シブヤらいぶ館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シブヤらいぶ館
NHK Fureai-hall 2.JPG
公開収録が行われていた
みんなの広場ふれあいホール
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
音声 ステレオ放送
BS2の放送時間
放送時間 月 - 木曜日18:00 - 18:43(43分)
放送期間 2006年4月3日 - 2007年3月28日
BS-hiの放送時間
放送時間 月 - 木曜日 23:00 - 23:43(43分)
放送期間 2006年4月3日 - 2007年3月28日
テンプレートを表示

シブヤらいぶ館』(シブヤらいぶかん)は、NHKデジタル衛星ハイビジョン衛星第2テレビ並びにNHKワールド・プレミアムにて2006年4月から2007年3月まで1年間放送された公開番組である。

概要[編集]

2005年度に放送された「BSふれあいホール」を発展させた同番組は、毎週月曜日と火曜日にみんなの広場ふれあいホールNHK放送センターの敷地内にあるオープンスタジオ)を会場に収録され、その模様を1ヶ月程度後に放送するというものであった。

2007年3月をもって終了、4月2日より後継番組「BSふれあいステージ」へと継承された。

放送時間[編集]

デジタル衛星ハイビジョンでは月 - 木 23:00 - 23:45、衛星第2テレビでは月 - 木 18:00 - 18:45、NHKワールド・プレミアムでは火 - 金 0:15 - 1:00にそれぞれ放送していた。

衛星第2テレビとNHKワールド・プレミアムは、デジタル衛星ハイビジョンの初回放送より1週遅れの放送だった。

放送するイベント[編集]

月曜日隔週収録[編集]

「演歌一本勝負」(月曜日放送)
毎回演歌歌手が登場し、その持ち歌の数々を熱唱。司会進行は比留木剛史。2007年4月からの「BSふれあいステージ」でもこのコーナーは引き続き放送され、タイトルは「演歌いっぽん勝負」に改め、司会進行は水前寺清子が務めた。
「お好み寄席」(火曜日放送)
漫才落語漫談講談浪曲などの伝統話芸などを披露する。コーナーとして、毎回以下のいずれかが放送される。
  • 「師弟競演」
    落語・漫才・講談などの師匠と弟子のインタビューと、それぞれが演じる演目が披露される。
  • 「長講一席」
    一人の演者を招いて落語・講談・浪曲等をじっくりと放送時間いっぱいに演じてもらい、インタビュー等もある。
  • 「演芸○題」
    主に漫才・コント他、様々な色物の演芸を数組放送(なので「演芸○題」、「○題」は その時の演者の数による)。
  • 「花の落語家六人衆」
    「お笑いブレインバトル」として「六人衆」(桂竹丸初音家左橋三遊亭笑遊9代目春風亭柏枝6代目立川文都桂小南治(現:3代目桂小南))が「名人」のランク[1]を目指し、とんちを利かせた答えを出すというもので(大喜利風な物)、最終的に「名人」のランクにいた落語家が落語を一席披露できるという特典がある。スーパーバイザーとして2代目橘家蔵之助が「お笑いブレインバトル」の手伝い及び「落語エンタメ塾」を担当。司会進行は中川緑

火曜日隔週収録[編集]

「シング・シング・シング」(木曜日放送)
毎回ヴォーカリスト系(演歌は除く)の音楽家を招待して、熱唱の数々を楽しむ。司会進行は徳田章
「歌のない音楽会」(水曜日放送)
こちらはヴォーカリスト以外の分野の音楽家を招き、インストゥルメンタル(歌なし)の音楽演奏の数々を楽しむ。司会進行は渡邊あゆみ

備考[編集]

  • 放送曜日の月曜日・水曜日・木曜日は音楽系統のライブに対し、火曜日は演芸系統のライブであった。
  • 2006年6月と12月には「ナニワらいぶ館」として放送されたことがあるが、収録会場がNHK大阪ホールであるほかは基本的に「シブヤらいぶ館」と同一の内容だった。

脚注[編集]

  1. ^ 入替制でランクは下から「見習い」、「前座」、「二ツ目」、「真打ち」、「大看板」、「名人」。

関連項目[編集]

NHKBS2 月曜日 18:00枠
前番組 番組名 次番組
シブヤらいぶ館
演歌一本勝負
BSふれあいステージ
演歌いっぽん勝負
NHK BS2 火曜日 18:00枠
BSふれあいホール
シブヤらいぶ館
お好み寄席
BSふれあいステージ
お好み寄席
NHK BS2 水曜日 18:00枠
BSふれあいホール
シブヤらいぶ館
シング・シング・シング
BSふれあいステージ
音楽の楽園
NHK BS2 木曜日 18:00枠
BSふれあいホール
シブヤらいぶ館
歌のない音楽会
BSふれあいステージ
爆笑最前線