シネシティザート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シネシティザート
CINECITY ZART
RZ Cinecity Zart 2018a.jpg
情報
正式名称 シネシティザート
開館 2011年10月5日
開館公演ワイルド・スピード MEGA MAX」(ジャスティン・リン監督)他
収容人員 (10スクリーン)1,941人
設備 DLP(全10スクリーン)
3D(計4スクリーン)
35mm映写機(計4スクリーン)
用途 映画館
運営 静活株式会社
所在地 静岡県静岡市葵区鷹匠1-1-1 新静岡セノバ9階
位置 北緯34度58分31.4秒 東経138度23分14.3秒 / 北緯34.975389度 東経138.387306度 / 34.975389; 138.387306座標: 北緯34度58分31.4秒 東経138度23分14.3秒 / 北緯34.975389度 東経138.387306度 / 34.975389; 138.387306
最寄駅 新静岡駅
最寄バス停 新静岡駅#バス路線参照
最寄IC 東名高速道路静岡IC
外部リンク http://www.zart.jp/

シネシティ・ザート(CINECITY ZART)は、静岡県静岡市葵区の複合商業ビル「新静岡セノバ」9階にある映画館シネマコンプレックス)。

特色[編集]

館名の「ザート」(ZART)は、七間町にあった静岡オリオン座の「座」(ZA)と、英語で「芸術」を意味する「アート」(ART)を掛けた造語である[1]

10スクリーンを有し、座席数は車いす席20席を合わせて計1,941席である[2]。全スクリーンがDLPデジタルシネマ)上映に対応している[2]。10スクリーンのうち4スクリーンが35mm映写機に対応しており、また4スクリーンが3DRealD方式)に対応している。ロビーが片側がガラス張りになっており、晴れた日には富士山を一望できる[3]。テレビ局の多い静岡市中心部にあるため、積極的に俳優や監督の舞台挨拶を行っている[3]

歴史[編集]

開館前[編集]

「映画館の街」七間町
シネシティ・ザートが入る新静岡セノバ

静岡市葵区七間町は「映画館の街」として知られ、静活株式会社は七間町で静岡オリオン座など4館9スクリーンの映画館を運営していた。2010年(平成22年)時点で七間町には5館13スクリーンが集まっており[注 1]、静活の佐藤選人支配人は「『映画街』がこれだけの規模で残るのは、全国でも七間町だけ」と話す[5]

2000年代には同一施設に多数のスクリーンを持つシネマコンプレックス(シネコン)が日本各地に広がりを見せた。2009年(平成21年)に閉店となった新静岡センターの跡地が再開発されるにあたって、静活は七間町の映画館の機能を移すシネコンの建設を計画した。2011年(平成23年)10月5日に複合商業ビル「新静岡セノバ」が開店し、同時に新静岡セノバ9階にシネシティザートが開館した[6]

静岡市のシネコンとしては清水区MOVIX清水に次いで2か所目であり、旧清水市を除けば初めて開館したシネコンである。シネシティザート開館直前の10月2日には、七間町で静活が運営する映画館が一斉に閉館[6]。これによって七間町の映画館は日映株式会社が運営する静岡東宝会館のみとなった[7]

開館後[編集]

2016年(平成28年)12月31日にはシアター1にコンサートホール用のサブウーファーを設置し、一部の上映作品で重低音を強化した体感上映を開始した[8]。重低音体感上映の第1弾上映作品は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(ギャレス・エドワーズ監督)[8]。「爆音上映」で知られる立川シネマシティなどと同様の方式であり、この方式を採用するのは静岡県の映画館では初である[8]

2018年(平成30年)6月には2018 FIFAワールドカップには日本代表として静岡県出身の長谷部誠大島僚太などが出場しており、シネシティザートでは日本代表戦のパブリックビューイングが行われた[9]。6月下旬には『名探偵コナン ゼロの執行人』で「応援上映」(マサラ上映)を行い、うちわやペンライトを手にした女性客らが登場人物に黄色い声援を送った[10]。7月8日にはインド映画『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ 王の凱旋』で「絶叫上映」(マサラ上映)を行い、シーンに合わせて観客が声を出したり、タンバリンを叩いたりクラッカーを鳴らしたりした[11]

基礎情報[編集]

シネシティザートのロビー

所在地[編集]

スクリーン[編集]

シネシティーザートのスクリーン[2]
スクリーン 座席数(車いす席) 備考
シアター1 320席(2席) DLP35mm映写機
シアター2 231席(2席) DLP
シアター3 86席(2席) DLP35mm映写機
シアター4 145席(2席) DLP3DRealD方式)
シアター5 214席(2席) DLP35mm映写機3DRealD方式)
シアター6 200席(2席) DLP3DRealD方式)
シアター7 194席(2席) DLP35mm映写機
シアター8 76席(2席) DLP
シアター9 162席(2席) DLP
シアター10 313席(2席) DLP3DRealD方式)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2010年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」も参照した[4]

出典[編集]

  1. ^ ZATRUN 今日の一言 シネシティ・ザート”. 新静岡セノバ (2011年10月1日). 2012年12月30日閲覧。
  2. ^ a b c d 劇場情報 シネシティザート
  3. ^ a b シネシティザート 港町キネマ通り
  4. ^ 日本映画製作者連盟配給部会『映画年鑑2010別冊 映画館名簿』時事映画通信社, 2009年。
  5. ^ 「さよなら『映画の街』『七間町』あす限り、地元で惜しむ声」『朝日新聞』2011年10月1日
  6. ^ a b 「映画館街”最後の日”オリオン座など七間町の4館閉館 葵区 黄金期しのびファンが行列」『静岡新聞』2011年10月3日
  7. ^ 「銀幕、万感のラスト 静活、七間町での上映終了」『朝日新聞』2011年10月3日
  8. ^ a b c 静岡に『重低音体感上映』初上陸 シネシティ ザートがEV製スピーカーX-LINE DVANCEのサブ・ウーハー「X12-128」を導入 Value Press、2016年12月19日
  9. ^ 「W杯ロシア大会 日本代表初戦のコロンビア戦 19日、各地でPV開催 藤枝、静岡市など」『毎日新聞』2018年6月13日
  10. ^ 「登場人物に歓声や喝采 客席に一体感『応援上映』好評」『静岡新聞』2018年7月7日
  11. ^ 「『絶叫上映』静岡市でも インド映画『バーフバリ』 シネシティザートで来月」『日本経済新聞』2018年6月26日
  12. ^ 新静岡セノバ しずおか観光情報
OOjs UI icon map-ltr-progressive.svg 地図を見る