シェイ・ウェバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シェイ・ウェバー
生誕 (1985-08-14) 1985年8月14日(33歳)
カナダブリティッシュコロンビア州シカマス
身長
体重
6 ft 4 in (1.93 m)
233 lb (106 kg; 16 st 9 lb)
ポジション ディフェンス
シュート 右利き
NHLチーム ナッシュビル・プレデターズ
代表 カナダ
NHLドラフト 全体49位(2003年)
ナッシュビル・プレデターズ
現役期間 2005年 – 現在

シェイ・マイケル・ウェバー(Shea Michael Weber 1985年8月14日-) は、カナダ出身のプロのアイスホッケー選手。NHLナッシュビル・プレデターズディフェンスで、キャプテンを務めている。NHLオールスター・チーム選手であり、オリンピックで金メダルを獲得した。

2003年、NHLのエントリー・ドラフトで2巡目全体49位でプレデターズに指名され、ウェバーのNHLでのキャリアはプレデターズと共にある。それ以前はクートニー・インターナショナル・ジュニア・ホッケー・リーグ(LIJHL)のシカマス・イーグルス、ウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のケロウナ・ロケッツ、アメリカン・ホッケー・リーグ(AHL)のミルウォーキー・アドミナルズでプレイしていた。

ウェバーは国際アイスホッケー連盟公認試合でカナダ代表として出場しており、2005年のアイスホッケー世界ジュニア選手権、2007年のアイスホッケー世界選手権、2010年のバンクーバーオリンピック、2014年のソチオリンピックで金メダルを獲得した。

生い立ち[編集]

Weber with the Nashville Predators
プレデターズでのウェバー

1985年8月14日、ウェバーはカナダブリティッシュコロンビア州シカマスで生まれた。母トレイシーは美容師で、父ジェイムズは製材所作業員であった[1][2]。6歳の時に初めてアイスホッケー・チームに所属した[2]。その後シカマスのチームやブリティッシュ・コロンビア・アマチュア・ホッケー協会(BCAHA)の一部である、地区マイナー・ホッケー協会でプレイし、フォワードとディフェンスを掛け持った。バンタムでの2年目、ディフェンスに確定した。父親が「(ウェバーは)ディフェンスの方がプロで活躍できる」とアドバイスしたためこの決定に至った[1]。14歳から15歳までの間に身長が5フィート9インチ(1.75m)から6フィート2インチ(1.87m)まで5インチ(12.7cm)伸びた[2]

経歴[編集]

ジュニア[編集]

ナッシュビル・プレデターズ[編集]

2004年9月10日、3年間142万5千ドルでナッシュビル・プレデターズと入団契約した[3][4]。1年半後の2006年1月6日、デトロイト・レッドウィングス戦でNHLデビューし、11分8秒で3回シュートという記録を残した[5][6]。3か月後の2006年4月6日、セントルイス・ブルース戦で初ゴールし、3対0でプレデターズが勝利した[7]。初年度28試合に出場し、2ゴール、10アシストを記録した。またプレイオフ1回戦でサンノゼ・シャークスと対戦し、で4試合中2回ゴールした[8][9]。ナッシュビルのアフィリエイトであるミルウォーキー・アドミナルズに配属され、アメリカン・ホッケー・リーグ(AHL)のプレイオフに出場した[10]。14試合に出場し、6回ゴール、5回アシストし、アドミナルズはコルダー杯においてハーシー・ベアズと6試合対戦して敗退したため第2位となった[8][11]

2年目にウェバーはプレデターズの中で重要な選手の1人となった[12]。シーズン半ば、ウェバーはすでに26ポイント得点し[12]、2007年1月14日、テキサス州ダラスで行われたNHLヤングスター・ゲームでウェスタン・カンファレンスとして出場した[13]。このシーズンでウェバーはプレデターズ8位の40得点した[8][14]。2シーズン続けてプレイオフでサンノゼ・シャークスと5試合対戦し、3回アシストしたが敗退した[8][15]

3年目、シーズンを怪我で迎えた。コロラド・アバランチと対戦した開幕戦で第1ピリオドのたった2分19秒で激しく転倒し、膝蓋骨を脱臼した[16]。そのため2007年11月17日のセントルイス・ブルース戦まで6週間欠場した[17]。その直後足の怪我で2008年1月15日のカルガリー・フレームス戦まで11試合欠場した[18]。このシーズンは54試合出場し20得点した。NHLの最も優秀なディフェンスに送られるジェームス・ノリス記念賞の投票で他の7名とタイの5位となった[19]

