シティオブライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シティオブライト
DSC 3031CityofLight.jpg
欧字表記 City of Light[1]
品種 サラブレッド
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2014年5月7日(5歳)[1]
Quality Road[1]
Paris Notion[1]
母の父 デヒア[1]
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Ann Marie Farm[1]
馬主 Warren, Jr., Mr. and Mrs. William K.[2]
調教師 Michael W. McCarthy(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[2]
競走成績
生涯成績 11戦7勝[1]
獲得賞金 $5,662,600[2]
 
勝ち鞍
GI ペガサスワールドカップ 2019年
GI ブリーダーズカップ・ダートマイル 2018年
GI トリプルベンドステークス 2018年
GI マリブステークス 2017年
テンプレートを表示

シティオブライト (City of Light[1]) はアメリカ合衆国競走馬種牡馬である。主な勝ち鞍は2019年ペガサスワールドカップ(G1)、2018年ブリーダーズカップ・ダートマイル(G1)、トリプルベンドステークス(G1)、2017年マリブステークス(G1)。

戦績[編集]

2014年5月7日に誕生。2015年9月のキーンランド1歳馬セールに上場され、71万ドルで購買された[3]

デビューは遅れ、3歳(2017年)7月にようやく初出走を果たす。2戦目で2着に7馬身半をつける圧勝で初勝利を挙げ、4戦1勝で挑んだ年末のマリブステークスでは重賞初出走ながら2着に2馬身差をつける完勝でG1初制覇を飾った[1]

2018年初戦のトリプルベンドステークスも制してG1を連勝。4月のオークローンハンデキャップでは同年のエクリプス賞年度代表馬に輝くアクセラレートを破って重賞3連勝。その後、ゴールドカップアットサンタアニタステークスではアクセラレートの巻き返しを許して3着、フォアゴーステークスは2着に敗れたが、ハビエル・カステリャーノに乗り替わったブリーダーズカップ・ダートマイルでは鮮やかな逃げ切り勝ちを収め、3度目のGI制覇を果たした[4]

引退レースとして2019年1月26日のペガサスワールドカップに出走し、同じくラストランとなるアクセラレートに次ぐ2番人気に支持された。雨でコースに水が浮くほどの不良馬場の中、2番手追走から3コーナー手前で先頭に立つと直線では他馬を引き離し、2着シーキングザソウル(Seeking the Soul)に5馬身3/4差をつける圧勝で有終の美を飾った[5]

競走成績[編集]

以下の内容は、Equibase[2]の情報に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2017.07.06 ロスアラミトス 未勝利 6f 2着 G.スティーヴンス 1馬身 The Party Facgtor
0000.09.01 デルマー 未勝利 ダ6f 1着 G.スティーヴンス 7馬身1/2 (Cats Blame)
0000.10.07 サンタアニタ アローワンス・
オプショナルクレーミング
ダ6.5f 2着 G.スティーヴンス 1馬身 Americanize
0000.11.03 デルマー アローワンス・
オプショナルクレーミング
ダ7f 2着 G.スティーヴンス 1馬身1/2 Dabster
0000.12.26 サンタアニタ マリブステークス G1 ダ7f 1着 D.ヴァン・ダイク 2馬身 (Edwards Going Left)
2018.03.10 サンタアニタ トリプルベンドステークス G1 ダ9f 1着 D.ヴァン・ダイク 1馬身1/2 (Bobby Abu Dhabi)
0000.04.14 オークローンパーク オークローンハンデキャップ G2 ダ9f 1着 D.ヴァン・ダイク クビ Accelerate
0000.05.26 サンタアニタ ゴールドカップアット
サンタアニタステークス
G1 ダ10f 3着 D.ヴァン・ダイク 5馬身1/2 Accelerate
0000.08.25 サラトガ フォアゴーステークス G1 ダ7f 2着 I.オルティスJr. 1馬身1/2 Whitmore
0000.11.03 チャーチルダウンズ BCダートマイル G1 ダ8f 1着 J.カステリャーノ 2馬身3/4 (Seeking the Soul)
2019.01.26 ガルフストリームパーク ペガサスワールドカップ G1 ダ9f 1着 J.カステリャーノ 5馬身3/4 (Seeking the Soul)

種牡馬時代[編集]

引退後は父クオリティロードも供用されているレーンズエンドファーム種牡馬入りした。初年度の種付け料は3万5000ドルに設定された[6]

血統表[編集]

シティオブライト血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

Quality Road
2006 鹿毛
父の父
Elusive Quality
1993 鹿毛
Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Touch of Greatness Hero's Honor
Ivory Wand
父の母
Kobla
1995 鹿毛
Strawberry Road Whiskey Road
Giftisa
Winglet Alydar
Highest Trump

Paris Notion
1998 黒鹿毛
*デヒア
Dehere
1991 鹿毛
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Sister Dot Secretariat
Sword Game
母の母
Fabulous Notion
1980 鹿毛
Somethingfabulous Northern Dancer
Somethingroyal
Careless Notion Jester
Miss Uppity
母系(F-No.) 2号族(FN:2-e) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer5×5×4=12.50%、Somethingroyal5×4=9.38%、Secretariat5×4=9.38%、Raise a Native5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ City of Light(USA) 5代血統表. 2019年2月8日閲覧
  2. ^ City of Light(USA) 5代血統表. 2019年2月8日閲覧
  3. ^ City of Light(USA) 5代血統表. 2019年2月8日閲覧
  4. ^ City of Light(USA) 5代血統表. 2019年2月8日閲覧

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k City of Light | Race Record & Form. Racing Post. 2019年2月8日閲覧
  2. ^ a b c d Horse Profile for City of Light. Equibase. 2019年2月8日閲覧
  3. ^ City Of Light Aces Stakes Debut In Malibu Victory. Paulick Report(December 26, 2017). 2019年2月8日閲覧
  4. ^ BCダートマイル、シティオブライトが逃げ切り勝ち. JRA-VAN Ver. World(2018年11月5日付). 2019年2月8日閲覧
  5. ^ ペガサスワールドカップ招待Sの結果. WRN(2019年1月28日付). 2019年2月8日閲覧
  6. ^ シティオブライトとアクセラレイトが引退、種牡馬入り. JRA-VAN Ver. World(2019年1月30日付). 2019年2月8日閲覧
  7. ^ Fabulous Notion(USA). JBISサーチ(JBIS-Search). 2019年2月8日閲覧