シナン・ボラト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シナン・ボラト Football pictogram.svg
Sinan Bolat'11.JPG
トルコ代表でのボラト
名前
ラテン文字 Sinan Bolat
基本情報
国籍 トルコの旗 トルコ
ベルギーの旗 ベルギー
生年月日 (1988-09-03) 1988年9月3日(30歳)
出身地 中央アナトリア地方
カイセリ県カイセリ
身長 190cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム ベルギーの旗 ロイヤル・アントワープFC
ポジション GK
背番号 1
利き足
ユース
1992-1996 ベルギーの旗 ゾンホーフェンオランダ語版
1996-2005 ベルギーの旗 ヘンク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2008 ベルギーの旗 ヘンク 5 (0)
2008-2013 ベルギーの旗 スタンダール 96 (0)
2013- ポルトガルの旗 ポルト 0 (0)
2013- ポルトガルの旗 ポルトII 4 (0)
2014 トルコの旗 カイセリスポル (loan) 14 (0)
2014-2015 トルコの旗 ガラタサライ (loan) 2 (0)
2015-2016 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ (loan) 3 (0)
2016-2017 ポルトガルの旗 ナシオナル (loan) 0 (0)
2017 ポルトガルの旗 アロウカ (loan) 14 (0)
2017- ベルギーの旗 ロイヤル・アントワープ 78 (0)
代表歴2
2004 ベルギーの旗 ベルギー U-17 3 (0)
2005-2007 ベルギーの旗 ベルギー U-19 7 (0)
2009 トルコの旗 トルコ U-21 2 (0)
2011- トルコの旗 トルコ 11 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月31日現在。
2. 2018年11月22日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

シナン・ボラトSinan Bolat, 1988年9月3日 - )は、トルコカイセリ出身のサッカー選手ジュピラー・プロ・リーグロイヤル・アントワープFC所属。ポジションはGKトルコ代表

経歴[編集]

クラブ[編集]

幼少期にトルコカイセリからベルギーへ移住した[1] ボラトは、1996年にゾンホーフェンVVオランダ語版でのプレーがベルギー1部KRCヘンクのスカウトの目に留まって引き抜かれる[2] と、15歳でトップチーム昇格を果たし、2006-07シーズンのFCブリュッセル戦においてプロ初出場を飾った[3]ローガン・バイリーの存在から出場機会を多く得られずにいる[3] 中でフェネルバフチェSKトラブゾンスポルといった祖国トルコ1部のクラブから関心が寄せられていた[4] ものの、2008年7月に契約を4年延長し、バイリーとの定位置争いを選択した[3]。しかし、12月下旬に急遽スタンダール・リエージュと4年半契約を締結した[5] ことでヘンクでの出場は、リーグ戦5試合となった。

スタンダール・リエージュ[編集]

2008年12月29日に移籍金15万ユーロスタンダール・リエージュと4年半で合意する[5]。加入当初はロリス・アラゴン英語版の控えとして過ごしていたが、最終的に定位置争いに勝利しており、特に終盤に出場した7試合中5試合で無失点を達成し、KベールスホットAC戦 (4-1) とKVメヘレン戦 (3-1) での2失点しか許さない活躍を見せた。また、2009年2月26日のUEFAカップ 2008-09SCブラガ戦でも前半を無失点でに抑えていたが、股関節の負傷によって前半終了後にアラゴンと置き換えられ、チームは1-1の引き分けとなった[6]。同シーズン最終節のKAAヘント戦において、ブライアン・ルイスPKを見事に防いで勝利に貢献した。これで、RSCアンデルレヒトと勝ち点が同数となり、優勝プレーオフが開催される[7] と、敵地での第1戦を1-1の引き分けに持ち込み、5月24日の第2戦をアクセル・ヴィツェルのPKによって1-0で勝利を収め、2-1で優勝を果たすと共にUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10出場権を得た。9試合中6試合で無失点を達成し、優勝に貢献する成功したシーズンを終了した後、マンチェスター・ユナイテッドFCアーセナルFCからのオファーが届いたことを明かした[8]

2009年7月25日、2009-10シーズン開幕に先立って行われた古巣ヘンクとのベルギー・スーパーカップで2-0の無失点に抑えてタイトルを獲得[9] し、良い形で開幕を迎えることになった。しかし、UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10においては苦戦を強いられており、12月9日のAZアルクマールとのグループリーグ最終戦で95分にフリーキックを頭で押し込み、1-1の引き分けに持ち込んだことで、同じく敗退決定していたAZを勝ち点で上回り、どうにか3位でUEFAヨーロッパリーグ 2009-10決勝トーナメントへ進出となった[10]。なお、この得点によってUEFAチャンピオンズリーグ史上初オープンプレーで得点したGKとなっている[11]

2010年11月のクラブ・ブルッヘ戦で十字靭帯損傷による3ヶ月の離脱[12] となりながらも、復帰後も変わらずに正GKとして活躍を続けていたが、2012年4月22日のヘンクとのプレーオフにおいて膝を負傷する[13] と、その後の回復が芳しくなかったため、6月に手術を受けることを選択したことで半年の離脱となった[13]。負傷の状態にありながらも、ステップアップを望んで退団を希望[14] し、契約延長を拒否した[15] ボラトに対して契約満了での放出を避けたいスタンダール側と高齢のマーク・シュワルツァーの後釜を模索していたプレミアリーグフラムFCとの思惑が合致し、9月13日に2013年1月からの移籍でクラブ間合意となる[16]。最終的に移籍話は頓挫し、1月からも引き続きスタンダールに滞在することが決定した[17] が、クラブ首脳陣から起用しないとの宣言をされ、川島永嗣の存在から出場機会が無い状態となった[18]。その困難の中、2月のサークル・ブルッヘ戦において敵地に訪れたファンから自身の支持を歌われ、支えられた[18] ものの、シーズン一杯出場することは叶わなかった。

