シティコネクション (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社シティコネクション
CITY CONNECTION CO., LTD
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都中央区東日本橋2-27-9 初音森ビル3階
北緯35度42分9.2秒 東経139度45分59.9秒 / 北緯35.702556度 東経139.766639度 / 35.702556; 139.766639座標: 北緯35度42分9.2秒 東経139度45分59.9秒 / 北緯35.702556度 東経139.766639度 / 35.702556; 139.766639
設立 2005年4月
業種 情報・通信業
法人番号 5010001143180 ウィキデータを編集
事業内容 ゲームサウンドトラック制作、受託、ゲームの企画、開発、販売、ライセンス管理ほか
代表者 代表取締役社長 吉川 延宏
従業員数 40人(2020年、連結)
主要株主 吉川 延宏
主要子会社 株式会社ゼロディブ
外部リンク https://city-connection.co.jp
テンプレートを表示

株式会社シティコネクション (CITY CONNECTION) は、東京都中央区東日本橋2-27-9 初音森ビル3階[1]に所在する音楽ソフト制作会社。かつて存在していたゲーム開発企業であるジャレコ知的財産権を所有しており、コンピュータゲームのソフトウェア企画・開発・ライセンス管理も行っている。

概要[編集]

2005年4月、TSUTAYAバイヤーをしていた吉川延宏が兼業で設立。元々は販促物制作など、TSUTAYAの関連事業を主にしていた(下記の事業開始後も引き続き行っている)。

バイヤーとしてラインナップに不満を感じたことから、コンピュータゲームサウンドトラックCDの制作を始める。2011年1月に発売された第1弾がジャレコ作品のコンピレーションであったことから、ゲーム『シティコネクション』のヒロイン・クラリスにちなみ、レーベル名をクラリスディスクとする[2]

2013年夏、ジャレコの知的財産権(ライセンス)を継承する[3]クラリスゲームス名義で、家庭用ゲーム機・スマートフォン向けにジャレコのゲームライセンスを他社に貸与するようになった。また、2016年にはスターフィッシュ・エスディから『星をみるひと』のライセンスも取得しているほか、ゲームアーカイブスでは『クーロンズゲート』など木村央志関連作品の配信元になっている。

2016年12月、甲南電機製作所との資本業務提携で開発会社のノーティを設立[3]。2017年3月、『そるだむ 開花宣言』(『ソルダム』のリメイク移植)で自社パブリッシングを開始。

2018年12月25日、コンテンツライツマネジメントを行なっているダブルエルがシティコネクション株式の51%を取得し、子会社化[4]

2019年3月29日彩京コンテンツなどを扱うゼロディブの全株式を取得し、完全子会社化[5]

2020年7月、代表の吉川延宏がダブルエルから株式を買い戻し、過半数を取得。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]