シグモイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
シグモイド関数
ς型の関数の比較

シグモイド: sigmoid)とは、ギリシア文字シグマ (σ) の語末形(ς)に似た形のこと。S字形ともいう。

特に各種グラフに現れるシグモイド曲線 (: sigmoid curve) を指す。このようなグラフは個体群増加や、ある閾値以上で起きる反応(例えば急性毒性試験での死亡率)などに見られる。

共通する特徴[編集]

(-\infty, \infty) \rightarrow (a,b) 単調増加連続関数で表される。

y = ay = b漸近線に持ち、

\lim_{x \rightarrow \infty} y = a
\lim_{x \rightarrow -\infty} y = b
\lim_{x \rightarrow \pm \infty} \dot y = 0

である。

1つの変曲点を持つ。つまり、変曲点を (x_\mathrm{s}, y_\mathrm{s}) とすると、

  •  x < x_\mathrm{s} では下に凸
  •  x = x_\mathrm{s}(変曲点) では傾き最大
  •  x > x_\mathrm{s} では上に凸

となる。

式の例[編集]

実際の例[編集]

生化学ではアロステリックタンパク質(または酵素)の飽和(反応)曲線にシグモイド曲線がよく見られるが、これは正の協同性があることを示す。一般にヒルの式という経験式で表されるが、これも変数を対数に変換すればロジスティック関数の形になる。