-乳酸デヒドロゲナーゼ (シトクロム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
L-乳酸デヒドロゲナーゼ (シトクロム)
識別子
EC番号 1.1.2.3
CAS登録番号 9078-32-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

L-乳酸デヒドロゲナーゼ (シトクロム)(L にゅうさんデヒドロゲナーゼ シトクロム、L-lactate dehydrogenase (cytochrome))は、L-乳酸ピルビン酸へと酸化する化学反応触媒する酸化還元酵素である。シトクロムb2cytochrome b2, CYB2)、フラボシトクロムb2flavocytochrome b2)とも呼ぶ。

(S)-乳酸 + 2 フェリシトクロムc ピルビン酸 + 2 フェロシトクロムc + 2 H+

分布[編集]

主に真正細菌真菌に存在している。真核生物ではミトコンドリア膜間腔に局在している。

構造[編集]

分子量およそ60kDaのフラボタンパク質がホモ4量体として機能している。N末端にヘムb結合に関わる領域があり、大部分はFMN結合に関わり、C末端が4量体形成に関わっている。[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Mowat et al. (2010). “Flavin-containing heme enzymes”. Archiv. Biochem. Biophys. 493 (1): 37-52. doi:10.1016/j.abb.2009.10.005.