シティタワー武蔵小杉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シティタワー武蔵小杉
建設中のシティタワー武蔵小杉
建設中のシティタワー武蔵小杉
施設情報
所在地 神奈川県川崎市中原区市ノ坪
状態 完成
着工 2012年平成24年)
竣工 2016年(平成28年)
用途 共同住宅店舗
地上高
高さ 最高部192.6m、建築物185.00m
各種諸元
階数 地上53階、地下3階
敷地面積 8,628.28
建築面積 3,992.98
延床面積 104,160.88
構造形式 鉄骨造鉄筋コンクリート造
エレベーター数 低層2・中層3・高層3 他非常用
戸数 800戸
関連企業
施工 前田建設工業
デベロッパー 住友不動産
テンプレートを表示

シティタワー武蔵小杉(シティタワーむさしこすぎ)は、神奈川県川崎市中原区にある53階建ての超高層マンション。神奈川県内で3番目に高い建築物である。国内の超高層マンションでは18番目に高い。

概要[編集]

新丸子東3丁目南部地区再開発エリアの東京機械製作所玉川製造所第二工場跡地の再開発に伴い住友不動産/前田建設が建設した。北側第一工場跡地には先行して2014年に複合商業施設のランツリー武蔵小杉が竣工した[1]。総戸数は800戸[2]。下層階には商業・業務・保育施設・学習塾が入居している。三井不動産が主導し開発している武蔵小杉駅周辺においては唯一住友不動産による超高層マンションとなっている。

沿革[編集]

  • 2009年(平成21年) - 玉川製作所工場が千葉県木更津市に移転。
  • 2012年(平成24年)11月 - 着工。
  • 2016年(平成28年)1月 - 竣工。

脚注[編集]

関連項目[編集]