シアン酸アンモニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シアン酸アンモニウム
識別情報
CAS登録番号 7664-39-3
特性
化学式 CH4N2O
モル質量 60.06 g/mol
示性式 NH4OCN
密度 1.34 kg m-3
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シアン酸アンモニウム(しあんさんあんもにうむ、Ammonium cyanate)は、無機化合物である。

製法[編集]

アンモニアシアン酸の反応によって生じる。

NH3 + HOCN → NH4OCN 

シアン酸銀塩化アンモニウムと熱する方法も存在する。

AgOCN + NH4Cl → NH4OCN + AgCl

反応[編集]

シアン酸アンモニウム水溶液を加熱すると、尿素が生じる。 これは1828年フリードリヒ・ヴェーラーが発見したものである。

関連項目[編集]