2008年-2009年シーズンでデトロイト・レッドウィングスのアンドレアス・リリア(左)と戦うウェバー(右)

2008年6月23日、ウェバーはプレデターズと3年間1,350万ドルの契約をし、フリー・エージェントを回避した[20]。更新1年目、NHLで トップのディフェンスの1人となった。シーズン半ば、ディフェンスの選手の中でも統計的に抜きん出て、ノリス記念賞候補とされ、ケベック州モントリオールで行われた第57回NHLオールスターゲームのウエスタン・カンファレンスに出場した[21][22]。このシーズンでウェバーはプレイ80、ゴール23、アシスト30、ポイント53、反則時間80分と全ての統計で高かった[8]。プレデターズで1シーズンでのディフェンスによるゴール記録を抜いた[23]。ノリス記念賞において、1位にはならなかったが投票で186点で第4位となった[24][25]。NHLセカンド・オールスター・チームは辛くも選考から漏れた[26]

プレデターズでの5年目、ウェバーは輝かしい記録を残し続けた。2月のバンクーバーオリンピックまで、プレデターズの59試合で35得点した[27]。またリーダーシップを発揮し、2010年3月、3試合連続でチームメイトの代わりに相手チームの選手と戦った[28]。オリンピック後、ウェバーの攻撃性はやや鳴りを潜め、このシーズンは78試合で43得点した。前年より攻撃性は下がったが、ウェバーは3年連続ノリス記念賞の候補となり、96ポイントで第6位となった。またハート記念賞の投票では83ポイントで23位となり、NHLオールスター・チームのディフェンスでは7位となった[29]

2010年7月8日、プレデターズの第4代キャプテンのジェイソン・アーノットがニュージャージー・デビルスにトレードされたため、ウェバーが第5代キャプテンに任命された[30]。チーム史上最も若いキャプテンで、唯一ドラフトで入団したキャプテンである[31]。2011年1月11日、ノースカロライナ州ローリーで行われた第58回NHLオールスターゲームの42名の選手の1人に選ばれた[32]。このオールスター・ゲームではNHL史上初めてファンタジー・スポーツを基にしたドラフト方法を採用し、ウェバーは全体8位でニクラス・リドストロム率いるチーム・リドストロムに指名された[33]。この試合ではウェバーは4回アシストしてプラス6となり、チームメイトのLoui Erikssonとポイントでほぼタイでニクラス・リドストロムに次ぐ成績であった[34]。オールスター・ゲームの直後の2011年2月9日、デトロイト・レッドウィングス戦にてウェバーはNHLでの通算200ポイント(アシスト)を記録した[35]。プレデターズでの6シーズン目、ウェバーは 平均氷上時間が25分19秒となり、82試合出場、32アシスト、25ゴールで自身の記録を更新した[36]。また2011年スタンレー・カップ・プレイオフのウエスタン・カンファレンス準々決勝の対アナハイム・ダックス戦、準決勝の対バンクーバー・カナックスと対戦を合わせて12試合においえ、ウェバーは3ゴール、5ポイント獲得した。なおこのプレイオフでチーム史上初めて準決勝に進出した[37]。レギュラー・シーズンの結果、ウェバーはノリス記念賞において初めて最終候補3名に残った[38]。受賞したリドストロムの736ポイントに次ぐ727ポイントで惜しくも受賞を逃した[39]。またハート記念賞では5位票2つ獲得し、最終的に25位であった[39]。リドストロムの464票に次ぐ445票で、彼にとって初めてNHLファースト・オールスター・チームに選ばれた [40]。2011年7月1日、制限付きフリー・エージェントとなったが[41]、ウェバーはプレデターズへの残留を希望していた[42]。オファー・シートによる他のチームとの契約を阻むため、プレデターズは契約更新まで交渉して年俸調停を行なった[43]。交渉が決裂し、8月2日に調停に入り、チームが起こした調停でNHL史上初めて聴聞会に達した。翌日彼は1年間750万ドルの契約を行なった。

