シェイン・カーウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シェイン・カーウィン
Shane Carwin.jpg
基本情報
本名 シェイン・バニスター・カーウィン
(Shane Bannister Carwin)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1975-01-04) 1975年1月4日(44歳)
出身地 コロラド州グリーリー
所属 ジャクソンズMMA
→グラッジ・トレーニング・センター
身長 188cm
体重 120kg
リーチ 203cm
階級 ヘビー級
バックボーン レスリング
テーマ曲 Bodies
ドラウニング・プール
テンプレートを表示
試合中のカーウィン

シェイン・カーウィンShane Carwin1975年1月4日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家コロラド州グリーリー出身。グラッジ・トレーニング・センター所属。元UFC世界ヘビー級暫定王者。

来歴[編集]

6歳の時にレスリングを始める。大学時代はNCAAディヴィジョン2で1度王者になり、オールアメリカンに3度選出された。また、アメリカンフットボールでもオールアメリカンに選出され、大学4年生のオールスターゲームであるシニアボウルの出場選手に選ばれている。

2005年10月14日、30歳でWEC 17においてプロ総合格闘技デビューを果たし、カールトン・ジョーンズに勝利した。

2007年12月1日、Ring of Fire 31で行われたROFヘビー級王座決定戦でシャーマン・ペンダーガーストと対戦し、TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

UFC[編集]

2008年5月24日、UFC初参戦となったUFC 84クリスチャン・ウェリッシュと対戦し、1R開始44秒でKO勝ちを収め、白星デビューとなった。10月18日にはイギリスで行われたUFC 89に出場、地元出身のニール・ウェインにマウントパンチで勝利し、UFC2連勝とした。

2009年3月7日、UFC 96ガブリエル・ゴンザーガと対戦し、1R開始1分9秒で右ストレートでダウンさせてからの右アッパーでKO勝ちを収めた[1]

2009年11月21日のUFC 106でUFC世界ヘビー級王者ブロック・レスナーとタイトルマッチで対戦予定であったがレスナーの体調不良により、2010年1月2日のUFC 108に延期されるも、最終的に試合は消滅した[2][3]

2010年3月27日、UFC 111のUFC世界ヘビー級暫定王座決定戦でフランク・ミアと対戦。クリンチアッパー連打でダウンさせてからのパウンドにより、プロデビューから12試合連続1Rフィニッシュ勝利となる、1R3分48秒でKO勝ちを収め王座獲得に成功。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。試合後に正規王者レスナーがオクタゴンに上がり、王座統一戦での対戦を約束した[4]

2010年7月3日、UFC 116のUFC世界ヘビー級王座統一戦で正規王者ブロック・レスナーと対戦。1Rはパンチでダウンをさせてからのパウンドででレスナーを圧倒。しかし、それまで自身が経験したことのなかった2Rに突入するとスタミナ切れにより失速。肩固めで一本負けを喫し王座統一に失敗し、総合格闘技公式戦初の黒星を喫するとともに暫定王座を失った[5]

2011年1月1日、UFC 125ロイ・ネルソンと対戦予定であったが、カーウィンが首の手術を受け試合が消滅した[6]

2011年6月11日、UFC 131ジュニオール・ドス・サントスと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2012年、The Ultimate Fighter 16でロイ・ネルソンと共にコーチを務めた。12月15日のThe Ultimate Fighter 16 Finaleでネルソンとのコーチ対決が予定されていたが、負傷により欠場した。

2013年5月8日、自身のTwitter上で引退を表明した[7]

人物・エピソード[編集]

  • 拳が大きいためグローブは、最大サイズの4Xのグローブのサイドをカットした特注品を使用している[8]
  • コロラド鉱山大学機械工学、ウェスタン・コロラド大学で環境工学の学士号を取得。エンジニアとして働いている。
  • 日本で東日本大震災が起きた際に、米国で自らTシャツを販売して義援金を募り、米格闘技界に支援を呼びかけた[9]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
14 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 7 5 0 0 0 0
2 0 1 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ジュニオール・ドス・サントス 5分3R終了 判定0-3 UFC 131: dos Santos vs. Carwin 2011年6月11日
× ブロック・レスナー 2R 2:19 肩固め UFC 116: Lesnar vs. Carwin
【UFC世界ヘビー級王座統一戦】
2010年7月3日
フランク・ミア 1R 3:48 KO(パウンド) UFC 111: St-Pierre vs. Hardy
【UFC世界ヘビー級暫定王座決定戦】
2010年3月27日
ガブリエル・ゴンザーガ 1R 1:09 KO(右ストレート→右アッパー) UFC 96: Jackson vs. Jardine 2009年3月7日
ニール・ウェイン 1R 1:31 TKO(マウントパンチ) UFC 89: Bisping vs. Leben 2008年10月18日
クリスチャン・ウェリッシュ 1R 0:44 KO(右ストレート) UFC 84: Ill Will 2008年5月24日
シャーマン・ペンダーガースト 1R 1:41 TKO(パウンド) Ring of Fire 31: Undisputed
【ROFヘビー級王座決定戦】
2007年12月1日
レックス・リチャーズ 1R 1:24 フロントチョーク Art of War 4 2007年10月27日
リック・スレイトン 1R 0:49 KO(パンチ) Ring of Fire 30: Domination 2007年9月15日
クリス・ギーエン 1R 0:29 チョークスリーパー Ultimate Texas Showdown 6 2006年6月24日
ジャスティス・スミス 1R 0:31 TKO(パンチ連打) Extreme Wars 3: Bay Area Brawl 2006年6月3日
ジェイ・マッカウン 1R 1:31 チョークスリーパー Ultimate Texas Showdown 5 2006年4月29日
ケイシー・ジャクソン 1R 0:22 ギロチンチョーク Extreme Wars 2: X-1 2006年3月18日
カールトン・ジョーンズ 1R 2:11 ギブアップ(パンチ連打) WEC 17: Halloween Fury 4 2005年10月14日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注[編集]

関連項目[編集]

前王者
王座新設
UFC世界ヘビー級暫定王者

2010年3月27日 - 2010年7月3日

次王者
王座廃止