ポルト[編集]

2013年7月30日にポルトガル1部FCポルトに5年契約で完全移籍することが決定[19] し、スタンダール時代の同僚スティーヴン・ドフールエリアカン・マンガラと再会した。同2013-14シーズンを以って契約満了となるエウトンの後釜として見られていた[20] ものの、エウトンのみならず、2番手のファビアーノポルトガル語版の後塵を拝したため、トップチームでの出場機会は無く、ポルトガル2部のBチームで4試合の出場となった[21]

2014年1月にトルコ1部のカイセリスポルへ期限付き移籍となり[21]、初出場を飾った2月1日のカスムパシャSK[22] 以降、正GKとして14試合に出場した。期限満了に伴いポルトへ復帰すると、負傷したエウトンの代役としてファビアーノ、リカルドポルトガル語版カドゥポルトガル語版と定位置争いを繰り広げることになった[23] が、7月22日にトルコ1部のガラタサライSK期限付き移籍に出され、今度はフェルナンド・ムスレラと定位置争いをすることになった[24][25]。その後もクラブ・ブルッヘCDナシオナルFCアロウカと期限付き移籍を繰り返し、結局ポルトでの試合出場はなかった。

ロイヤル・アントワープ[編集]

2017年7月、ロイヤル・アントワープFCに移籍した。

代表[編集]

U-17、U-19代表ではベルギー代表としてプレーし、UEFA U-17欧州選手権2004予選にも出場した[26]。U-21代表からは、生まれ故郷のトルコ代表を選択[1] し、2008年のトゥーロン国際大会に参加。なお、全3試合未出場だった。

2009年6月1日、ファティ・テリム監督によってアゼルバイジャンフランス戦へ向けてトルコA代表に初招集される[27]。両試合未出場だったが、その後の2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選UEFA EURO 2012予選で度々招集されるようになり、2011年8月10日にトルコ・テレコム・アリーナで行われた親善試合のエストニア戦 (3-0) において初出場を飾った[28]。それから2ヶ月後にEURO 2012予選最終戦のアゼルバイジャン戦において、フース・ヒディンク監督に先発を任されると、無失点に抑えて1-0の勝利に貢献すると共に勝ち点を争っていたベルギーがドイツに敗れたことでプレーオフ進出に成功した[29]クロアチアとのプレーオフ第1戦でヴォルカン・デミレルが起用されていたものの、0-3で敗北しており、第2戦は勝利が必須条件となっていた。そして、アゼルバイジャン戦に続く重要な場面を任されたボラトは、起用に応えて無失点に抑えたが、攻撃陣が振るわずに0-0の引き分けで本大会進出を逃した[30]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ベルギーの旗 スタンダール
ポルトガルの旗 ポルト
トルコの旗 ガラタサライ
ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ

脚注[編集]

  1. ^ a b "Bolat kiest voor Turkije"
  2. ^ "Sinan Bolat eerste selectie voor Turkije"
  3. ^ a b c "Bolat kiest voor Racing Genk"
  4. ^ "Fenerbahce wil superheld Sinan Bolat"
  5. ^ a b "スタンダール、若手GKボラトを補強"
  6. ^ "Le Standard éliminé avec les honneurs de la coupe UEFA"
  7. ^ "Belgian Championship undecided after missed penalty"
  8. ^ "Sinan Bolat milli davet bekliyor"
  9. ^ "Supercoupe: victoire du Standard face à Genk"
  10. ^ "Liege late show stuns AZ"
  11. ^ "数字で見るUCLグループリーグ"
  12. ^ "Doelman Bolat ziet angst bewaarheid worden: gescheurde kruisbanden"
  13. ^ a b "Sinan Bolat zes maanden out na knieoperatie"
  14. ^ "Bolat gaat weg: "In België heb ik alles gehad""
  15. ^ "Standard Luik stuurt Bolat voor revalidatie naar Fulham"
  16. ^ "Sinan Bolat revalideert bij Fulham"
  17. ^ "Sinan Bolat trekt niet naar Fulham"
  18. ^ a b "ガイジン’s アイ:川島に対するサポーター感情"
  19. ^ "スタンダールGKがポルトへ移籍 新GKも加入"
  20. ^ "Comment Bolat a quitté le Standard pour Porto"
  21. ^ a b "Sinan Bolat ruma ao Kayserispor"
  22. ^ "FC Porto: Bolat saiu com vontade de regressar ao Dragão"
  23. ^ "Ex-doelman Genk en Standard krijgt nieuwe kans bij Porto"
  24. ^ "Bolat verruilt beloften van FC Porto voor jaar bij Galatasaray"
  25. ^ Sinan Bolat Galatasaray'da ガラタサライSK公式ウェブサイト 2014年7月22日付
  26. ^ "シナン・ボラト" uefa.com
  27. ^ "Milli Takım kalesinde ilk gurbetçi: Sinan Bolat"
  28. ^ "Sinan Bolat Siftah Yaptı"
  29. ^ "トルコ、アゼルバイジャンを下して2位確保"
  30. ^ "クロアチア、無失点を保って本大会へ"