2011年-2012年シーズンの1ヶ月目、2011年10月20日、カナックス戦においてウェバーはフォワードのジャニック・ハンセンに後ろから当たった。ハンセンに怪我はなかったが、翌日ウェバーはNHLより罰金として最高額の2,500ドルを課せられた[44]

2012年のスタンレー・カップ準々決勝のデトロイト戦において、試合終了直前にセンターのヘンリック・ゼターバーグはウェバーに当たったため、ウェバーはゼターバーグの頭を殴りグラス・ボードにぶつかった[45]。ゼターバーグのヘルモットが欠けたが怪我はなく、次の試合にも支障がなかった。労働協約により報復行為への罰金としてNHLは最高額の2,500ドルを課した[46]。NHL理事ゲイリー・ベットマンがこの試合を観戦していた[47]。レギュラー・シーズンにおいて、全てのディフェンスで他の2人と共に、人数が少ない試合での得点数でトップであった[48]

選手はチーム主催の調停には1度しか受けられず、2012年のオフシーズンでプレデターズとウェバーとの交渉が難航していた。7月19日、ウェバーはフィラデルフィア・フライヤーズとオファー・シートによる14年1億1千万ドル、および6,800万ドルの報奨金で交渉していた。このオファー・シートは総額、シーズンごとの金額、契約期間において、これまでのトーマス・ヴ ェネクの記録を抜いてNHL史上最高となった[49]。 プレデターズはウェバーのディフェンス・パートナーであったライアン・サターをフリー・エージェントによるオファー・シートの5日後に放出していた[50]

2013年-2014年シーズンでウェバーは23ゴールでNHLのディフェンスのトップとなり、彼のキャリアにおいても最高となった。キモ・ティモネンが保持していたディフェンスとしての1シーズンのポイントのプレデターズの記録も更新した。4月28日、ウェバーは3度目のノリス記念賞最終候補となったが投票により第3位となり受賞には至らなかった[51]

2014年-2015年シーズンでNHLセカンド・オールスター・チームに投票され、ポスト・シーズンのオールスター・チームに選ばれたのはこれで4回目となった。

国際的な活躍[編集]

獲得メダル

シェイ・ウェバー
カナダの旗 カナダ
男子アイスホッケー
冬季オリンピック
2014年ソチ
2010年バンクーバー
世界選手権
2007年ロシア
2009年スイス
ジュニア世界選手権
2005年アメリカ

これまでの国際大会ではカナダのチームに出場している。2004年12月22日、ジュニア・チームでカナダ代表となったのが最初で、ノースダコタ州グランドフォークスで行われたジュニア世界選手権に出場した[52][53]。ディオン・ファナフと共にディフェンス・ペアとして活躍し、カナダを1997年以降初の金メダルに導いた[54]。トーナメントを通して得点することはなかったが、レート10となった[55]

2007年4月22日、ウェバーはアイスホッケーカナダ代表としてロシアで行われたアイスホッケー世界選手権[56]3試合に出場した[57]。ドイツ代表と対戦した予選開始直後、ヤニック・サイデンバーグはウェバーに肘で顎を殴られ脳震盪を起こしてトーナメントの残りの試合を欠場することとなった[58]。出場停止処分を経てウェバーはトーナメントに復帰して計6試合に出場し、スイス代表と対戦した準々決勝での勝利を含む2得点した[57][59]。カナダは決勝でアイスホッケーフィンランド代表と対戦して4対2で勝利し、金メダルを獲得した[60]

2009年4月14日、ウェバーはスイスで行われた世界選手権に出場し[61]、キャプテン代行4名に選ばれた[62]。予選においてスロバキア代表と対戦し、ウェバーは1ゴールと3アシストで7対3の勝利に導き、カナダ代表VIPに選ばれた[63][64]。ウェバーは計9試合に出場し、4ゴール、8アシストで12得点し、今大会の全てのディフェンスの中で最高となり、全ての選手の中でも第3位の成績であった[65]。決勝戦でアイスホッケーロシア代表と対戦して2対1で敗退し銀メダルとなったが、ウェバーはトーナメントのオールスター・チームに選出され、トーナメントの最優秀ディフェンス賞を受賞した[66]

