シックスナイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シックスナインの体位で相互オーラルセックスを行なう男女
フェリシアン・ロップス描くところのシックスナイン

シックスナインとは、男女または同性同士が双方の性器肛門で刺激を与えながら性的興奮快楽を求め合う、オーラルセックスの一種。

概説[編集]

ちょうど69の数字の形のように、双方のの位置が逆に(頭の位置が互い違いに)なる。英語ではsixty-nine四十八手では、男性が上になった場合は互いについばむ様子から「椋鳥(むくどり)」、女性が上になった場合は「二つ巴」がこれに近い。前戯として行われる場合が多い。

女性が上になった場合は、「さかさ椋鳥(むくどり)」と言い、男女ともに横になるシックスナインは「二つ巴」となる。[1]


方法[編集]

一口にシックスナインと言っても、さまざまな方法がある。どちらかが上になる場合もあれば、添い寝で行うものもある。男女の身長差や体型の違いなどを考慮し、お互いが負担なくできる体勢で行う。

女性が上になるものが一般的とされている。男性側は頭部を浮かせて舐めるような状態になるので、長時間におよぶと首が疲れる場合がある[2]

体格で大きく勝る男性が上に乗ってしまうと、女性がかなり苦しむことになるので、体格差が大きい場合は避ける体勢となる

男女双方が一番楽に行えるシックスナインは、男女ともにリラックスして横になる「二つ巴」である。[3]

歴史[編集]

「互いが同時に口交を行うこと」は英語圏ではフランス語のsoixante-neuf(69)という数字の形をもとに婉曲的に表現された。「soixante-neuf」という用語の起源は、1790年のフランスで出版された『娼婦達のカテキズム』というテロワーニュ・ド・メリクールが書いた[4]文章にまでしか遡れない[5]

脚注[編集]

  1. ^ 夢枕艶房秘考(性戯四十八手裏表絵解説)東京美術出版平成6年刊参考 セックスの体位48手【1】四十六.二ツ巴 
  2. ^ シックスナインの基本 パートナーと感じ合う3つの方法
  3. ^ 一番気持ちいいシックスナインのやり方
  4. ^ Vicinus, Martha. Suffer and be still: women in the Victorian age.Bloomington:Indiana University Press, 1972, p.231
  5. ^ Legman, Gershon. Oragenitalism : Oral Techniques in Genital Excitation.New York:the Julian Press Inc., 1969, p.289

関連項目[編集]