シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション
Nicky Larson et le Parfum de Cupidon
監督 フィリップ・ラショー
脚本 フィリップ・ラショー
ピエール・ラショー
ジュリアン・アルルティ
ピエール・デュダン
原作 北条司
製作 クリストフ・サーヴォーニ
マーク・フィスマン
出演者 フィリップ・ラショー
音楽 マイケル・トルジマン
マキシム・デスプレス
撮影 ヴィンセント・リチャード
編集 ネイサン・デラノイ
アントワーヌ・ヴァレーユ
製作会社 Les Films du 24
アクセル・フィルム
配給 フランスの旗 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
公開 フランスの旗 2019年2月6日
日本の旗 2019年11月29日
上映時間 91分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 1860万ユーロ[1]
テンプレートを表示

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』(原題: Nicky Larson et le Parfum de Cupidon、英語題: Nicky Larson and Cupid's Perfume)は、2019年フランスの映画。日本では同年11月29日に公開予定[2]。原作は北条司同名漫画。キャッチコピーは「この手があったか!冴羽獠、最大の危機! by北条司[3][4]

概要[編集]

北条司の漫画『シティーハンター』をフィリップ・ラショーフランス語版監督・脚本・主演により映画化した作品。

フィリップは小学生の頃から『シティーハンター』の大ファンであり、権利元である北条の事務所へ実写版の企画書・プロットを直筆の手紙と共に送ったところ、それが気に入られたことから、今度は18か月をかけて書いた脚本を携えて来日し、映画化を快諾されたという[3][5]。また、フィリップは同じくファンである『ドラゴンボール』の実写化映画『DRAGONBALL EVOLUTION』の辛辣な評価を見て、ファンを失望させないよう「原作に可能な限り忠実であること」を目指したという(ただし、一部の漫画独特な表現は抑えられている)[6]

北条は国内公開決定の際、「今年は、シティーハンターの劇場アニメ版公開からはじまり、このフランス版の日本公開で締めくくることができ、まさに“シティーハンターイヤー”となりました。大変うれしく思います。監督の愛が詰まった、ワクワク、ドキドキするアクションコメディ映画となっています。シティーハンターを応援してくれる方には是非ご覧いただきたいです」とコメントしている[3][4]

『シティーハンター』の劇場作品としては、同年2月に上映された『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』に次ぐもので、1年に『シティーハンター』の映画が2本公開されるのは今回が初めてである。

フランスでは公開から2週間で観客動員100万人を突破した[3][5]。また、日本では公開前から主要キャラクターの忠実な再現度などが話題になっている[3][7]

日本語吹き替え版での冴羽獠槇村香については、アニメ版で担当した神谷明伊倉一恵から、山寺宏一沢城みゆきに変更されている。これは、神谷が「今回は実写作品の獠である」ことから辞退し、その代わりとしてテレビアニメ版のレギュラーとして出演経験がある山寺に獠役のオファーが来た物で、山寺は当初固辞したものの、神谷からの後押しと「他の誰かがやるなら」という思いから決意したという経緯がある。これに合わせる形で神谷と伊倉の後押しにより、沢城が香役に選ばれることになった。ただし、神谷と伊倉はスペシャルゲストとして別の役で出演する[8]他、海坊主は玄田哲章、槇村秀幸は田中秀幸、野上冴子は一龍斎春水とオリジナルキャストがそのまま起用されている[2]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※役名、フランスでの名前、俳優、日本語吹き替え版担当声優の順。

スタッフ[編集]

  • 監督 - フィリップ・ラショー
  • 製作 - クリストフ・セルボーニ、マルク・フィズマン
  • 原作 - 北条司
  • 脚本 - フィリップ・ラショー、ピエール・ラショー、ジュリアン・アルッティ、ピエール・デュダン
  • 撮影 - バンサン・リシャール
  • 美術 - サミュエル・テッセール
  • 衣装 - クレール・ラカーズ
  • 編集 - アントワーヌ・バレイユ
  • 音楽 - マキシム・デプレ、ミカエル・トルディマン

関連項目[編集]

出典[編集]