2009年7月2日、ウェバーはバンクーバーオリンピックのカナダ代表オリエンテーション・キャンプに招致された[67]。2009年12月30日、カナダ代表に選ばれた[68]予選でドイツ代表と対戦し、ウェバーはカナダの2ゴール目を決め、8対2で勝利した。彼のショットはドイツのゴールテンダーであるトーマス・グレイスの背後のネットの穴をくぐり抜けて外に出たためビデオ判定となった[69]。ウェバーは計7試合に出場して6得点し、ディフェンスとして第2位になり、トーナメントのオールスター・チームに選ばれ、アイスホッケーアメリカ合衆国代表と対戦してシュートアウトにもつれ込み3対2で勝利し金メダルを獲得した[70][71][72]。2011年9月、ウェバーはBCスポーツ殿堂に殿堂入りした[73]

プレデターズがスタンレー・カップのプレイオフで敗退した後、ウェバーは2013年の世界選手権に出場するものと考えられていたが、カナダはウェバーのNHLとの契約が大変高額であることから、カナダは結局彼を選出しなかった。

2014年、ロシアで行われたソチオリンピックのカナダ代表でウェバーはキャプテン代行となった。

私生活[編集]

ウェバーには2歳下の弟ブランドンがおり、子供の頃、シェイのプレデターズでのチームメイトのコディ・フランソンとプレイしていた。ウェバーが14歳の頃、母親が脳腫瘍となり、手術でそのほとんどが取り除かれた。彼女はその後も似た症状に苦しめられ、2010年初頭に何度も発作が起こった。その後昏睡状態となり、2010年8月11日に亡くなった[2]

2013年7月20日、ウェバーはケロウナのジュニア・チームで活躍していた高校時代から交際していたベイリー・マンローと結婚した。2014年夏、第一子長男コディ・ウェバーが誕生した。

統計[編集]

GP = 試合数、G = ゴール、A = アシスト、Pts = ポイント、PIM = 反則時間(分)

レギュラー・シーズンおよびプレイオフ[編集]

レギュラー・シーズン プレーオフ
シーズン チーム リーグ GP G A Pts PIM GP G A Pts PIM
2001–02 シカマス・イーグルス KIJHL 47 9 33 42 87
2001–02 ケロウナ・ロケッツ WHL 5 0 0 0 0
2002–03 ケロウナ・ロケッツ WHL 70 2 16 18 167 19 1 4 5 26
2003–04 ケロウナ・ロケッツ WHL 60 12 20 32 126 17 3 14 17 16
2004–05 ケロウナ・ロケッツ WHL 55 12 29 41 95 18 9 8 17 25
2005–06 ミルウォーキー・アドミナルズ AHL 46 12 15 27 49 14 6 5 11 16
2005–06 ナッシュビル・プレデターズ NHL 28 2 8 10 42 4 2 0 2 8
2006–07 ナッシュビル・プレデターズ NHL 79 17 23 40 60 5 0 3 3 2
2007–08 ナッシュビル・プレデターズ NHL 54 6 14 20 49 6 1 3 4 6
2008–09 ナッシュビル・プレデターズ NHL 81 23 30 53 80
2009–10 ナッシュビル・プレデターズ NHL 78 16 27 43 36 6 2 1 3 4
2010–11 ナッシュビル・プレデターズ NHL 82 16 32 48 56 12 3 2 5 8
2011–12 ナッシュビル・プレデターズ NHL 78 19 30 49 46 10 2 1 3 9
2012–13 ナッシュビル・プレデターズ NHL 48 9 19 28 48
2013–14 ナッシュビル・プレデターズ NHL 79 23 33 56 52
2014–15 ナッシュビル・プレデターズ NHL 78 15 30 45 72 2 0 1 1 2
NHL計 685 146 246 392 541 45 10 11 21 39

国際大会[編集]

チーム 大会 結果 GP G A Pts PIM
2005 カナダ WJC 6 0 0 0 10
2007 カナダ WC 6 1 1 2 31
2009 カナダ WC 9 4 8 12 6
2010 カナダ Oly 7 2 4 6 2
2014 カナダ Oly 6 3 3 6 0
ジュニア計 6 0 0 0 10
シニア計 28 10 16 26 39

受賞歴等[編集]

契約[編集]

