16日にタラントを出港すると第6艦隊の艦艇に対し補給作業を行い、その後11月25日から12月1日までナポリに停泊、12月8日から14日までスペインバルセロナに停泊した。その後フランスのヴィラフランシェに年末まで停泊した。

シアトルは1971年1月6日にシチリア島南東での作戦行動に入る。1月17日から22日までナポリに停泊、その後イオニア海で活動した後2月20日までバルセロナに停泊、帰路に入り3月1日には母港のノーフォークに到着した。

シアトルは8月10日にプエルトリコに向けて出港、8月13日にルーズベルト・ローズ海軍基地に到着する。プエルトリコバージン諸島グアンタナモおよびハイチで活動した後10月11日にノーフォークへ帰港する。

12月1日、シアトルはバージニア州クラニー・アイランドを出港し、6ヶ月間の地中海配備に入る。12月9日にスペインのロタに到着、翌日シチリア島のアウグスタに向かい16日に到着する。12月19日にナポリに向かい、クリスマスを同地で過ごした。12月28日にナポリを出港、バルセロナには大晦日に到着した。

7ヶ月に及ぶ地中海配備の完了後、シアトルは1972年6月29日にノーフォークへ帰港した。その後4ヶ月間に渡ってノーフォークから活動し、10月24日、第6艦隊の予定外の配備のため出港した。シアトルは地中海西部でのオペレーション・バイスタンダーに参加し、ノーフォークに帰港する前にナショナル・ウィーク XIV 演習に参加、ノーフォークには12月19日帰還した。

シアトルは1972年の残りと1973年前半の半年間をノーフォークからの活動で過ごす。6月に海外へ展開し、12月1日に再びノーフォークに帰還した。

シアトルは2004年6月にジョン・F・ケネディ(USS John F. Kennedy, CV-67)空母戦闘団の一部としてペルシャ湾に展開した。2004年8月12日にシアトルはインドネシア船籍の貨物船エドハIIの乗組員12名を救助した。生存者はイラクウム・カスルに送り届けられた。2004年12月14日にシアトルはノーフォークへ帰還した。

シアトルは2005年3月15日に退役した。