シグニファイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シグニファイオランダ語: Signify N.V.)は、オランダアイントホーフェンに本拠を置く、業務用および一般消費者向けの照明機器開発メーカー。日本法人はシグニファイジャパン合同会社ユーロネクスト・アムステルダム上場企業(EuronextLIGHT )。

沿革[編集]

フィリップスの照明事業の分社化によって設立された企業である。1891年のフィリップス創業以来の歴史を持つ同事業について、2014年9月、フィリップスは「フィリップスライティング」(Philips Lighting)として分社化を発表[1]2016年5月、フィリップスはフィリップスライティングの株式の約4分の1を売却し、フィリップスライティングは株式公開企業となった[2]。翌2017年にもフィリップスによる株式の売却が段階的に進み[3]、2018年末時点でフィリップスの占める割合は2割未満に低下した[4]

2018年5月、フィリップスライティングから現行の社名へと変更した[5]。社名変更後も、フィリップスとのライセンス契約に基づき、引き続き製品にはフィリップスのブランドを使用している。

日本法人[編集]

日本法人「シグニファイジャパン合同会社」は、フィリップス日本法人の照明機器事業部(1953年設立)の後身にあたり、分社時点ではフィリップス日本法人と同じビルに所在していたが、現在は品川区西五反田にオフィスを持つ。2019年1月7日、旧社名の「フィリップスライティングジャパン合同会社」から本国法人に合わせる形で改称した[6]。家庭用製品として、ワイヤレス照明システム「Philips Hue」を、業務用製品としてLED照明器具やCDMランプなどを販売している。

脚注[編集]

  1. ^ フィリップスが照明事業分社化、ヘルスケア・消費財に注力”. ロイター (2014年9月24日). 2018年3月11日閲覧。
  2. ^ Philips Lighting Shares Pop on IPO Debut” (英語). フォーチュン (2016年5月27日). 2018年3月10日閲覧。
  3. ^ Philips cuts holding in Philips Lighting with $600 million share salet” (英語). ロイター (2017年11月29日). 2018年3月10日閲覧。
  4. ^ Investor relations” (英語). Signify N.V.. 2019年7月15日閲覧。
  5. ^ フィリップスライティングがSignifyに”. シグニファイジャパン (2018年5月26日). 2019年7月15日閲覧。
  6. ^ 社名変更のお知らせ フィリップスライティングジャパンからシグニファイジャパンに”. シグニファイジャパン (2019年1月7日). 2019年7月15日閲覧。