  • 2003年6月21日 – 2003年NHLドラフト2巡目49位でナッシュビル・プレデターズにドラフトされた
  • 2004年9月10日 – 3年142万5千ドルでプレデターズと契約した
  • 2008年6月23日 – 3年1,350万ドルでプレデターズと契約更新した
  • 2011年8月3日 - チーム主催の年俸調停で1年750万ドルでプレデターズと契約更新した
  • 2012年7月19日 - フィラデルフィア・フライヤーズから14年1億1千万ドルのオファー・シートがあったが5日後プレデターズと契約更新した

脚注[編集]

  1. ^ a b Gallagher, Tony (2006年11月23日). “Predators' Weber bred on fertile Sicamous ground”. The Province. http://www.canada.com/topics/sports/hockey/canucksprovincestory.html?id=93c9f597-030d-423d-95f4-1be9b75e715c&k=56870 2008年1月25日閲覧。 
  2. ^ a b c d Mullen, Bryan (2010年10月8日). “Nashville Predators captain Shea Weber stays true to roots”. Hockey Canada. http://www.hockeycanada.ca/index.php/ci_id/147340/la_id/1/si_id/multiyear/hdr_hcf// 2010年12月29日閲覧。 
  3. ^ Drinnan, Gregg (2004年9月11日). “Blazers coach Clark unimpressed with play of veterans”. Kamloops Daily News 
  4. ^ Stevens, Neil (2007年10月4日). “NHL's rich and famous”. Toronto: The Globe and Mail. http://www.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20071004.wsptnhl4/BNStory/NEIL+STEVENS 2008年1月25日閲覧。 
  5. ^ “Knee injury lands Preds' Markov on injured reserve”. ESPN.com. (2006年1月13日). http://sports.espn.go.com/nhl/news/story?id=2291682 2008年1月25日閲覧。 
  6. ^ Detroit 3, Nashville 1 – Box Score”. ESPN.com (2006年1月6日). 2008年2月8日閲覧。
  7. ^ “Preds continue domination over Blues with shutout win”. ESPN.com. (2006年4月6日). http://scores.espn.go.com/nhl/recap/_/id/260406019/nashville-predators-vs-st-louis-blues 2011年1月10日閲覧。 
  8. ^ a b c d e Shea Weber”. The Sports Network. 2011年1月10日閲覧。
  9. ^ “Sharks eliminate Predators”. CBC Sports. (2006年5月1日). http://www.cbc.ca/sports/hockey/stanleycup2006/storyview.html?/story/sports/national/2006/04/30/Sports/sharks-predators060430.html 2008年2月8日閲覧。 
  10. ^ Manoyan, Dan (2006年5月4日). “Admirals get net gain”. Milwaukee Journal Sentinel. p. 6C. http://news.google.com/newspapers?id=-uMdAAAAIBAJ&sjid=H0UEAAAAIBAJ&pg=4751,1889710&dq=shea+weber+milwaukee&hl=en 2010年1月11日閲覧。 
  11. ^ Wagner, Andrew (2006年6月16日). “Winds of changes could alter the Admirals' course next season”. OnMilwaukee.com. http://onmilwaukee.com/sports/articles/admiralswrap.html 2011年1月10日閲覧。 
  12. ^ a b McIntyre, Gordon (2007年1月22日). “Flying under the radar: These 12 players are having breakout seasons”. The Province. p. A36 
  13. ^ Molinari, Dave (2007年1月14日). “Three Penguins make roster for YoungStars game”. Pittsburgh Post-Gazette. http://www.post-gazette.com/pg/07014/753726-61.stm 2008年2月10日閲覧。 
  14. ^ 2006-07 Nashville Predators (NHL)”. The Internet Hockey Database. 2008年2月10日閲覧。
  15. ^ Walker, Teresa (2007年4月21日). “Blackhawks oust Preds, set up rematch with Canucks”. USA Today. http://www.usatoday.com/sports/hockey/nhl/2010-04-27-1642992751_x.htm 2008年2月10日閲覧。 
  16. ^ “Nashville's Weber out 3-6 weeks with dislocated knee cap”. ESPN.com. (2007年10月7日). http://sports.espn.go.com/nhl/news/story?id=3052292 2008年1月25日閲覧。 
  17. ^ Walker, Teresa (2007年11月17日). “Boyes scores in regulation and shootout as Blues beat Predators 3-2”. USA Today. http://www.usatoday.com/sports/hockey/2007-11-17-1685912695_x.htm 2011年1月10日閲覧。 
