システムサコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
システムサコム工業株式会社
SYSTEM SACOM Industry Corp.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
130-0026
東京都墨田区両国1-12-10
カネオカビル6階
設立 1981年
業種 電気機器
法人番号 9010601027374
事業内容 コンピュータ周辺装置等のハードウェア、知識情報処理関連、マルチメディア関連等の製品の販売
代表者 代表取締役 伊佐 恵美子
資本金 1,000万円
外部リンク http://www.sacom.co.jp/
テンプレートを表示

システムサコム工業株式会社は、東京都墨田区に本社を置くコンピュータ部品の開発企業。コンピュータ周辺装置等のハードウェア、知識情報処理関連、マルチメディア関連等の製品の販売を行なう。

概要[編集]

1983年から1998年まではパソコン(主にホビーパソコン)および家庭用ゲーム機向けにゲーム開発も行っていたが、1999年にゲーム事業から撤退し、2000年以降からはハードウェア販売に特化している。

パソコンゲームに関しては、ハードウェア事業も行っていた強みを生かし、当時ビジネス用途中心に使われていたPC-9801に音楽機能やジョイスティック端子を追加する「アミューズメントボードAMD-98」(1985年2月発売)をリリースし、これに自社ソフトを対応させていた。以後は他社からも対応ソフトが発売されるようになり、PC-9801のホビー用途の拡大に貢献した。

後に「ノベルウェア」というシリーズを生み出したが、これは後のサウンドノベルビジュアルノベルというジャンルに影響を与えており、当時FM音源が主流だった時代に、いち早くMIDI音源対応のゲームを発売しているなど、小説とサウンドの融合に力を入れていた。斎藤学が音楽を手がけた『38万キロの虚空』は、日本の市販ゲームソフトで、初めてMIDI音源を利用した音楽再生をしたゲームとして知られる。

主な発売ゲームソフト[編集]

パソコン用ゲームソフト[編集]

  • メルヘンヴェール(PC-9801 / PC-8801 / PC-8801mkⅡSR / X1 / FM-7 / MZ-2500 / MSX / MSX2)1985年9月発売。
  • メルヘンヴェールII(PC-9801)1986年6月発売。
  • DOMEPC-8801 / PC-9801 / X1 / FM-7 / MSX2 / MZ-2500 / X68000
    • “パソコンで読む小説” ノベルウェアシリーズ第1弾。1988年6月発売。原作は夏樹静子
  • ソフトでハードな物語(PC-9801 / X68000)
    • ノベルウェアシリーズ第2弾。1988年7月発売。ゲームソフト開発会社の内幕を描く。
  • シャティ(PC-8801)
    • ノベルウェアシリーズ第3弾(第2弾の予定だったが、開発が遅れ第3弾となった)。1988年11月発売。原作者は、海外SF小説ゲームブックなどの翻訳で知られる鎌田三平
  • ソフトでハードな物語2 The Return of ISHIDA(PC-9801 / X68000)
    • ノベルウェアシリーズ第4弾。1989年6月発売。タイトルは『イシターの復活』のパロディ。
  • 38万キロの虚空(PC-9801 / X68000 / FM-TOWNS)
    • ノベルウェアシリーズ第5弾。1989年10月発売。
  • 闇の血族(X68000)
    • ノベルウェアシリーズ第6弾。1990年7月発売。
  • 闇の血族 -完結編-(X68000)
    • ノベルウェアシリーズ第7弾。1990年10月発売。
  • 闇の血族Special(FM-TOWNS)
    • 先行して発売されたX68000版の前編・完結編を1本にまとめて収録。BGMはCM-64版をCD-DAで収録したものを使用。1991年2月発売。

家庭用ゲーム機ソフト[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

  • 斎藤学 - 『38万キロの虚空』『ユーフォリー』などの作曲を担当。
  • マーク・フリント - 『ゾーン』『ブラウンズラン』などを手がけた天才プログラマ。システムサコムの創成期を支えたひとり。