  18. ^ McGee, Mark (2008年1月15日). “Preds light up Flames, 3–0”. The City Paper. http://www.nashvillecitypaper.com/news.php?viewStory=58545 2008年1月25日閲覧。 
  19. ^ “Full voting results for the 2008 NHL Awards”. The Hockey News. (2008年6月13日). http://www.thehockeynews.com/articles/16631-Full-voting-results-for-the-2008-NHL-Awards.html 2011年1月3日閲覧。 
  20. ^ Predators sign Weber to three-year, $13.5 million deal”. The Sports Network (2008年6月23日). 2008年10月10日閲覧。
  21. ^ Zeisberger, Mike (2009年1月5日). “As the '08-09 NHL season reaches its midway point, here's a look at the highs and lows and what's to come”. Toronto Sun. http://www.torontosun.com/sports/columnists/mike_zeisberger/2009/01/05/7918866-sun.html 2011年1月3日閲覧。 
  22. ^ Associated Press (2009年1月7日). “Predators' Shea Weber makes All-Star team”. USA Today. http://www.usatoday.com/sports/hockey/nhl/2009-01-07-3658641359_x.htm 2011年1月3日閲覧。 
  23. ^ Wilson, Kevin (2007). Nashville Predators 2010–11 media guide. Nashville Predators. http://predators.nhl.com/v2/ext/pdf/NashvillePredators_2010MediaGuide.pdf 2011年1月3日閲覧。. 
  24. ^ The National Hockey League official guide and record book 2010. New York City: National Hockey League. pp. 210. ISBN 978-1-894801-16-4. 
  25. ^ Wyshynski, Greg (2009年6月19日). “How Mike Green lost the Norris and other revealing vote totals”. Yahoo! Sports. http://sports.yahoo.com/nhl/blog/puck_daddy/post/How-Mike-Green-lost-the-Norris-and-other-reveali?urn=nhl-171393 2011年1月3日閲覧。 
  26. ^ “NHL all-star voting revealed”. The Orange County Register. (2009年6月18日). http://articles.ocregister.com/2009-06-18/sports/24581598_1_nicklas-backstrom-bill-durnan-first-team 2011年1月3日閲覧。 
  27. ^ Short, Robin (2010年2月17日). “Small market Shea Weber steps onto big stage with Canada at the Olympics”. The Hockey News. http://www.thehockeynews.com/articles/31619-Small-market-Shea-Weber-steps-onto-big-stage-with-Canada-at-the-Olympics.html 2011年1月3日閲覧。 
  28. ^ Wyshynski, Greg (2010年4月6日). “Shea Weber's fighting addiction may require intervention”. Yahoo! Sports. http://sports.yahoo.com/nhl/blog/puck_daddy/post/Video-Shea-Weber-s-fighting-addiction-may-requi?urn=nhl-146331 2011年1月3日閲覧。 
  29. ^ Mirtle, James (2010年6月24日). “2010 NHL Awards: The voting tallies”. Toronto: The Globe and Mail. http://www.theglobeandmail.com/sports/hockey/globe-on-hockey/2010-nhl-awards-the-voting-tallies/article1615665/ 2011年1月3日閲覧。 
  30. ^ “Weber named new Nashville captain”. National Hockey League. (2010年7月8日). http://www.nhl.com/ice/news.htm?id=534072 2011年1月3日閲覧。 
  31. ^ Boclair, David (2010年7月8日). “Weber becomes youngest player to captain Predators”. The City Paper. http://nashvillecitypaper.com/content/sports/weber-becomes-youngest-player-captain-predators 2011年1月10日閲覧。 
  32. ^ Cooper, Josh (2011年1月11日). “Nashville Predators defenseman Shea Weber an NHL All-Star”. The Tennessean. http://www.tennessean.com/article/20110111/SPORTS02/110111040/2079/sports 2011年1月11日閲覧。 
  33. ^ “2011 NHL Fantasy Player Draft results”. National Hockey League. (2011年1月28日). http://www.nhl.com/ice/news.htm?id=550934 2011年6月25日閲覧。 
  34. ^ Team Lidstrom at Team Staal - Game boxscore”. National Hockey League (2011年1月30日). 2011年6月25日閲覧。
  35. ^ Wilson, Kevin (2011年2月12日). “Preds open 4-game homestand with Saturday match-up vs Avs”. Nashville Predators. http://predators.nhl.com/club/preview.htm?id=2010020833 2011年6月25日閲覧。 
  36. ^ “Best of 2010-11 to be honored at Awards Show”. Fox News Channel. (2011年6月17日). http://www.foxnews.com/sports/2011/06/17/best-2010-11-to-be-honored-at-awards-show/ 2011年6月25日閲覧。 
  37. ^ Shah, Jashvina (2011年6月21日). “Report: Nashville Predators, Shea Weber headed to arbitration”. New England Sports Network. http://www.nesn.com/2011/06/report-predators-shea-weber-headed-to-arbitration.html 2011年6月25日閲覧。 
  38. ^ McDonald, Joe (2011年4月26日). “Chara vs. Lidstrom for Norris Trophy?”. ESPN.com. http://sports.espn.go.com/nhl/news/story?id=6425078&campaign=rss&source=NHLHeadlines 2011年5月12日閲覧。 
  39. ^ a b Wyshynski, Greg (2011年6月22日). “How Corey Perry won the Hart, and other revealing vote totals”. Yahoo! Sports. http://sports.yahoo.com/nhl/blog/puck_daddy/post/How-Corey-Perry-won-the-Hart-and-other-revealing?urn=nhl-wp7746 2011年6月25日閲覧。 
  40. ^ Hoag, Dirk (2011年6月22日). “Shea Weber & Pekka Rinne named to NHL All-Star teams”. SportsBlog Nation. http://www.ontheforecheck.com/2011/6/22/2238399/nhl-all-star-team-shea-weber-pekka-rinne 2011年6月25日閲覧。 
  41. ^ Cooper, Josh (2010年12月13日). “Nashville Predators' Shea Weber ignores contract talks”. The Tennessean. http://www.tennessean.com/article/20101213/SPORTS02/12130313/Shea-Weber-counting-Predators-wins-not-dollars 2011年1月3日閲覧。 
  42. ^ Cooper, Josh (2011年5月12日). “Shea Weber says he'll remain with Nashville Predators”. The Tennessean. http://www.tennessean.com/article/20110512/SPORTS02/305120054/Weber-guarantees-he-ll-remain-with-Predators 2011年5月12日閲覧。 
  43. ^ McKenzie, Bob (2011年6月18日). “Potential RFA Weber in contract talks with Predators”. The Sports Network. http://www.tsn.ca/nhl/story/?id=369291 2011年6月25日閲覧。 
  44. ^ “Preds' Weber fined $2,500 for hit from behind on Hansen”. The Sports Network. (2011年10月21日). http://tsn.ca/nhl/story/?id=378596 2011年10月21日閲覧。 
  45. ^ http://sports.yahoo.com/blogs/nhl-puck-daddy/shea-weber-slams-henrik-zetterberg-head-glass-game-030827298.html
  46. ^ “Most Popular E-mail Newsletter”. USA Today. (2012年4月12日). http://www.usatoday.com/sports/hockey/nhl/story/2012-04-12/henrik-zetterberg-fine-shea-weber-hit/54204916/1 
  47. ^ http://www.mercurynews.com/sharks/ci_20376838/predators-beat-red-wings-3-2-game-1
  48. ^ http://www.hockey-reference.com/leagues/NHL_2012_skaters.html
  49. ^ “Blueliner Weber Signs 14-Year, $110M Offer Sheet With Flyers”. TSN.ca. (2012年7月19日). http://www.tsn.ca/nhl/story/?id=400969 
  50. ^ AP (2012年7月24日). “Predators match Flyers' 14-year, $110M offer sheet for Weber”. TSN. 2012年7月24日閲覧。
  51. ^ Roarke, Shawn (2014年6月24日). “Keith wins Norris Trophy for second time”. NHL.com. http://www.nhl.com/ice/news.htm?id=723699 2014年7月7日閲覧。 
  52. ^ “Canada's roster trimmed to 22 players for World Juniors” (プレスリリース), Hockey Canada, (2004年12月22日), http://www.hockeycanada.ca/index.php/ci_id/11071/la_id/1.htm 2011年1月10日閲覧。 
  53. ^ Roster/Canada”. Hockey Canada. 2008年2月9日閲覧。
  54. ^ “Phaneuf, Weber: Rock and hard place”. The StarPhoenix. (2004年12月30日). p. B1 
  55. ^ Plus–minus leaders”. International Ice Hockey Federation. 2008年2月9日閲覧。
  56. ^ “Team Canada adds NHLers Hamhuis, Weber”. CBC Sports. (2007年4月22日). http://www.cbc.ca/sports/hockey/story/2007/04/22/weber-hockeyworlds.html 2011年1月10日閲覧。 
  57. ^ a b Keating, Steve (2007年5月10日). “Canada avoid Swiss shock to reach last four”. Reuters. http://www.reuters.com/article/idUSL101361720070510 2010年12月29日閲覧。 
  58. ^ “Canada's Weber suspended 3 games for hit to head”. ESPN.com. (2007年4月29日). http://sports.espn.go.com/oly/news/story?id=2853112 2008年1月25日閲覧。 
  59. ^ Player statistics by team: CAN – Canada”. International Ice Hockey Federation. 2008年2月9日閲覧。
  60. ^ “Doan smiling as Canada wins world hockey title”. CTV Television Network. (2007年5月13日). http://www.ctv.ca/servlet/ArticleNews/story/CTVNews/20070513/world_hockey_championship_070513?s_name=&no_ads= 2008年2月9日閲覧。 
  61. ^ Johnston, Chris (2009年4月14日). “Stamkos, Doughty, Schenn bring youth to Canada at the Worlds”. Hockey Canada. http://www.hockeycanada.ca/index.php/ci_id/16980/la_id/1/ss_id/21257/nr_id/61254.htm 2010年12月29日閲覧。 
  62. ^ CBC Sports (2009年4月23日). “Doan to wear captain's 'C' for Team Canada”. CBC Sports. http://www.cbc.ca/sports/hockey/story/2009/04/23/sp-doan-captain.html 2010年12月29日閲覧。 
  63. ^ Johnston, Chris (2009年4月28日). “Canada routs Slovakia”. Toronto: The Globe and Mail. http://www.theglobeandmail.com/sports/article1138950.ece 2010年12月29日閲覧。 
  64. ^ Best players per game”. International Ice Hockey Federation. 2010年12月29日閲覧。
  65. ^ Scoring leaders”. International Ice Hockey Federation. 2010年12月29日閲覧。
  66. ^ “Kovalchuk named MVP”. International Ice Hockey Federation. (2009年5月10日). http://www.iihf.com/channels/iihf-world-championship-oc09/home/news/news-singleview-world-championship-2009/article/kovalchuk-named-mvp.html 2010年12月29日閲覧。 
  67. ^ McGran, Kevin (2009年7月2日). “Mix of players invited to Hockey Canada Olympic camp”. Toronto Star. http://www.thestar.com/article/659710 2010年12月29日閲覧。 
  68. ^ Burnside, Scott; Pierre LeBrun (2009年12月30日). “Breaking down 2010 Canadian team”. ESPN.com. http://sports.espn.go.com/oly/olyhockey/news/story?id=4782031 2010年12月29日閲覧。 
  69. ^ Scanlan, Wayne (2010年12月24日). “Canada crushes Germany in 8-2 Olympic men's hockey win”. The Vancouver Sun. http://www.vancouversun.com/sports/Canada+crushes+Germany+Olympic+hockey/2606549/story.html 2010年12月29日閲覧。 
  70. ^ Defensemen scoring leaders”. International Ice Hockey Federation. 2010年12月29日閲覧。
  71. ^ Miller gets MVP honours”. International Ice Hockey Federation (2010年2月28日). 2010年12月29日閲覧。
  72. ^ Wharnsby, Tim (2010年12月28日). “Canada outlasts U.S. for hockey gold”. CBC Sports. http://www.cbc.ca/olympics/hockey/story/2010/02/28/spo-olympic-hockey-gold-can-usa.html 2010年12月29日閲覧。 
  73. ^ “BC Sports Hall of Fame and Museum to Induct 9 Individuals and 2 Teams” (プレスリリース), BC Sports Hall of Fame, (2011年1月10日), http://www.bcsportshalloffame.com/assets/84/Media_Release_January_10.pdf 2011年6月25日閲覧。 
受賞
先代:
ケヴィン・ナスティック
WHLエアBCトロフィ受賞者
2005
次代:
ギルバート・ブルール
タイトル
先代:
ジェイソン・アーノット
ナッシュビル・プレデターズ主将
2010年–現在
現職